読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くーちゃんねる。スマホやオーディオのガジェットブログ。

イヤホンやヘッドフォン、スマホ等のガジェット機器のレビューブログ♪

某有名サイトから専属ライターにならないかとお誘いが来ました。…だけど僕はブロガーです。

読み物

f:id:skspirit0148:20170328215132j:plain

どうも、くーです!

今日はちょっと私的なお話。

専属ライターとして雇いたいとの要望

先日、某有名サイトの方からメールを頂きました。

内容は「アップル製品に関する記事を見て、あなたのアップルに対する熱意が感じられたので、是非当サイトの専属ライターとして活動して頂きたい。」というもの。

今まで、この様なお仕事のメールを頂いたことが無かったので、本当に驚きました。

こんな拙いブログでも、有名サイトの方が見てくれていたなんて…。

しかも雇いたいというお誘いまで!

本当に感激です!ありがとうございます!

 

でも、僕は不器用な人間です。

 

ブログすらまだ満足にこなせていなのに、それに加えてライター業までやるなんて、今の僕には到底出来ません。

それ以前に、自分の力量の問題もあります。

「誰かの記事を書いてお金貰う。」

その対価を受け取るだけの器量や経験が、自分の中では圧倒的に足りていないと感じているんです。

(ブログだから適当でもOKというわけではなく、責任の問題ですね。)

ブロガーとして、このブログを育てていきたい

そして、一番の問題は、このブログの更新頻度が落ちることです。

もし仮に専属ライターとして活動するとします。

すると、このブログはどうなるでしょう?

多くの時間はライターとして記事を書くことに取られ、必然的にブログの更新頻度が落ちて行くのは明確です。

 

僕はそれが嫌なんです。

 

このブログには、少なからず定期購読してくれる方々がいます。

はてなで読者登録をして下さっている方。ブラウザでブックマークをしてくれている方。SNSでフォローしてくれている方。ツイキャスで出会った人達もいます。

 

この方々は、少なくとも僕の記事が面白いと感じてくれたから登録してくれている方々です。

責任感…とは少し違いますが、僕はこのような、人と人の繋がりで定期購読してくれている方々を大切にしたいのです。

 

そしてなにより、僕はこのブログが好きです。

 

分からないながらも、ネットで調べてCSSを弄るのが好きです。

ガジェット機器を手に取り、触りながら記事を書くのが好きです。

レビューになりそうなネタを探すのが好きです。

情報をチェックして、自分なりにアレンジするのが好きです。

上手く文章が書けず、四苦八苦するのが好きです。

 

書いていて気付きました。

そう、僕はブロガーなのです。

 

だから、まずは満足のいくブログ作り上げ、きちんと管理、運営していく事に注力したい…。

ブロガーとしてのノウハウもまだまだ分かりませんし、文章力も無ければコンサルティングやマネタイズ管理もできません。

日々、切磋琢磨することで精一杯です。

そうです。僕にはまだまだ覚えなければならない事が山程あります。

 

そんな僕が、いきなりライターとブログを両立しながら活動できるでしょうか?

いいえ、まず無理でしょう。

もし、仕事を請け負ってしまっても、全てが中途半端になってしまい、ライターというお仕事に真摯に向き合えないことは分かりきっています。

それは、真剣にライターとして活動されている方々にとって失礼だと思います。

だから僕はまだライターというお仕事はできません。

本気で向き合えない仕事をやるくらいなら、最初からやらないほうがマシだと思うからです。

今後の方針

もし、自分自身に余裕ができ、自分でも満足のいく記事がサクサクと書けるようになった暁には、ブログとの兼ね合いを見て、もう一度ライターというお仕事も考えるかもしれません。

やるからには適当な仕事はしたくないので、そのときはフリーランスとして活動できるかどうかも視野に入れようかと思っています。

だけど、その時は今ではありません。

せっかくお誘いを頂いたのに、希望に添えるご返答ができず申し訳ないです。

ですがこの様なお誘いを受けることで、僕自身、自信を持つことができました。

これは確実に僕の動力源となります。

本当にありがとうございました!

読者の皆さんへ

そして読者の皆さん。

もう一度言いますが、僕はブロガーです。

ブログを第一に考えるこの姿勢だけは崩すつもりはありません。

ときどき暴走したりバカやったりしますが、それも僕のブログの味わいだと思って下されば幸いですw

製品の本質をありのままを伝えるレビュー系ブロガーとして、これからも精進して行きますので、読者の皆様もよければ見守って頂けると嬉しいです♪

iOS10.3はバックアップが必須!PCでのバックアップの取り方から注意点まで全てお教えします!

iPhone iPhoneの使い方 アップル製品 iPad 読み物

3月28日の深夜に【iOS10.3】が配信されました。

このアップデートには、ポップアップ詐欺の脆弱性に対する強化や、セキュリティの強化が含まれる為、早めのアップデートが推奨されます。

iPhoneをお持ちの方は、欠かさずにアップデートしましょう。

必ずバックアップを取って実施すること

今回のアップデートでは、新しいファイルシステムが導入されるため、必ずバックアップを取ってからアップデートするようにしましょう。

現状のiOSで使われているファイルシステムは「HFS+」という1998年頃から採用されてきた旧世代のシステムとなっており、今回導入される「APFS」では、フラッシュメモリストレージのアクセス速度や暗号化のセキュリティ面が大きく向上されています。

今後のiOSやMacOSで搭載される次世代のファイルシステムとなるので、大型化するフラッシュストレージの安定性や処理速度の向上に最適化されたシステムとなっています。

その他の変更点

iOS10.3では、以下の機能が実装されます。

  • iPhoneを探すから「AirPodsを探す」が追加
  • AppleIDの項目に「iCloud,iTunesとAppStore,ファミリー共有」が統合
  • Siriを使って支払い用Appを使用できる
  • CarPlay機能の拡張

メイン機能としては、AirPods紛失時に「AirPodsを探す」でマップから検索できることや、音を鳴らして場所を特定することができる点。

あとは、「設定」から見られるAppleIDの中に、「iCloud,iTunesとAppStore,ファミリー共有」が統合されている点でしょう。

僕個人としては、AirPodsの紛失が怖かったので、この機能はありがたいです♪

早くも、アプリの起動速度やレスポンスが向上したとの報告も!

あと、これはツイッター情報になりますが、iOS10.3にアップデートしてから各アプリの起動速度が早くなったり、動作がもっさりしていたツイッター等のアプリのレスポンスが向上したとの話も挙がってきています。

新しいファイルシステムに動作の安定と最適化が含まれているので、その影響が早くも出てきているのかもしれませんね。

今のところは不具合の報告も挙がってきていないので、安心してアップデートできそうです。

PCでバックアップを取ってアップデートする手順

ここでは、PCでバックアップを取りつつiOSをアップデートする手順を記載してゆきます。

PCでiOSをアップデートする際にはPC版「iTunes」をダウンロードしておきます。

www.apple.com

ダウンロード後、iTunesを起動し、iPhoneやiPad等をLightningケーブルを使って接続します。

すると、以下の画面が表示されます。

f:id:skspirit0148:20170328155044j:plain

▲1~4の手順に添って選択していきましょう。

  1. バックアップ先を選択します。完全なバックアップを取るためにも「このコンピュータ」を選択しましょう。
  2. アプリの中身までしっかり保存するために、2は必ずチェックを入れます。
  3. あとは「今すぐバックアップ」を選択して、バックアップ完了まで待ちます。
  4. 最後にiOSの「更新」を選択して、アップデートが当たるまで待ちます。

気を付ける点としては、2番の「iPhoneのバックアップを暗号化」を忘れずにチェックを入れておく点です。

このチェックを入れることで、通常のバックアップでは保存しきれないアプリの内容を全て保存することができます。

(例えば、LINEのトーク履歴等)

何かあったときの為にも、ここは必ずチェックを入れておくことをオススメします。

広告

 

「バンドリ」vs「デレステ」vs「スクフェス」!超人気アプリ「バンドリ」を徹底比較してみた!

アプリ関連 読み物

f:id:skspirit0148:20170327235255j:plain

バンドリすげー楽しい!!

こんにちは!くーです(๑˃̵ᴗ˂̵)

皆さんはバンドリってご存知ですか?

『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』というスマホ用アプリなんですが、3月16日より配信開始され、そのクオリティの高さにネットでは大きな話題となっています。

『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』=通称「バンドリ」は、音楽に合わせて流れてくるアイコンをタップして高得点を狙っていくというリズムゲームです。(いわゆる音ゲーというやつですね。)

今までにも音ゲーは数多く配信されていますが、この「バンドリ」は一味違う!

今回は、そんな人気沸騰中の『バンドリ』に焦点を当てて行こうと思います!

なんでそんなに人気なの?

美少女系の音ゲーで有名なのは、『ラブライブ!スクールガールズフェスティバル』

 

あと、『アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ』ですね。

それぞれ超有名な音ゲーですが、『バンドリ』はこの2つを超えるとも言われている期待の新人なんです!

それは何故か?

その理由は主に3つあります!

アニメとゲームと声優ユニットの相乗効果

実はバンドリにはきちんと原作が存在します。

元々は月刊ブシロードで連載されていたもので、それがコミックス化し、その人気の高さから今年の1月21日からアニメもスタートしました!

もちろん、現在も絶賛放送中です!

実際にキャラクターの声を当てている人も、声優バンドユニットとして活動しています。

つまりバンドリとは、今が旬の「アイドルアニメであり、ゲームであり、声優ユニット」という3つの布陣で挑む、ノリにノッている最強コンテンツなんです!

正確には、アイドルアニメではなくバンドアニメなんですけどね!(ファンに怒られるw)

とにかく、話題性あり!音楽性あり!何もかもがタイムリーな訳ですね!

広告

 

「バンドリ」vs「スクフェス」vs「デレステ」

ではここから、ゲームアプリの「バンドリ」を「スクフェス」や「デレステ」と比較しながら見ていきましょう。

先に言っておきますが、僕はデレステPなのでデレステをひいき目で見ていますw

それを踏まえて見ていくことを最初に宣言しておきます(笑)

ストーリーパートの比較

まず、ストーリーパートのグラフィックを比較して見ていきましょう!

「スクフェス」

f:id:skspirit0148:20170327012559j:plain

一番最初に配信が開始されたスクフェスですが、画面比率が4:3になっており、表示される範囲が狭いです。

アップデートで改善してくれたら良かったんですが、残念ながら今のスマホ向けUIではありませんね。

基本的にキャラクターは一枚の立ち絵なので感情表現に乏しく、画像のように「♪」や「♡」などの記号でのみ表現されます。

最近になって、キャラクターは新規で追加されましたが、やはり一世代前のアドベンチャーゲームという印象が目立ちます。

「デレステ」

f:id:skspirit0148:20170327013404j:plain

「スクフェス」に比べると、画面サイズは大きくなりました。

キャラクターは立ち絵ですが、それぞれのキャラクターに多数の表情が用意されているので、その富んだバリエーションが見ていてとても楽しいです。

「バンドリ」

f:id:skspirit0148:20170327013751j:plain

こちらは一見すると立ち絵に見えますが、全て「3D」です!

これがバンドリの強みのひとつ!

限りなく2Dに近い3Dでキャラクターが表現されているので、細かな動きや表情、全てにおいて郡を抜いている感情表現が見ていてとても面白いです。

ある種のアニメを見ているような感覚すら覚えます。

ちなみに、アップデート前はバグだからけで、白目になる事件がありました。

f:id:skspirit0148:20170327014143j:plain

そんなものは無かった!いいね?

広告

 

ゲームパートの比較

続いて、肝心の音ゲーの部分。

リズムパートの比較をしていきましょう!

「スクフェス」

f:id:skspirit0148:20170327014408j:plain

皆さんも一度はCMなどで見たことがあると思います。

あの「シャンシャン」いうやつですw

タップポイントは9個

ノーツは『単発、同時押し、長押し』の3種類

背景は一枚絵、スキルが発動するとキャラクターの立ち絵が登場。

動きという動きは特にないので、やっぱり物足りない感じがします。

音ゲーに集中したい方は余計な演出がないのでいいかもしれませんね。

「デレステ」

f:id:skspirit0148:20170327223558j:plain

中居くんがCMをしていることで有名なやつですw

タップポイントは5個

ノーツは『単発、同時押し、長押し、フリック、スライド(MASTER+のみ)』の5種類

スクフェスよりタップポイントは少ない分、ノーツの種類が豊富になりました。

デレステの一番の特徴は自分で選んだアイドル達が3Dで踊ってくれること!

マシンスペックは必要となりますが、背景に動きのある3Dステージが演出されるので、やっていて凄く楽しいです!

各キャラクター毎に3Dのモデリングが用意されているので、ガチャを回す楽しみも他のゲームとは比べ物になりません。

更に、デレステの場合は「2Dモード」も用意されているので、例えスペックが低いスマホでもゲームとして楽しむことが出来るのも嬉しい点ですね♪

f:id:skspirit0148:20170327224209j:plain

▲2Dモードは「立ち絵のぷちどる」がぴょんぴょん跳ねながら演出してくれます。こちらも様々なバリエーションがあり、見ていて楽しいですw

「バンドリ」

f:id:skspirit0148:20170327224415j:plain

最後にバンドリです。

タップポイントは7個

ノーツは『単発、同時押し、長押し、フリック、スライド』の5種類

ノーツの種類はデレステと同じですが、タップポイントが7個もあるので、難易度自体は少し高めです。

背景は2Dのバンドスタイルで表現され、キャラクターは立ち絵ながらぴょんぴょん跳ねながらステージを演出。サイリウムを振る観客など動きはわりとあります。

また、登場キャラクターがそれほど多くないので、スキル発動時はキャラクター同士の掛け合いも楽しむことができますし、背景にキャラクターが全面的に表示されるので、やっていてテンションが上がりますw

それぞれのゲームの大きな特徴

最後に、それぞれのゲームのアイデンティティともいえる大きな特徴を見ていきましょう。

「スクフェス」

スクフェスの大きな特徴は、とにかくレスポンスが良いこと!

ノーツの種類が3種類と少なく、3Dを使った重たい処理が一切ないので、低スペックな端末でもさくさく動作します。

演出に期待すると少し物足りないかもしれませんが、純粋に音ゲーとしてストレスのないプレイができるようになっています。

「デレステ」

デレステの大きな特徴は、やはり3Dでライブステージを楽しむことができる点!

デレステには「MVモード」というものがあり、自分で選んだアイドル達のステージを鑑賞するモードがあります。

このモードが本当に奥深い!

『ステージ衣装、楽曲の歌詞表示、ステージエフェクト、特殊効果フィルター、フレームレートの設定』など。

このように「もうこっちが本編でいいんじゃないかな?」というくらい、様々な設定を自分好みに弄ることができるので、新曲が追加される度に楽しくなりますよ♪

f:id:skspirit0148:20170327230653j:plain

f:id:skspirit0148:20170327230703j:plain

また、このグラフィック性能をベンチマークとして利用している方も多く、デレステが快適に動作するかどうかで端末のグラフィック性能を調査する使い方もあるようですw

実際に僕が買った「Huawei MediaPad M3」もデレステでベンチマークテストをしてみましたw

www.qoochan.com

「バンドリ」

バンドリの特徴ですが、大きく3つあります。

実際の楽曲のカバー曲がプレイできるところ!

3Dでありながら、非常に快適なレスポンスであるところ!

スタミナ消費なしで無限にプレイできるところ!

カバー曲は、誰もが知っているメジャーな曲から、ニコニコ動画などで有名になった曲まで幅広く収録されており、現在もどんどん追加され続けています。

f:id:skspirit0148:20170327231503j:plain

f:id:skspirit0148:20170327231616j:plain

もちろんカバー曲だけでなく、オリジナル曲もロックな曲調でノリの良いものばかり!

 

また、動作に関してはほとんどラグを感じることはなく、非常に快適なレスポンスでゲームを楽しむことができます。

「Huawei MediaPad M3」でもインストールしてみましたが、iPhone7と全く変わらない快適な動作でストレスなくプレイできました♪

3Dシーンもマシンスペックに左右されずに楽しめるので、様々な方にオススメできるゲームとなっています。

また、プレイに際してスタミナを消費することが無いので、時間に関係なく無制限にゲームを楽しめるというのも大きなメリットとなります。

広告

 

「快適なレスポンス、綺麗なグラフィック、楽曲が豊富」と三拍子揃った神アプリ!

いかがでしたか?

実際にやってみると分かりますが、「バンドリ」は本当に快適です。

「デレステ」の場合だとグラフィックはもちろん綺麗なんですが、なにぶん動作が重いので、起動するのに時間が掛かりますし、画面切り替えの度にロードが入ります。

結局ゲームをプレイするまでに結構なクッションを挟むことになるんです…。

 

でも、バンドリならレスポンスが素晴らしいので、アプリを立ち上げて即ゲーム画面まで進むことが出来るんです。

本当にサクッとプレイしたいときにサクッとプレイできる…。この快適感は他にはありません。

しかもグラフィックも綺麗だし、音楽の種類も多いし、これが流行らない訳がないです!

 

音ゲー好きで、まだ「バンドリ」をインストールされていない方は、是非一度プレイしてみてください!

「スクフェス」や「デレステ」好きな方なら、絶対にハマるアプリですよ♪

これから絶対に流行ると思っていますので、その動向にも注目ですね!

ツイッターやSNSで個性を出したい方必見!ココナラでオリジナルアイコンの作成してもらいました♪

キャンペーン、告知など 読み物

こんばんは!くーです(๑˃̵ᴗ˂̵)

今回は珍しくブロガーらしいことをしてみましたのでご紹介します!w

なんと、このブログのオリジナルアイコンを描いて頂きました~♪

ぱちぱちぱち~~

描いて頂いた方は、同じブロガー仲間である『mokaさん』です!

ブログ「mokapple blog~もかっぷるぶろぐ~」を運営していらっしゃいます!

www.mokapple.com

mokaさんのブログの特徴は、イラストをふんだんに使って記事を書いていらっしゃるところ。

ブログを覗いて頂けると分かると思いますが、mokaさんの記事はイラストと相まってふんわりとした可愛らしい作風なので、とっても読みやすいんです!

僕のブログとは大違いですねぇ…。

おいやめろ!比較するんじゃない!w

また、薬剤師を目指す方向けの記事や、英会話に関する記事も書いていらっしゃるので、そちらに興味がある方も是非覗いてみるといいと思います!

イラストの作成をお願いしてみた

で、作成依頼までの経緯ですが、このブログも読者の皆さまのおかげもあってか、アクセス数が5万PVを超えて来ましたので、そろそろ自分のオリジナルアイコンが持ちたいなぁーっと…。

そこで、こちらのmokaさんが、どうやらブログ運営の他にオリジナルアイコン作成の依頼も承っているというお話を伺ったので、今回思い切ってコンタクトを取ってみた訳です!

 

ちなみに、イラストやアイコン作成のご依頼は「ココナラ」で受付されています。

coconala.com

お値段は驚きの500円!

え、本当にこんなに安くていいの!?w

たぶん善意で書いていらっしゃるので、ブログで忙しくなる前に急いで依頼しましょ!(ゲス顔)

基本的な流れ

これからブログやSNSで使うアイコンをご依頼される方の参考になるように、少し具体的に記載していきますね。

mokaさんに限らずイラストをご依頼する場合、以下の手順が主流のようです。

  1. 依頼主が、自分の希望するイラストのイメージを伝える。
  2. イラストレーターさんが、イメージを元にしたラフ画を作成。
  3. 依頼主が、ラフ画を見て希望するイメージに近いように修正箇所を伝える。
  4. イラストレーターさんが、修正したラフ画を作成。
  5. 納得のいく構図になれば、清書をお願いする。
  6. 完成。

大まかな流れはこんな感じ。

慣れない方でも、チャット形式でやり取りできるので、細かな要望などは随時お伝えすることができますのでご安心を。

イラストを依頼するときの注意点

続いて、実際に僕がmokaさんにイラスト作成を依頼する際に気を付けた点を記載していきます。

自分のイメージするイラストは具体的に伝える

「なんとなく可愛い感じで!」とか

「可愛い女の子を描いて!」とか

そういう抽象的なイメージだと、描き手の方も困ってしまいますよね?

これは、言わば伝言ゲームです。

描き手の方は、依頼主の頭の中を見ることはもちろん出来ませんから、とにかく自分のイメージするイラストを細かく説明するしかありません。

その為にも、一度自分のイメージするイラストの特徴を紙に書き出してみるといいでしょう。

実際に要望した内容

ちなみに、僕の場合はこの様な感じでお伝えしました。

 

◎キャラクターイメージ:ショタ系の男キャラ。ガジェットが好きでヘッドフォンを愛用している。普段は首から下げている。小動物のような愛らしさに、ほんわかしたイメージ。

◎性格:素直で優しい。怒るとプンプンする。落ち込むとゲンナリする。

◎外観

・髪の長さ:ショートヘア。アホ毛あり。

・髪質:ちょっと癖っ毛。

・髪の色:ブラウン系。

◎服装

・耳のあるパーカーを被っている。(色は黄色)

・パーカーの中央に「Qoo」の文字が入っている。

・首からヘッドフォンを掛けている。

 

まるで、ゲームのキャラクターメイキングをしているようですねw

注文が多いように見えますが、描き手にイラストイメージが湧きやすいように、あえて具体的に記載させて頂きました!

その他に、よりイメージが湧きやすいように「パーカーの参考画像」「ヘッドフォンの参考画像」を一緒に送りました。

mokaさんからも詳細に書いてくれて分かりやすいと言って頂けたので、イメージはとにかく具体的にお伝えしましょう。

実際に描いて頂いたアイコンがこちら!

細かな修正をして頂き、完成したアイコンがこちらです!

f:id:skspirit0148:20170326011135p:plain

かわえええええええええ(;゚∀゚)=3

素晴らしいです…。エクセレントです…!めっちゃ小動物です…!

ちなみにmokaさんからのご提案もあり、耳はくまさん風に、ヘッドフォンには「くーちゃんねる」のロゴ「Qch」を入れて頂きました!

mokaさん、ありがとうございます!

さっそくブログアイコンに使わせて頂きました♪

いやー、これで一気にオリジナリティのあるブログに見えますね!

(中身が伴っているとは言っていない)

ツイッターやLINEなどのオリジナルアイコンが欲しい方にもオススメですよ♪

以上のように、ココナラを使えば簡単にオリジナルアイコンのご依頼をすることができます!

ただし、作業自体はかなり大変だと思いますので「急いで作って!」等の急かす要望は止めましょうね!

ヤフオク利用時にも言えることですが、人と人とのやり取りでもっとも大事なのは『思いやり』です。

お互いに気持ちのいいお取引が出来るように努めましょうね♪

最後に、素晴らしいイラストを描いて下さった「mokaさん」ありがとうございました!

 

以下、「mokaさん」のブログリンクとココナラでの受付リンクになります。

興味のある方は是非伺ってみてくださいね(๑˃̵ᴗ˂̵)♪

 

ブログ「mokapple blog~もかっぷるぶろぐ~

www.mokapple.com

イラストご依頼の受付先はこちら

coconala.com

パイオニアの覚醒型ヘッドフォン!音源まで拘らないと実力を出してくれない「SE-MS5T」が狂おしいほど愛らしい。

オーディオ ガジェット イヤホン、ヘッドフォン

パイオニアの本気を見た…。

f:id:skspirit0148:20170325015418j:plain

過去に紹介したヘッドフォン一覧はこちら

www.qoochan.com

今回はAmazonでも絶大な人気を誇る、ハイレゾ対応ヘッドフォン「SE-MS5Tを購入しましたのでレビューしていこうと思います!

カラバリは4色で「ブラック」「ブラック&シルバー」「ブラック&レッド」「ブラウン」

ヘッドフォンの特徴は以下の通りです。

  • ハイレゾ再生に対応した大口径40mmドライバーを搭載
  • 耳がすっぽりと覆うサイズのオーバーイヤー型のイヤーパッド
  • ヘッドクッションが非常に柔らかく、高い装着感を実現
  • スマホの操作が可能なコントロールBOXを裝備
  • 高音域に超特化した抜けの良い透明感バツグンの音質

価格が5,000円強というお手頃価格を実現しながら、とんでもない高音の抜けの良さは下手な20,000円代のヘッドフォンを凌駕する実力を秘めています。

そこまで言うと、どんな音なのか気になっちゃいますよね?

まぁまずは焦らず、外観からじっくりと見ていきましょう。

外観

今回購入したのはブラックになります!

f:id:skspirit0148:20170325004109j:plain

▲久しぶりのパイオニアだ~♪

僕ね、パイオニア大好きなんですよ!

いやー、嬉しいなーー!!

ちなみに外装が剥がれているように見えますが、これはそういう模様です!w

f:id:skspirit0148:20170325004239j:plain

デデーン!!

いいよね!このダイナミックな感じ♪

でも40mmドライバーだから、実はコンパクトサイズのヘッドフォンなんですw

f:id:skspirit0148:20170325004347j:plain

こんな感じ。どう?わりとスマートでしょ?

スライダーの調整もハウジングの角度までしっかり買えられる設計になっています。

f:id:skspirit0148:20170325004540j:plain

ハウジングはカッコイイです!

素材はポリカ…なのかな?

マッド加工されているので高級感は高いんですけど、剛性がちょっと心配でしょうか?

「パイオニア」のロゴが入っている部分はメタル加工されているのでシンプルだけど美しい…。

f:id:skspirit0148:20170325004951j:plain

スライダーは挟み込んで固定しているタイプ。

引っ張るだけで長さ調整ができます。

硬さも硬すぎずしっかり固定できるので、かなり使い勝手はいいですよ!

f:id:skspirit0148:20170325005228j:plain

ヘッドクッションはレザー素材。

かなり柔らかく、1時間くらい装着したくらいじゃ全然頭が痛くありません!

