【iOS11】本名が第三者にバレる可能性あり!コントロールセンターからBluetoothをオフにしただけだとAirDropはオフにならないぞ!

先日から電池消耗が激しいことやアップデート中にフリーズする事で話題になっているiOS11ですが、今回新たにWi-FiとBluetoothに関する注意事項が新たに話題となっています。

 

どうやら、コントロールセンターからWi-FiもしくはBluetoothをオフにしても、完全にオフにならない仕様に変更されているらしいのです!

 

以下、Appleの公式ページからの引用です。

Wi-Fi と Bluetooth について

iOS 11 以降では、コントロールセンターで Wi-Fi または Bluetooth のボタンを切り替えると、Wi-Fi アクセサリや Bluetooth アクセサリとデバイスとの接続がすぐに切断されます。Wi-Fi も Bluetooth も引き続き使えるので、以下の重要な機能は利用できます。

・AirDrop

AirPlay

Apple Pencil

Apple Watch

連係機能 (Handoff、Instant Hotspot など)

Instant Hotspot

位置情報サービス

 

このことから、コントロールセンターからWi-Fi、Bluetoothをオフにしても、完全に機能がオフになる訳でないことが分かります。

 

まとめると、アップルペンシルやアップルウォッチ等、常時接続が望ましい機能はコントロールセンターからはオフに出来ない。

 

それ以外の、Bluetoothオーディオ類、ハンズフリー機器などはオフにできる。

 

BluetoothやWi-Fiを完全にオフにするには、『設定』からそれぞれの機能をオフにする必要がある。 

このように、全ての機能をオフにするには『設定』からBluetoothをオフにする必要があるわけです。

 

AirDropがオンになる危険性

Appleの主要機能がBluetoothをオフにしていても使えるというのは、用途によってはメリットも出てくるでしょう。

 

しかし、それに伴う弊害ももちろんあります。

 

それが、AirDropによる本名バレ問題!

 

以前にも一時話題になりましたが、iPhoneやiPadなどのアップル製品には他の端末同士を手軽にデータ送受信できる『AirDrop』という機能が備わっています。

 

この機能自体は凄く便利なのですが、その手軽さ故に『AirDrop』はBluetoothをオンにするだけで簡単に他人のiPhoneを検出してしまうのです。

(設定で検出範囲は選べますが、デフォルトで全員を検出するモードになっている)


端末名を変更していないと『本名』が表示される場合も…。

 

こうなってしまうと、例えば電車内でAirDropをオンにしているユーザーに、本名と持っている端末がバレてしまう…。下手をすると他人から変なデータを送信されてしまう等の危険性があります。

 

それを防ぐために、今までは『無闇にBluetoothをオンにしない』という対処法があったのですが、今回のiOS11からは、コントロールセンターからBluetoothをオフにするだけでは『AirDrop』はオフにならないようになってしまったのです!

 

つまり、自分ではBluetoothをオフにしたつもりでも、実はAirDropを含むアップル主要機能はオンになっており、他人がAirDropを使うことで本名や端末がバレてしまう可能性があるわけです!

 

これは恐ろしいですよね!

 

実際にBluetoothをオフにしてもAirdropは使えるのか検証してみましたので御覧ください。

 

BluetoothをオフにしてもAirDropは使えるのか検証してみた

では、実際にBluetoothをオフにしてもAirDropは使えるのか検証してみました。

(iPadからiPhoneに写真を転送してみる)


まず、iPhone側のコントロールセンターから『Bluetooth』と『Wi-Fi』をオフにします。これで通常ならAirDropは利用不可のはずですが…。

 


なんと、iPad側でiPhoneを検知できてしまいました…。ちなみにiPad側のBluetoothとWi-Fiもオフにしています…。

 

このまま知らずに使い続けてしまうと、簡単に本名バレやいたずらに遭ってしまう可能性があるわけです…。

 

対策方法

では、このまま個人情報ダダ漏れのままiPhoneを使用しなければならないのでしょうか?

 

大丈夫です。対策はあります。

 

ここでは、Airdropから自分のiPhoneを検知されないようにする方法と、万が一検知されても本名がバレずに済む方法をご紹介します。

 

AirDropを受信しないに設定する

まず、AirDropをそもそも『受信しない』ようにする方法です。


コントロールセンターの通信関連のアイコンを『長押し』もしくは『押し込み』ます。

 


通信の設定画面が開かれますので『AirDrop』をタップします。

 


『AirDrop』の検出範囲を設定する画面になりますので、『受信しない』をタップします。

 

以上で『AirDrop』を他人から検出されなくなりました。

 

f:id:skspirit0148:20170921181908p:plain

連絡先に含まれている方とのみデータをやり取りしたい方は『連絡先のみ』を選ぶと、連絡先に登録されている方にのみ『AirDrop』が検出されるようになります。

また、iPadやMacBookを使っていて『AirDrop』を利用する方も『連絡先のみ』に設定しておくと安心です。

 

検出されても本名バレしないようにする

本来なら上記の方法で、検出自体を避けるのが無難なのですが、万が一設定をしていない場合でも本名バレしない方法もあります。

それは、端末名を変更しておくことです。

 

大体の方は携帯ショップで契約する際に、アップルIDの名前を本名で登録していると思いますが、実はiPhoneの名前もアップルIDで登録した名前で設定されている場合が非常に多いのです。

(AirDropでは端末名が表示されるため、ここで本名がバレる)

 

そこで、ここではiPhoneの名前を変更する方法を記載していきます。


『設定』→『一般』→『情報』を選択後、『名前』をタップします。

 

ここの名前がAirDrop検出時に表示されるので、もし自分の本名が設定されている場合は、違う名前に変更しておきましょう。

僕の場合は、端末名にしています。

 

そもそもBluetoothをオフにする

上記の仕様は、そもそも『コントロールセンターからBluetoothをオフにした場合でもAirDropなどが使える』といったものなので、設定からBluetooth自体をオフにすると完全に接続を解除することができます。

 

ただし、この場合はアップルウォッチやアップルペンシル、その他のBluetooth機器を一切使えなくなってしまいますので注意しましょう。

 

また、普段Bluetooth機能は使わない方でも、誤タップでBluetoothをオンにしてしまうケースもあるかもしれませんので、最低限『AirDropを受信しないに設定する方法』だけは設定しておくことをオススメします。

スポンサーリンク