AirPodsより便利!Alexa搭載とマルチペアリングで最強の完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 65t」をレビュー!

 

どのガジェット誌を見てもベタ褒めの完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 65t」

周りのブロガーさんを含め友人も購入していたので僕も思わず買ってしまいましたw

  • Bluetooth5.0
  • Alexa搭載
  • AAC対応
  • IP55の防塵防水性
  • 2台同時接続対応
  • 周辺音声の取り込み
  • 専用アプリに対応
  • バッテリー駆動5時間
  • 2年間保証

 

「Jabra Elite 65t」の魅力はなんと言っても最新技術がふんだんに詰め込まれているところ!

最新規格のBluetooth5.0を始めとするAACコーデック対応にAlexaまで搭載されたこのイヤホンは「ガジェット好きならここでトキメかなくてどうする!」というほど所有欲を刺激してくる、まさにガジェット界のオーパーツのような存在です!

特にAlexaを含めたSiri・Googlアシストに対応しているこの製品はまさにAIを身近に感じることのできる数少ない製品のひとつだと言えるでしょう。

 

Jabraというメーカーとは?

このJabraという企業ですが、昨今話題となっているメーカーとは違いあまり耳馴染みのない方も多いのではないでしょうか?

このイヤホンは2万円以上するハイエンドモデルに位置する製品となっていますので、いくら話題の製品と言ってもさすがに聞いたことがないメーカーを下調べもしないで購入するのはなかなか勇気が要ります…。

というわけで、ここで簡単にJabraについて3行で説明します。

 

Jabraはデンマークにある設立150年ほどの老舗メーカーで、Bluetooth機器を始めとしたヘッドホン・ヘッドセット・補聴器などを専門的に取り扱うその手の業界では世界的にも有名な企業です。

特にBluetooth通信における技術は非常に高度なもので、古くから日本でも使用されており大きな評価を受けているようです。

 

・・・はい、3行でまとまりました!(まとまってない)

まぁ、要は通信技術に長けたすげー企業と思ってもらって差し支えありません。

実際に「Jabra Elite 65t」では補聴器にも採用されている安定した通信を可能としている技術が採用されているようですよ。

 

Jabra Elite 65tの使用感

「Jabra Elite 65t」が手元に届いてから約一週間。ここでは実際に屋内屋外とじっくりねっとり使ってみて感じた使用感をお伝えしようと思います。

外観

まずは内容物から見ていきますが、こちらは至ってはそれほど珍しいものではありません。

パッケージを空けると充電ケースとイヤホン本体、あと充電ケーブルとサイズ違いのイヤーピースが同梱されているだけの至ってシンプルな内容です。

説明書は多国語対応でもちろん日本語もあります。

説明書内にはイコライザーやプリセットを変更するための専用アプリのダウンロードリンクが記載されていますので、しっかり読んでおきましょう。

アプリを使うとイコライザーやプリセット切り替えが可能です。

ちなみに、本体はチタニウムブラック・ゴールドベージュ・コッパーブラックの3色展開で、僕はコッパーブラックを購入しました。エレガントかつ落ち着いた色合いでとても気に入っています。

操作ボタンはクリック式で遊びが少ないので少しの力でもしっかり認識してくれます。ボタン式で鼓膜が痛くなる方でも安心して使用できると思いますよ。

Bluetoothの安定性も非常に高く、特に音飛びや音切れが起こるといったこともありませんでした。

 

しかし残念なのがバッテリーケース。

つや消しのポリカーボネート製を採用していますが、こちらは素材自体が傷が付きやすいのであまり雑に扱うと後々泣くことになるかもしれません…。

また、蓋が固く開き辛いのも難点。

イヤホン本体の収まりも悪いので、同価格帯の製品と比較してもかなり不満点は残ると思います。

 

Alexa搭載でいつでも4,000万曲を聴き放題に

Alexa搭載がウリの「Jabra Elite 65t」ですが、こちらは事前にアプリ側で設定しておく必要があります。

最初のセットアップを進めていくと音声アシスタントの選択画面になりますので、ここで「Amazon Alexa」を選びましょう。

アプリを使用しないでペアリングした場合は自動的にSiri(Androidの場合はGooglアシスト)に設定されます。

また、Amazon Alexaを選択するとAmazonアカウントとの連携を求められるので指示に従って設定していきましょう。

これで、イヤホンの操作ボタンを2秒間長押しでAlexaが起動するようになります。

Alexa機能ではニュースの読み上げやPrimeミュージックの再生、ネットラジオを聞いたりKindleの読み上げなどが利用できるようになります。

特にPrimeミュージック Unlimitedプランとこの機能を組み合わせると、イヤホン操作だけで約4000万曲が聴き放題かつ好きなプレイリストを聞き流し出来るので個人的にはかなりオススメの使い方です。

Amazon公式リンク:Prime Music Unlimited

 

また、Alexaはスマート家電に対応した製品のリモートコントロールにも対応しているので、外出していながら家の中の家電操作が可能です。

例えばエアコンなら家に帰る直前に冷房や暖房を効かせると言ったことも出来るので、使い方次第では値段以上の働きをしてくれると思います。

 

音の解像度は非常に高い


肝心の音質についてですが、こちらはさすがと言うか価格に見合っただけの透明感の高い際立った高音域が特徴的です。

AAC対応ということもあるのでしょうが、中音域〜低音域にかけてもボーカルに埋もれたり主張が感じられない訳でもなく、絶妙的な音のコントラストバランスに関しては他機を逸していると言っていいでしょう。

解像度が高い音質でじっくり楽しむこともできるけど、耳あたりが良いから何時間でも聞いていられる。

そんな匠の技を感じさせてくれる絶妙な逸品です。

高音域 ★★★★★
中音域 ★★★★☆
低音域 ★★★★★

 

2台同時接続で再生先を自動切り替え

多数のデバイスを持っている方で一つのBluetoothイヤホンを使っている方には朗報なのですが、利便性を高める機能の一つとして2台同時接続時に再生先を自動的に切り替えてくれるマルチペアリング機能が搭載されているのもこのイヤホンならではの特徴です。

 

例えばパソコンとiPhoneの両方で「Jabra Elite 65t」をこまめに切り替えて使用したい場合、他のイヤホンではいちいちBluetooth接続画面からデバイスを選択しなければならないと思いますが、「Jabra Elite 65t」では無音入力状態であれば再生デバイスが自動的に切り替わるようになっています。

 

つまり、iPhoneで音楽を聞きながらパソコン作業をしていて「このシーンはパソコンの音が聞きたいな」っとなった場合にはiPhoneの音楽をストップさせるだけで自動的にパソコン側の音声が流れるようにできるということです。

AirPodsでさえ切り替えにはワンアクションが必要となる中、この自動切り替え機能はその先をいく利便性だと感じました!

 

暇なときはiPhoneで音楽を聞きながらパソコンで面白そうな動画を見つけたらイヤホンをワンクリック(曲停止)するだけでいいんですから、これほど暇つぶしに最適なイヤホンは中々ありませんよ。

 

外部音取り込みモード

「Jabra Elite 65t」には外の音を専用マイクで取り込んで増強して聞こえるようにする外部音取り込みモードが搭載されています。

イヤホン本体の背面ボタンをダブルクリックで使用できるのですが、遮音性の高いこのイヤホンでは大活躍してくれそうです。

主な使い方は車内アナウンスや話し声を聞き取るときでしょう。

 

実際に使ってみると分かるのですが、これはなかなか優れものでもともと大きな音はそのままに話し声や環境音などがイヤホンを付ける前よりも増強して聞こえるようになります。

簡易的な補聴器と言えばいいのでしょうか?何も着けていない状態よりも音がよく聞こえる感覚はなかなか新鮮なものがあります。

音楽再生中でも停止中でも使用できるので、イヤホンを付けっぱなしで移動するのがメインの方にも嬉しい機能だと思いますよ!

 

総評

以上、「Jabra Elite 65t」を一週間使ってみての使用感をまとめてご紹介してきましたがいかがでしょうか?

最後にメリット・デメリットをまとめてみましょう!

メリット

  • 音質が非常によい
  • 途切れにくい安定性
  • Alexa搭載でさまざまな使いみちがある
  • 多数のデバイス持ちならこれ一択
  • 周辺音声の取り込みが地味に便利

デメリット

  • バッテリーケースがチープ
  • イヤホン収納時にケースの収まりが悪い
  • ケースがとにかく終わってる

 

ケースを酷評しましたが、それ意外はひたすら完成度の高い話題に相応しい完全ワイヤレスイヤホンだと思います。

地味に嬉しいのがバッテリー保ちで、よくある製品では長くても3時間程度しか持たないバッテリーも「Jabra Elite 65t」では5時間保ちますから通勤通学時のバッテリー切れを心配することも殆どありません。(ケースで最大10時間)

それでいて音質は完全ワイヤレスイヤホンの中では既に完成されているといっていいほど成熟されていますし、Alexaのおかげで拡張性も高く『音楽を聴く用途』意外でも十分活躍してくれる素晴らしいガジェットだと感じました。

 

もし、あなたが「Jabra Elite 65t」が気になっているけど購入するか迷っているというのなら、オーディオマニアの僕が自信をもってオススメできる間違いなく「買い」な製品ということだけはお伝えしておこうと思います。

スポンサーリンク