くーちゃんねる。ありのままを伝えるレビュー系ブログ!

元家電販売員による、ガジェット機器のレビュー系ブログです!

スポンサーリンク

ミニマリスト必須アイテム!「PITAKA MagWallet」カーボン製ウォレットカードケースがめちゃくちゃスタイリッシュ。

こんにちは。くーです。

 

高級スマホアクセサリーで有名な「PITAKA」ブランドのカーボン製のカードケースです。

今回はお仕事とは別件で、個人的に購入させて頂きました。

f:id:skspirit0148:20170831164110j:plain

カーボン製による強度と電波遮断性を両立したスキミング対応のスタイリッシュカードケースとなっています。

 

現在、ミニマリスト達に大変人気のようで、6月末から8月末までの2ヶ月間、ずっと品薄入荷待ち状態が続いていました。

 

そしてやっとPITAKA担当者さんから入荷のお知らせを受け、すぐさま購入!

 

ということで、今回はこちらの「PITAKA MagWallet」をレビューしていこうと思います♪

f:id:skspirit0148:20170831165905j:plain

カードケースだけどコインやお札も入る万能ウォレットケース

こちらのケースの特徴は主にこのような感じです。

  • カーボンファイバー素材によるスキミング防止効果
  • スタンダードでカード6枚収納可能
  • モジュールを使用することでコインやお札の収納も可能
  • 磁気で固定しているだけなので、自分好みのカスタマイズが出来る

 

スキニング防止効果

カードケース自体にカーボンファイバーを使用しているので、カード情報を不正に取得する『スキミング』を防止する効果があります。

クレジットカードの不正利用や個人情報抜き取りを防ぎます。

 

混雑する電車などではスキニングによる被害も多く報告されていますので、物理的な破損だけでなく個人情報も守れる保護性能の高いカードケースとなっているのもポイントでしょう。

 

標準で6枚のカードを収納することが可能

「PITAKA MagWallet」の標準構成ではカードが6枚収納可能となっています。


表裏あわせて6枚のカードを収納できる。これが基本構成。

 

また、「PITAKA MagWallet」には、本体とは別に様々なモジュールが販売されていますので、自分に合ったカスタマイズを施すことが可能です。

これがこのカードケースがミニマリストに売れている所以でしょう。

 

自分好みのモジュールを組み合わせることが出来る

上記でもご紹介したように、「MagWallet」では様々なモジュールがを自分好みにカスタマイズすることが出来ます。

具体的にどのようにカスタマイズするのかというと…。


「MagWallet」はこのように、ユニット毎に取り外しができる設計となっているため

 


自分に必要なモジュールのみをセットすることが可能となっているのです。

 


必要に応じてセットする枚数を増減させることで

 


今日必要なカードだけを持ち運ぶことも可能です。

 


もちろん、その分カードケースが薄くなりますので、よりスマートに所持することが出来ます。

 

他にも様々なモジュールが販売されていますので、簡単にご紹介しましょう。


こちらはコインや鍵などを入れておけるコインモジュール。

 


こちらはお札を収納できるウォレットモジュール。

 

このように、その日の予定に応じて様々なモジュールを組み合わせることができるのが「MagWallet」の最大の魅力でしょう。

普段あまりお金を持ち歩かないなら、これだけで十分ウォレットケースとして活用できてしまうのも他のカードケースにはない素晴らしい点ですね。

 

外観

ではここで、細かく外観を見ていきましょう。


高級感のあるカーボン調のパッケージ。

 


開封は引き出し式になっており、シンプルに「Thank You」のメッセージカード入り。裏面のマイクロファイバー生地も相まって非常に高級感があります。

 


ちなみに、本体とパッケージはマグネットで固定されているので、中でズレることはありません。余計な梱包材がないのもスマートでいいですね。

 


カードケース本体はカーボンファイバーを贅沢に使用した超軽量、薄型設計。剛性にも秀でているので多少乱暴に扱ってもキズ一つ付きません。

 


裏面はPITAKAのロゴだけが刻印されており、ワンポイントながら表裏の判別ができるようになっています。

 


ケースは緻密に設計されており、ひと目では境目がどこか分からないほどの一体感。知り合いには「え、ここが開くの?」と最初は驚かれました(笑)

 


先でもご紹介しましたが、標準構成ではカードが6枚収納できる造りになっています。ちなみに画像のようにダミーカードも2枚付属されています。

 


厚みは"MacBook"と全くの同等。つまり極薄。

 


カードモジュールだけをピックアップで見るとデザイン製が優れていることに気付きます。極薄ながらカード自体は決してケースに干渉しないのも芸術的な作り込みです。

 

注意点

これだけ洗練されたカードケースですが、ひとつだけ注意点があります。

それは、標準構成のカードモジュールは磁気タイプのカードに対応していないこと。

 

いわゆる、カード裏面に磁気テープ(黒い帯)が入っているカードですね。

このタイプのカードはデータが磁気上に保存されているので、このカードモジュールを使用するとデータが破損する恐れがあります。

 

最近では、ICチップ内蔵型のカードが主流になりつつありますが、まだまだ磁気タイプのカードが多いのもまた事実。

購入を検討されている方は、念のためチェックしておいたほうがいいでしょう。

 

しかし、この点に関してはPITAKAさんも十分認識しているようで。

11月には磁気対応したタイプのカードモジュールも発売されるそうなので、あまり心配することはないでしょう。

 

少しでも欲しいと思ったのなら絶対に『買い』な製品

以上、「PITAKA MagWallet」カーボンウォレットカードケースをレビューしてきましたがいかがでしたか?

 

購入後、数日間のレビューでしたが、僕の場合は確実に財布を持ち歩く機会が減りましたね。

 

カードケースに「免許書、最低限のクレジットカード、最低限の小銭とお札」

 

これだけあれば、後はiPhoneのApplePayでほとんどの場面で事足りてしまいますからね。

 

スーツにもよく似合うので『できる男』を目指す営業さん。

普段から余計なものは持ちたくない、余分を削ぎ落としたいミニマリストの方に是非愛用して頂きたいカードケースだと感じました。

f:id:skspirit0148:20170901152906j:plain

汎用性が非常に高いので、少しでも心を動かされたのならまず買って損はしないと、自信を持ってオススメできる製品です。 

 

人気商品のため、またすぐに在庫切れになる可能性もありますので欲しい方はお早めにチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク