くーちゃんねる。スマホやオーディオのガジェットブログ。

イヤホンやヘッドフォン、スマホ等のガジェット機器のレビューブログ♪

スポンサーリンク

【無線で聞く!】ニンテンドースイッチやPS4の音声をBluetoothイヤホンやヘッドフォンで聞く方法!

こんにちは!くーです(๑˃̵ᴗ˂̵)

f:id:skspirit0148:20170523155419j:plain

以前にちらっとご紹介しましたが、きっちりとご説明していなかったので

今回はこちらの製品をレビューしていこうと思います♪

「Meceton WMAG ワイヤレスオーディオ発信機」

はい、簡単に言えばBluetoothオーディオの送信機でございます!

いわゆる、Bluetoothのイヤホンやヘッドフォンなど

Bluetoothに対応していない機材でも使えるようにすることができる製品です。

 

例えば、テレビ!

テレビってBluetooth機能が入っていないじゃないですか?

でも、この製品をテレビのイヤホン端子に差し込むことで

Bluetoothで音声を楽しむことができるようになるんですよ!

 

イヤホンジャックを装備した機材ならどれでも使用することができるので

例えば、本来Bluetoothオーディオに対応していない「PS4」

今話題の「ニンテンドースイッチ」でも無線で音楽や音声を楽しむことができるようになるわけです!

 

これは、なかなか画期的な製品ですよね!

 

では、この製品が実際にどんな感じに動作するのか

実際に見ていきましょう!

外観

まずは、外箱から開封していきます!

箱はなんだか昭和感がある見た目です。昔の薬箱みたいw

 

スーッと引き抜くと、中から本体が出てきました!

 

本体はスティックのりより少し小さいくらいでしょうか?
非常にコンパクトで軽量です

 

箱の中にはコンポジットケーブル、充電ケーブル、取説が入っていました。

 

本体はアルミ製で傷にも強く、高級感があります。

 

後ろ側には充電端子があります。microUSB端子です。

 

機能面

主な機能をざっくりまとめてみました。

  • aptXに対応
  • 電波範囲は15メートル
  • 2時間充電で8時間駆動可能
  • ペアリングはワンタッチ
  • 次回からは自動ペアリング
  • 接続登録数は8台
  • 12gと超軽量

充電式のBluetoothレシーバーとしてはかなり高スペックに纏められているようで、

音質面はaptXに対応しているので、無線でも高音質ですし、電波は2階の部屋から1階の玄関まで届きます!

許容範囲がかなり広いので、これは素直に感動でした!

 

また、駆動時間は2時間の充電で8時間程動くようです。

これも実際に試してみましたが、ほぼスペック通りの電池持ちでした!

 

ペアリングは簡単で、本体中央のボタンを4秒間長押しするだけ。

これでペアリングモードに入りますので、あとは接続したいBluetoothイヤホンやヘッドフォンも同じようにペアリングモードにすることで接続することができます。

(接続状況は本体ランプの点灯で分かるようになっています)

使用感

それでは、実際に機器を接続してみましょう!

PS4に挿してみる

f:id:skspirit0148:20170520180158j:plain

PS4の場合はこんな感じに、コントローラーのイヤホン端子に差し込むことで

音声を無線で楽しむことができるようになっています。

 

もしくは、テレビから音声を出力している場合は、テレビのイヤホン端子に本製品を差し込むことでも可能です。

 

重さ自体は12gと軽いので、コントローラーに装着しても負担にならないのも○です。

 

ニンテンドースイッチに挿してみる

f:id:skspirit0148:20170523153852j:plain

Nintendo switchの場合も同様に、本体上部にあるイヤホン端子に挿し込むだけです。

これは携帯モードのときよりも、TVモードの時に役に立ちました♪

本体からダラダラとケーブルを出すのもうっとおしいですからね…w

他にも挿してみる

あとはテレビに挿してみたり

 

iPadに挿してみたり
(ただし、意味はない)

 いろいろ汎用性があります(@_@)

気になった点

一通り使ってみましたが、一応気になる点もありましたので

記載していきます!

  • 充電中は再生不可
  • 製品の特性上、遅延が少なからずある
  • 音の出力始めがきちんと再生されない
  • イヤホン端子の接続がシビア

とりあえず、この製品は充電中には使用できません。

なので、常に充電しながら使おうと考えている方にはあまりお勧めできませんね。

 

あと、遅延ですが、これに関しては接続するBluetoothイヤホンに付随しているようです。

遅延が酷いイヤホンに繋ぐと遅延がありますし、遅延が少ないイヤホンに繋ぐと殆ど気になりません。

この製品自体が遅延の原因になっているわけでは無さそうなので、そこだけは誤解無きように!

 

あとは、音の出始めがきちんと出力されない場合が結構ありますね。

音の入力信号をきちんと受け取れていないのでしょうか?

曲の始まりだとか、音が途切れて聞こえる場面が多々ありました。

これは改善項目でしょう。

 

そして、イヤホンの差し込みが結構シビアです。

少し動かすとノイズが乗ってくるので、

ある程度固定して使わないと気になる方は気になるかもしれません。

 

PS4のコントローラーくらいなら大丈夫ですが、

イヤホンの延長ケーブルに装着してぶらぶらした状態で使うなど

接点部分をグラグラさせると「ザザッ」とノイズが出ることが多かったです。

 

当たり前といえば当たり前ですけどねw

まとめ

と、まぁこんな感じで、若干気になる点もありましたが、

無線で音声を出力したい!という方にとっては本体もコンパクトで場所を取らないので

わりと使いやすい製品ではないかな?と感じました!

 

と言っても、Bluetooth送信機にはイヤホンケーブルがダラダラと長いものも多く、

本体もゴツい商品が多いので、この手の商品の中では、ぶっちぎりの操作性とコンパクト感が他を凌駕していると感じましたね!

 

万人にガンガンお勧めできるかと言われると、そうではありませんが

Bluetoothイヤホンが使いたい!っという方は、ぜひ一度試してみるといいですよ♪

スポンサーリンク