くーちゃんねる。スマホやオーディオのガジェットブログ。

イヤホンやヘッドフォン、スマホ等のガジェット機器のレビューブログ♪

スポンサーリンク

2,000円でミニコンポを作ろう!オーディオアンプの使い方や接続方法、iPhoneから音楽を聴くやり方などをご紹介します♪

f:id:skspirit0148:20170506214719j:plain

さぁ、図工の時間ですよ!

今回はチャレンジ企画として

2,000円で作れる

めっちゃ簡単な オーディオ ミニコンポ作り

ご紹介します♪

用意するもの

用意するものは至ってシンプル!

  • オーディオアンプ
  • スピーカー2個
  • スピーカーケーブル
  • ACアダプター
オーディオアンプ

f:id:skspirit0148:20170505224813j:plain

まず、絶対に必要なのが「オーディオアンプ」

実は今回はこの製品を紹介したくて記事にしました(笑)

アンプは人間でいうところの心臓です。

 

その役割も本当の心臓とよく似ていて

アンプから出た電力を各スピーカーへ供給する役割があります。

 

つまり、こいつが高性能であればあるほど

大きなパワーを各スピーカーへ送ることができるわけです!

アンプの値段が数千円から数万円まで幅広いのはこのためです。

 

また、アンプが多機能だと

それだけ多くのこと出来るようになります!

 

今回ご紹介しているアンプは1,300円と安価ながら

Lineイン再生、SDカード再生、USB再生、ラジオなど

が再生可能です。

スピーカー

f:id:skspirit0148:20170506155123j:plain

続いて必要になるのがスピーカーです。

今回はハードオフで購入した、中古の500円のスピーカーを用意しましたw

 

スピーカーもアンプと同様、色々な種類がありますが

ぶっちゃけ音を鳴らすだけなら安くても何でもいいです。

より良い音で聞きたい!となると、これもまたピンキリですので

ここでは割愛します。

f:id:skspirit0148:20170506155650j:plain

スピーカーの裏側には「スピーカーケーブル」

を挿し込む端子があります。

そこにスピーカーケーブルを挟み込むようにセットしましょう。

 

今回購入したスピーカーは

本体から直接ケーブルが出ているタイプなので

別途でスピーカーケーブルを用意する必要はありません。

 

スピーカーケーブルはノイズの少ないAmazonベーシックが好評なのでお勧めです♪

ACアダプター

通常はアンプに付属されていますが

今回用意したアンプのように安価なものだと

別途で購入する必要がありますので注意が必要です。

汎用で使えるACアダプターはAmazonでも販売しています。

 

ACアダプターを選ぶ注意点としては

アンプよりも電流(A)が大きいものを選ぶこと!

このアンプは『12V 2A』です。

『2A』を切る電源アダプターを使用すると

過電流による発熱や発火の危険性があります。

 

必ず、『12V 2A』同等のものか

『12V 3A』や『12V 5A』など

『A』が2Aより高いものを選びましょう!

分からない方は、ここで紹介している電源アダプターなら問題なく使用できます。

接続

では、早速接続していきます!

f:id:skspirit0148:20170506162223j:plain

まず、アンプの裏側にスピーカーケーブルを挿し込む端子がありますので

そこにケーブルを挿していきます。

ストッパーを下げることで

ケーブルを固定することができますので

抜けないようにしっかり固定しましょうね!

f:id:skspirit0148:20170506160558j:plain

通常はケーブルに線などの目印が付いているほうが『+』

何も目印がないほうが『-』です。

ただし、これはスピーカーケーブルの種類よっても違ってきますので

スピーカーの+端子に挿したケーブルはアンプの+端子に

きちんと刺さっているか、目で確認したほうが確実です。

f:id:skspirit0148:20170506160853j:plain

こんな感じにひとつ挿し込み終わりました!

続いて同じようにもう一個のスピーカーのケーブルも挿し込んでいきます。

f:id:skspirit0148:20170506160952j:plain

はい、終わりました!

これでスピーカーとアンプの接続は完了です!

 

あとは、ACアダプターを挿し込みます。

※ACアダプターは必ず最後にセットしましょう!

一番最初に電源を入れてしまうと、スピーカー接続の際に途中でショートする可能性がありますので注意が必要です。

f:id:skspirit0148:20170506162307j:plain

接続できたら電源を入れていみましょう。

(音量が大きくなっていないことを確認)

上手く通電できたら成功です!

 

では、それっぽい位置にスピーカーとアンプを配置してみます!

f:id:skspirit0148:20170506161155j:plain

完成です!

ね。めっちゃ簡単でしょ?

手順としては

  1. スピーカーにスピーカーケーブルを挿す
  2. スピーカーケーブルとアンプを繋ぐ
  3. 電源を入れる
  4. 完成

うん、リストにするほどでも無いね。

あとはお好みの音源から音楽を再生するだけです!

今回は、iPhoneから音を出してみます♪

f:id:skspirit0148:20170506162611j:plain

アンプの裏側にAUDIO INPUTというのがありますので

そこのLineイン端子に『Lineインケーブル』を挿し込みます。

ケーブルの両端がイヤホン端子になっているこういうやつです。

片側はアンプのLineイン端子に

もう片側はiPhoneのイヤホン端子に繋げます。

f:id:skspirit0148:20170506163054j:plain

iPhone7の場合はイヤホンジャック自体が無いので

Lightning変換アダプターを使っています。

あとは再生モードを「AUX」に合わせて音楽を再生してやるだけです。

SDカードやUSBメモリから再生する

このアンプは安価ながら多機能なので

10,000円くらいするミニコンポの機能は

全て搭載されています。

せっかくなので、SDカードやUSBメモリに保存されている

音楽を再生してみましょう!

f:id:skspirit0148:20170506163503j:plain

 液晶画面には、ちゃんと

「SD」と「MP3」のファイルフォーマットが表示されていますね!

f:id:skspirit0148:20170506163640j:plain

こちらはUSBメモリから再生画面。

液晶画面には「USB」と「MP3」ときちんと認識されていますね!

その他、ラジオ再生も可能です。

ボリューム、イコライザーの調整

このアンプではボリューム変更の他に

低音、高音を調整することができる

イコライザー機能もあります。

f:id:skspirit0148:20170506164115j:plain

それぞれのつまみで微調整ができますので

自分好みの音質に調整することができますよ♪

 

ちなみに、付属されているリモコンから

音響効果を変更することもできます。

f:id:skspirit0148:20170506164333j:plain

この価格でリモコン付きってだけでも凄いのに

リピート再生機能も付いていますw

何気にこのアンプすげーです…。

普通に迫力のある音楽を楽しめる優れもの!

いかがでしたか?

ざっくりとではありますが

アンプを使ったミニコンポ作りのご紹介と

機能面でのご紹介でした!

 

2,000円で作れるミニコンポとは言いながらも

アンプ自体の造りがけっこういいので

普通に低音はズンズン響きますし

調整次第ではなかなか伸びやか高音もでますw

 

本当に一から作ってみたいという方は

FOSTEXさんから、初心者向けの「スピーカー自作キット」も

販売されていますので

興味のある方は是非チャレンジしてみてください!

説明書を見ながら接続するだけで

簡単に作れてしまうので

なかなか面白いと思いますよ♪

 

ではでは、また次回の記事で!

今回使用したアンプ

スポンサーリンク