読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くーちゃんねる。スマホやオーディオのガジェットブログ。

イヤホンやヘッドフォン、スマホ等のガジェット機器のレビューブログ♪

スポンサーリンク

充電時間が2倍も遅い!?100均のiPhone充電ケーブルで衝撃の事実!

こんにちは!くーです(๑˃̵ᴗ˂̵)

今回はみなさんに関連する、ある実験をしてきました!

タイトルにもあります通り、どのLightningケーブルが一番早く充電することが出来るのか調べてみました!

 

「別にケーブルなんてどれを使っても同じじゃね?」

そう思った方もいらっしゃるかも知れませんね。

ええ、僕もそう思っていました。

この実験をするまでは…。

(中には充電時間が2倍も違うケーブルも…)

 

以前の記事で、Lightningケーブルの「電圧」と「電流」を計測できるUSB電圧電流チェッカーを購入しましたので、今回はそれを利用します。

 目次

使用するACアダプターはiPad付属のApple純正品を使用

計測に使うACアダプターは2.1Aまで電流を流すことができる、iPad付属のApple純正品を使用します。

測定する端末はiPadを使用します。

測定するケーブル

1.アップル純正ケーブル

2.100均のケーブル

3.サードパーティ製(WISHウィッシュ楽天市場)MFI未取得のケーブル

4.サードパーティ製(ANKER)MFI取得のケーブル

5.AmazonBasicのMFI取得のケーブル

(New!)6.音楽が聞ける充電ケーブル

測定結果

アップル純正ケーブル。

まずは安定で信頼性抜群のアップル純正のLightningケーブルから!

f:id:skspirit0148:20160912192455j:plain

f:id:skspirit0148:20160912192516j:plain

【結果】

1.38Aです。

さすが純正品!安定した供給量です!

ただし、根本がヨレヨレで断線する可能性の高いケーブルです。

かなり脆いのでもう少し耐久性があると嬉しいですね。

断線を防ぐ100均の保護カバーも販売されていますので、こういう商品を活用するのも効果的ですね♪

100均のケーブル。

セリアで購入したこちらのケーブル。

片面接触式のケーブルなので、とにかく値段は安い!

しかし、その実力はどうなのか検証です!

f:id:skspirit0148:20160912192818j:plain

f:id:skspirit0148:20160912192834j:plain

【結果】

0.79Aです。

なんと純正品の半分ほどの電流しか流れていません。

これはつまり、純正ケーブルなら1時間で充電できるところを、100均のケーブルだと2時間掛かってしまうということです。

純正ケーブルより充電時間が2倍も長くなり、非常に効率の悪いということが分かりました。

値段は100円とお手軽ですが、充電時間が長くなっては意味がありませんね。

良くも悪くも値段相応といった感じでしょうか。

また、こちらのケーブルは通信としても使用できませんのでご注意ください。

サードパーティ製(WISHウィッシュ楽天市場)MFI未取得のケーブル

こちらは楽天市場にて販売されているサードパーティ製(WISHウィッシュ)MFI未取得のケーブルです。

価格は300円程と安いので少々心配ですが、果たして結果は!

 

f:id:skspirit0148:20160912193457j:plain

f:id:skspirit0148:20160912193516j:plain

【結果】

0.82Aです。

うーん、これも悲惨!

 

やはり格安のケーブルは基本的に電流量が少ないみたいです。

MFIを取得するには、どのApple製品にも十分に給電できる電流量が求められるます。

つまり、MFI未取得のケーブルというのは、基本的に電流量が少ないものが多いようです。

銅線もかなり細いのでその影響もあるのかもしれませんね。

広告

 

サードパーティ製(ANKER)MFI取得のケーブル。

こちらは有名なANKER製のケーブルです。

こちらのケーブルはMFI認定のケーブルとなっていますので、期待も高まりますね!

私も愛用しているのケーブルの一つですw

f:id:skspirit0148:20160912193953j:plain

f:id:skspirit0148:20160912194004j:plain

【結果】

1.41Aです。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ついに来ました!!純正ケーブルを上回る電流供給量をマークしました!

さすがはMFI認定品!

安定した給電力ですね!

ANKERさんの製品の特徴は、とにかく製品の品質が高いこと!

口コミやレビューでも高評価を連発しており、非常に人気の高い商品が数多く販売されています。

また、このケーブル自体も耐久性のあるナイロン編みのアルミコーティングが施されているので非常に丈夫で高品質!

長く使うケーブルをお探しの方はオススメですよ!

AmazonBasicのMFI認定ケーブル。

Amazonで販売されている「Amazonベーシック」のケーブルです。

こちらもMFI認定品ですね!

先ほどの巻取りケーブルが悲惨な結果に終わったので怖いところですが、果たして…。

f:id:skspirit0148:20160912194754j:plain

f:id:skspirit0148:20160912194811j:plain

!?!?

【結果】

まさかのぶっこぬき1.57Aです。

ひぇぇーw

半端ないです!正直舐めてました、ごめんなさいww

 

こちらも純正ケーブルの供給量を大きく上回ってきましたね!

やはりMFI認定品は一定の給電量が約束されているようです。

普通の巻取りケーブルより若干ゴツい感じがするので、銅線の太さも影響しているのでしょう。

巻取り式のケーブルが好きな方はこちらを選択してみるといいでしょう!

 音楽が聞ける充電ケーブル

2017年2月にnewエントリーした期待の新人!

充電をしながら音楽が聞ける、イヤホンジャック搭載のLightningケーブルです。

便利なケーブルなだけに、その結果が気になるところ…!

f:id:skspirit0148:20170206233831j:plain

f:id:skspirit0148:20170206235430j:plain

【結果】

0.98Aです。

まずまずの結果でしょう!

iPhoneで充電する分には問題ないと感じますね。

まぁ、こちらのケーブルは音楽を聞きながら充電できるというウリの商品ですからね!

給電量に関しては正直二の次といった感じで期待していませんでしたが、思ったより奮闘してますねw

このケーブルに関しては詳しい記事を書いていますので、気になった方はこちらの記事をご覧ください♪

 

MFI取得しているものは高電流かつ高品質である

いかがでしたが?

たかがケーブルと、軽く考えていた方も多いのではないでしょうか?

私もこの実験をするまではそうでしたww

 

やはり、ケーブルの値段によって電流量がまったく違ってくるんですね。

多少の差はあると思っていましたが、まさか2倍以上の差が出るとは…。

 

特に100均のケーブルはちょっとアレなのでもう使うことはないでしょう…w

 

純正ケーブルが断線してしまったときでも、安いからといってMFI未取得のケーブルを買うのはこの結果からも分かる通り、オススメしません。

電流量に応じて、充電時間が2倍になったりしますしね。

 

Lightningケーブルを買うときは、できるだけMFI認定、MFI取得のものを買いましょう。

特にオススメなのは上位2種のANKER製のケーブルとAmazonのケーブルですね。

 

この2つは供給量も安定してましたし、本体自体も高品質で作りこみも丁寧でした。

気になった方は是非チェックしてみてくださいね♪

スポンサーリンク