くーちゃんねる。ありのままを伝えるレビュー系ブログ!

元家電販売員による、ガジェット機器のレビュー系ブログです!

スポンサーリンク

クリスタルガイザーには二種類あるって知ってた?なんと青色は日本人専用だった!

地球からの贈り物。それがお水。

皆さんお水飲んでますか?

僕は最近クリスタルガイザーにハマっております。

以前は「○○の天然水」シリーズをよく買っていたんですが、クリスタルガイザーの飲みやすさを覚えてからは、もっぱらこればかり買ってしまいますw

家ではいつでも飲めるように500mlのペットボトルを常に10本以上はストックしてますよ(笑)

今回は、そんな「クリスタルガイザー」の魅力についてお話していきます。

クリスタルガイザーって何?

これって僕だけなんでしょうか?

初めて僕がクリスタルガイザーを知ったとき「水」だとは思いませんでしたw

クリスタルガイザーですよ?

めっちゃ強そうな名前じゃないですか!w

 

まるで、漫画のキャラの必殺技のような響き!

f:id:skspirit0148:20170421162334j:plain

たぶんラスボスが使ってきますね!

 

まぁ実態を知った時は驚きましたw

ちなみにネーミングの由来は

『クリスタル=水晶』

『ガイザー=間欠泉』だそうです。

間欠泉とは、温泉などの熱湯や水蒸気が吹き出している場所です。

f:id:skspirit0148:20170421163537j:plain

わりとちゃんとした語呂だったんですね!

クリスタルガイザーには2種類ある

さぁ、ここからが本題です。

みなさんはクリスタルガイザーって2種類あることをご存知ですか?

正規輸入品のもの(青キャップ)と並行輸入品の(白キャップ)です。

f:id:skspirit0148:20170425024803j:plain

正規輸入品(青キャップ)

並行輸入品(白キャップ)

この違いは採水地。

クリスタルガイザーの採水地はアメリカのカリフォルニア州ですが、並行輸入品は「オランチャ水源」、正規輸入品は「シャスタ水源」となっています。

含まれている成分も若干違いますが、大きな違いは何と言っても『硬度』

両方とも軟水ですが正規輸入品(青キャップ)のほうが日本の水道水より硬度が低いので、口当たりがとにかくいい!

まるで、体にスーッと浸透するような飲みやすさを実現しているんです!

僕はこれに惚れ込んでしまい、ずっと買い続けていますw

  • 水道水:硬度50~80
  • 青キャップ:硬度38
  • 白キャップ:硬度60

ちなみに、青キャップのクリスタルガイザーは大塚食品が輸入販売しているもので、日本にしか出荷されていません。

硬度が低い日本人に合わせた水質は、まさに日本人の為の専用クリスタルガイザー!というわけですね。

値段は並行輸入品の白キャップのほうが安いですが、僕は口当たりが良く飲みやすい青キャップのクリスタルガイザーをお勧めします!

普段からミネラルウォーターを飲んでいる方は是非参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク