くーちゃんねる。ありのままを伝えるレビュー系ブログ!

元家電販売員による、ガジェット機器のレビュー系ブログです!

スポンサーリンク

ペイントも3Dに対応!ARやVRに最適化された「Windows 10 Creators Update」が凄い!

f:id:skspirit0148:20170416182714j:plain

こんにちは!くーです(๑˃̵ᴗ˂̵)

出遅れ感が半端ないですが、今月5日にWindows10の最新アップデート。

「Windows 10 Creators Update」が配信されたので、今回さっそく当ててみました!

名前にクリエイターと記載されていますが、特別クリエイター用のアップデートという訳ではありません。

今回はアップデートが先行配信されているだけなので、Windowsを使用している方なら後日配信されます。

今回は、そんな「Windows 10 Creators Update」の注目の機能を見ていきましょう。

「Windows 10 Creators Update」とは?

ざっくり言うと、なんか色々面白いことができるようになった!アップデートです。

CPUやGPUを起動しているゲームに優先的に割り振りされる「ゲームモード」機能の追加や、生配信をWindows単体でできるようになったりと、通常の「お固い」アップデートとは一味違った内容となっています。

関連記事:「Windows10 Creators Update」で実装されたゲームモードでスコアが伸びるのか!?衝撃の事実が発覚!

 

その他、3Dでお絵かきができる「ペイント3D」が追加されたり、クリエイトする機能が多いことから「Creators」という名称になったんでしょうねw

具体的に追加される機能は以下の通りです。

  • 「ペイント3D」機能の追加
  • ゲームモードの追加
  • ゲームの生配信が可能になった
  • VRやAR機能への最適化
  • ナイトモード(ブルーライトカット)の追加
  • Edgeブラウザの新機能の追加
  • その他、細かなシステム設定の追加

期待されていたアップデートだけあって、更新内容がかなり多くなっていますね。

人柱になるのが大好きな僕は、さっそくアップデートしてみました!

アップデート手順

f:id:skspirit0148:20170416172535j:plain

▲まず、Windowsの「設定」を開き、「更新とセキュリティ」を開きます。

 

f:id:skspirit0148:20170416173117j:plain

▲更新状態を確認する画面が表示されたら、更新プログラムのチェックではなく、

「お待たせしました!間もなくWindows10 Creators Updateをお使いいただけます。いち早く手に入れる方法を確認しますか?」

この文面の下部に表示されている『はい。方法を確認する』をクリックします。

 

f:id:skspirit0148:20170416173401p:plain

▲Microsoftの公式HPに飛びますので、『今すぐアップデート』をクリックします。

更新ファイルがダウンロードされますので、それを起動すれば更新が始まります。

前のバージョンに戻せるから安心

Windows8からWindows10のアップデートのときのように、今回のアップデートも前のバージョンに戻せる機能が付いています。

やり方は、「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」

この中にある『前のバージョンのWindows10に戻す』をクリックするだけです。

f:id:skspirit0148:20170416174009j:plain

よく使うアプリが動かない等の不具合があった場合、こちらから前のバージョンにダウングレードすることが出来ますので多少安心してアップデートできます。

(それでもバックアップは事前にとっておきましょう)

将来を見据えたアップデート内容

現在ではまだ使用できない機能も多々ありますが、今回のアップデートではAR対応ヘッドマウントディスプレイ「Microsoft HoloLens 」の動作が保証されたプラットフォームでもあります。

他にも、ノートパソコンでも快適に動作するAR機器が格安で登場するなどの噂もありますし、今はまだ「可能性」程度にしか触れない機能も、今後注目のVRやAR機器に最適化されたアップデートとなっているようです。

将来を見据えたアップデート内容にMicrosoftの本気を感じることができますので、興味のある方は是非アップデートしてみてくださいね!

 

「Windows 10 Creators Update」の関連記事

www.qoochan.com

スポンサーリンク