さすが国産メーカーは日本人の好みに合わせてきますねw

f:id:skspirit0148:20170325005400j:plain

ケーブルは脱着式ではなく、固定式。

断線したらアウトですが、ケーブル自体が太く丈夫そうなので、あまり心配しなくても良さそう。

f:id:skspirit0148:20170325005455j:plain

スマホで音楽を聞く際に役に立つコントローラーが付いています。

真ん中がスイッチっぽく見えますが、下地と一体化しているので、全体を押し込む感じになります。

音量調整は出来ず、「再生スタート、再生ストップ」のみ対応します。

マイクはこの中に内蔵されているようです。

f:id:skspirit0148:20170325005658j:plain

プラグはL字型の金メッキ加工。

断線しにくいのでこれは◎ですね!

f:id:skspirit0148:20170325005750j:plain

型番は内側に印字されています。

音質

さーて、お待たせしました。気になる音質チェックのお時間です!

このヘッドフォンは「ハイレゾ対応」を謳っている製品なので、音質はかなーり気になるところ。

試聴楽曲はこちらで検証。

  • 楽曲「希望の都」
  • ビットレート 2731kbps
  • サンプルレート 96000Hz
  • ファイルタイプ FLAC
  • 試聴時間1時間

しっかりみっちり試聴しましたよ。

もうね、こりゃあすげーわ。。。。

「SE-MS5T」の音のバランス

超高音:★★

高音:★★★★★

中音:★★★☆☆

低音:★☆☆☆☆

特徴:ひたすら高音が伸びる。音が鳴っていない「空気感」の表現力が凄まじく音にツヤがある。

 

やはりハイレゾ対応と言うだけあって、高音の伸びが凄まじいです…。

とにかくスーーーッと、心地いいくらい伸びます!

だからと言って耳にキンキン刺さるとかそういうのではなく、密閉型でありながら、上手く余分な音を逃している印象で、本当に耳が不快になる音が一切ないです。

余計な音が無いので、音量をガンガン上げてもまったく不快感がない!これには本当に驚きました。

(実際にあまり音量を上げることは耳に悪いので止めたほうがいいですが…笑)

 

秀でているのはそれだけではなく、ハイレゾ特有の空間再現力が非常に高いこと。

楽器が鳴っていない「間」のところまで、しっかり空気感が伝わってくるので、楽曲全体の纏まり方が半端ない…。

これで、5,000円なんですか・・・。

僕が前に買った20,000円のヘッドフォンより音いいですよww

装着感

素晴らしいのは音だけではありません。

装着感がかなりいい!

何と言ってもヘッドスライダーの細かな調整と、ハウジング部の角度調整がいい感じに機能していて、自分の頭にピッタリフィットする場所を必ず見つけてくれます!

イヤーパッドも非常に柔らかく、1時間やそこらの試聴では頭も耳も全く痛くなりませんでした!

欠点

これは高音に特化した故の悩みとなりますが、MP3の圧縮された音源を再生したときの高音の粗が凄く目立ちます。

表現するなら「シャリシャリ」した不快な音が気になるのです。

MP3で聞くなら320kbps以下はちょっとざらざらした音に聞こえるかもしれません。

このヘッドフォンを使うなら、できるだけロスレス音源を使用することをオススメします。

総評:相性がいい機器や楽曲に当たると覚醒する天才型ヘッドフォン!

以上、まとめて表現するならまさにモンスターヘッドフォン!

「ハイレゾ対応」というよりは『ハイレゾくらいの音源を用意しないと本気出さねーぞ♡』

って高飛車なヘッドフォンちゃんですね!

圧縮音源だと機嫌を損ねてしまう…けっこうシビアですw

しかし、そのポテンシャルは凄まじく、特に高音の表現力の高さには度肝を抜かれましたよ…。

少なくとも通勤通学の時に聞くようなヘッドフォンではないですね。

ただし、ドンピシャはまると20,000円をも凌駕する実力を発揮する。覚醒型ヘッドフォンなので、じっくりと愛情を込めて好みを探してあげるといいですよ!

聞いていてめっちゃ楽しい一品だと思いますので、気になる方は是非お迎えして上げて下さい♪

ちなみにブラウンがめっちゃ渋くてオススメですw

過去に紹介したヘッドフォン一覧はこちら

www.qoochan.com