【100均で買えるiPhoneグッズ】100均の充電器は要注意!充電器を選ぶ際に気を付けなければならない点はコレ!

こんにちは!クロです!

なんか最近「iPhone 充電器 100均」で検索して当ブログに来てくれる方が非常に多いんです。

でも僕は気づきました。

このブログには100均の充電器について書かれている記事が一つもないことに!

これはダメです!せっかく見に来てくれた方がいるのにそのまま帰すことは出来ない!

ということで、今回はご要望にお応えすべく「100均で販売しているスマホ用充電器は本当に使えるのか?」をテーマに検証していきます!

もし、「iPhone 充電器 100均」で検索して来てくれた方がいましたら

参考にしてみてくださいね♪

お願いだから帰らないでください!何でもしますから!(何でもするとは言っていない)

100均の充電器ってどういうの?

ちょうど前に購入したものがあったので見ていきましょう。

f:id:skspirit0148:20170227003937j:plain f:id:skspirit0148:20170227004038j:plain

こういう、至ってシンプルな充電器です。

USB給電口が1つだけ配置されており、100均で200円で販売されているケースが多いですね。

(こちらの商品も「ダイソー」で200円で販売されているものです。)

200円で販売されている充電器ですよ?

正直期待できないですよねw

まぁまぁ、とりあえず検証していきましょう!

電流を計測

使用する測定器

今回もこちらの電圧測定器を使用します。

こいつ、安い割にめっちゃ活躍するんですよねー。

今回も頑張ってもらいましょう!

使用するケーブル

今回はdodocoolさんの「3in1 MIF認定済みLightningケーブル」を使用します。

現在急成長中の注目のメーカーさんですねw

使用するデバイス

今回も「iPad mini4」を使用します。

iPhoneだとリミッターがありますので…。

計測開始!

f:id:skspirit0148:20171031185414j:plain

電源は家庭用コンセントから取ります。

f:id:skspirit0148:20171031185542j:plain

 【結果】

0.98Aです。

まぁこんなもんでしょうか?

スマホ用の充電器としては並といった感じ。

むしろ200円ということを思うと健闘してるほうだと思いますw

一応、dodocoolさんの急速充電器と比べてみましょう。

f:id:skspirit0148:20171031185621j:plain

【結果】

1.71Aです。

これはちょっと酷でしたかねw

2倍ほどの差が出てしまいました。

これはつまり、充電時間も2倍違うことになります。

さすがに急速充電器と比較すると結構な差が出てしまいましたね…。

ではこの差は一体何なのか?

供給電流が違う

こちらが100均の充電器の裏側です。

f:id:skspirit0148:20170226192329j:plain

「DC5.0V=1.0A」と書かれていますね。

つまり、この充電器では最大1.0Aまでしか電流が流れないようになっているんです。

だから上記のような結果になったわけですね。

ちなみに、iPhoneを充電する場合は1.0Aあれば問題なく充電することができますが、タブレットを充電する場合は出力不足となり、充電時間が長くなってしまう恐れがあります。

これを解決してくれるのが「急速充電器」というわけです。

急速充電器だとどれくらい早くなるのか?

僕がいつも使っているのはこちらの製品です。(検証用にも使ったやつ)

この急速充電器は5ポート搭載しており、全てが急速充電に対応。

そのうち2ポートが、QC3.0という最新規格の急速充に対応しており、最大3.0Aの高出力が可能になっています。

残りの3ポートも2.4Aまで対応となっていますので、十分な容量があります。

(計測に使用したのは3.0Aのポートです。)

この充電器でiPadを充電すると、大体1時間ちょっとでフル充電が可能です。

なんか電流とか難しそう!とか思った方でも安心してください!

ぶっちゃけ適当に挿しちゃって全然OKですw

なぜなら、この製品には自動的に接続された端末を認識する機能が搭載されているから!

スマホならスマホ用の電流に。

タブレットならタブレット用の電流に自動調整してくれるんです♪

なので、迷ったら急速充電用のポートにスマホもタブレットも挿しておけば、端末に負荷を掛けることなく適正な電流で高速充電が可能になるわけです!

これ何気に凄いですよねw

安全性をとことん追求した7つの安全機構を搭載

この手の商品は沢山ありますが、気を付けなければならないのが、過充電による発熱や安全性です。

中には全ポート5.0A出力!とか謳っている製品もあります。

一見すると凄い充電機能に感じますが、その多くの製品が安全性について明記されていないんです。

5.0Aともなると、相当熱を持ちますし、回路のショートなどの危険性も出てきます。

下手をすると発火する危険性すらあるのです。

実際に、急速充電器による発火の報告は数多く上がっており、ツイッターなどで検索すればけっこう出てきます。

充電中に熱いと感じる製品は要注意と言えるでしょう。

しかし、このdodocoolさんの製品は、『安全性に特化した保護システム』を搭載しており、万が一、過電圧、過電流、漏電、過熱、過充電、過出力や回路のショートが発生した場合でも、自動的にシャットダウンしてシステムを守るようになっています。

安全性をコンセプトに作られた製品だからこそ、安心して使うことができるんですね♪

僕もこの充電器を使いだして約1年になりますが、タブレット2台にスマホ2台を充電したときでも、「生暖かい」程度の発熱にしかなったことがありません。

その割にはしっかりと高速で充電してくれるので、かなり優秀ですよw

今は『iPhone、iPad、アップルウォッチ、AirPods』を同時に充電していますが、これくらいだと熱は感じません。

下手な充電器よりも安心して使用できています(*´∀`*)

100均の充電器はあくまでも「一時しのぎ用」

このように、充電器にとって最も大切なのは安全性ということが分かって頂けたと思います。

100均の充電器は1.0Aと供給電流は多くないので、発火による危険性はまだ少ないと思いますが、僕としては、やはり「100均」というのが引っかかりますね…。

僕なら安い充電器でリスクを買うくらいなら、もう少しお金を出してでも安心できる充電器を買いますね。

200円で家を燃やしたらそれこそ終わりですから…。

なので、100均の充電器の使い方としては、常用で充電用に使うのは避けて、できれば外出時の一時しのぎとしてバッグに忍ばせておく程度がいいと思います。

また、タブレットを充電するには供給能力が不足しているので、その場合は素直に別の充電器を探しましょう。

僕的には下手な製品を買うより、dodocoolさんの急速充電器が安全性とのバランスも取れていてオススメです♪

何かいい充電器を探している方は、是非チェックしてみてくださいね(๑˃̵ᴗ˂̵)

スポンサーリンク