音質目線で見るスマートスピーカー。Amazon Echo,Echo Dot,Echo Plus 結局どれが一番音質がいいの!?

こんにちは!クロです!
11月15日、遂にAmazonからスマートスピーカー「Echo」「Echo Dot」「Echo Plus」の三種類が発売されますね!

スマートスピーカーといえば、GoogleHomeが有名ですが、まだまだどんなものか分からない方も多いのではないでしょうか?

スマートスピーカーとは、簡単に言うとsiri等の音声AI搭載のスピーカーのことです。

出来ることはスマホなどに搭載されている音声AIとは違いますが、LAN対応している家電などの操作を音声で行うことが出来るようになるのです。

「○○、今日の天気は?」
「○○、明日のスケジュールを教えて」
「○○、8時に電気を付けておいて」

※○○には各社スマートスピーカーで呼び名が変わります

このように、音声でスケジューラーの確認からWEB検索、家電の操作まで様々なことをこなすことができる、まさに未来のスマートデバイスとなっているわけですね!

Amazon Echoシリーズの音質は?

音声認識AIが色々と生活を豊かにしてくれる。大いに結構、素晴らしいことです。

しかし、僕は思うわけですよ。

『スピーカーと銘打っているからには、音質は良いんだろうなぁ!?』っと!

ましてや1万円前後するのが主流な製品なのですから、音がスカスカだとスピーカーと名乗って言いわけがないのです!

ということで、Amazon Echoシリーズではどういう仕様になっているのか、ここで比較してみましょう!

Echo Dot Echo Echo Plus
価格 5,980円 11,980円 17,980円
スピーカーサイズ 0.6インチ 0.6インチ 0.8インチ
ウーファー 2.5インチ 2.5インチ
Dolbyデュアルスピーカー あり あり
音楽ストリーミング 対応 対応 対応
Bluetooth接続 対応 対応 対応
3.5mmステレオジャック接続 対応 対応 対応
本体重量 163g 821g 954g

まずは、Echo Dotから見てみましょう。

Echo Dotの音質とは?

今回発表されたEchoシリーズの中では一番コンパクトでリーズナブルなこのモデル。
仕様書を見る限りではツィーター0.6インチだけを搭載しており、 一番音質に期待が出来ないモデルとなりそうです。
筐体も小さく、振動板や音を反響させるスペースも少ないため、恐らく低音が一番弱い機種になると予想されます。
ただし、価格が5,980円とスマートスピーカーとしては破格になっているので、こちらのスピーカーのコンセプトは『手軽にスマートスピーカーを体験できること』にあるのでしょう。
スマートスピーカーでそもそも音楽を聞かない方。とりあえず、AIスピーカーに興味があるだけ!という方なら問題ない選択肢だと思いました!
家電を操作するには別途『ブリッジ』と呼ばれる通信装置が必要となります。

Echoの音質とは?

EchoはAmazon Echoシリーズの中でスタンダードと言えるモデルです。

筐体はEcho Dotに比べると縦に細長くなり、やっとスマートスピーカーらしくなりました。

搭載されているスピーカーもEcho Dotとは違い、0.6インチのツィーター2.5インチのウーファーが搭載されており、低音から高音に掛けて高品質な音を出力できる設計になっているようです。

筐体が大型になったことにより、音を反響させるスペースも大きくなっていると考えられますし、360度全方位から聞こえる「Dolbyデュアルスピーカー」も搭載しています。

おそらくAmazon Music等でストリーミングで音楽を聞く方や、Bluetoothでスマホの音楽を聞く方は、このAmazon Echoが最もポピュラーなモデルとなるでしょう。

値段もお手頃なので「Echo」が最もスタンダードなモデルになりそうですね!
ただし、電化製品と連携するには別売の『ブリッジ』が必要になるので注意が必要です!

Echo Plusの音質は?

では、最後にEcho Plusを見ていきましょう!

Echo PlusはAmazon Echoシリーズのフラッグシップモデルと呼ばれる最上位モデルです。

筐体はEchoよりも更に大型になり、最も大きく最も重いモデルとなりました。

しかし、この大きさと重さというのが音質面では有利に働きます。

基本的にオーディオというのは、重くて大きい方が音圧がしっかりと出るようになります。(空気を振動させて音を発生させているため)

更にEcho PlusではEchoよりも更に大きい0.8インチのツィーター2.5インチのウーファーを搭載しており、3モデル中最高の音楽を提供してくれるでしょう。

もちろん「Dolbyデュアルスピーカー」も搭載しています。

更に、家電を声で操作する為に必要な『ハブ』機能が内蔵されているので、別途で『ブリッジ』を用意する必要がないのも非常に素晴らしい強みですね!
(ブリッジだけでも数千円します)

新たに始まったサービス『AmazonMusic Unlimited』の音楽を最大限まで楽しみたい方ならEcho Plus一択となりそうです。

価格差も6000円なので、少しでもいい音を求める方、家電操作もしたい方ならEcho Plus一択となりそうです!
ブリッジ不要なので配線もスッキリしますね♪

スピーカーとして使いたいならEcho以上を選びたい

以上、音質面からAmazon Echoを見てきました!

まだサービスが開始されていないので使用感などは何とも言えませんが、少なくともスピーカーにおいては、筐体が大きくスピーカーサイズが大きいものが高音質であるという事実は変わりません

※一部例外はあります。

Amazon Echoも例外ではなく、ウーファーを搭載していないコンパクトサイズのEcho Dotは間違いなく音楽を聞くという用途にはあまり向いていないと思います…。

あくまでも、ちょい聞き用でしょうね。

これからレビュー動画なども多数上がってくると思いますが、音質ばかりは動画では分かりません。

出来れば家電量販店で実機を見たいところですが、Amazon限定の販売であればそれも難しいかもしれません。

この手の製品は価格に比例して音質も良くなっていく傾向が高いので、少しでも音楽を楽しむ用途で使用する予定なのでしたら、最低でもEcho。余裕があるならEcho Plusを選択することを個人的にはオススメします!

僕はEcho Plusを購入予定なので、音質に関しては追って報告いたしますね!

スポンサーリンク