ノートPC好きは必見!パンタグラフ式ゲーミングキーボード「COUGAR CGR-WXNMB-VAN」をがっつりレビュー!

皆さんはキーボードって何を使っていますか?

メンブレン・パンタグラフ・メカニカルなど様々な種類が発売されていますよね。

僕はその中でも、パンタグラフ式のキーボードが一番好きでデスクトップPCでもノートPCでも愛用しています。

あの薄くてキータッチの軽い感じと、指をスライドさせるだけで全てのキーが打てるところが最高ですよね!

 

パンタグラフ式のゲーミングキーボードがない

しかし、それとは別に僕はPCでゲームをプレイするので、通常のゲーミングキーボードもよく使用します。

そこでいつも思っていたんですよね。パンタグラフ式のゲーミングキーボードが欲しいなぁって。

 

でも、基本的にゲーミングキーボードはキーがしっかり押し込めるメンブレン式が主流で、誤入力のリスクがあるパンタグラフ式はゲーミングキーボードには向いていないため、実際は殆ど販売されていません。

しかし、あくまでもそれは一般論。

実際には慣れたキータッチで操作するほうが誤入力は防げますし、操作性も高いのは確かです。

 

そんなリアルな事情と世間の認識のズレと格闘する中、やっとの思いでAmazonでパンタグラフ式のゲーミングキーボードを発見しました!

 

ゲーミングキーボードを多数販売しているメーカーでお馴染み「COUGAR」から発売されている「CGR-WXNMB-VAN」というモデルのキーボードです。

これを見た瞬間、思考が回る前に指が購入ボタンを押していました(笑)

実際に1週間ほど使用してみましたので、詳しくレビューしていこうと思います!

 

キーストロークの浅さにキーの絶妙な重みが最高の安定感!

何よりもまず感じたのが、キーを打鍵しているときの抜群の安定感です。

これは大袈裟でも何でもないです。いわゆる2000円前後の安物のパンタグラフ式キーボードとは全くの別物と言っていいでしょう。

それほどキー1つ1つの重みというか、押したときの安定感が違います!

 

言葉で表現するにはなかなか難しいものがありますが、パンタグラフ特有のグラつきやチープな感じが一切感じられないのです。

思わず「あ、これすごい打ちやすい…。」呟いてしまいました。

キーストロークはかなり浅めで打ちやすく、ノートPC使いの方なら違和感なく操作できると思います。

キー配列が絶妙で使いやすい

こちらのキーボードの基本配列はJS配列です。

なので、USキーボードのようにエンターキーやDELキーが小さくなっていません。

個人差や好き好きあるとは思いますが、僕にとってはコレが絶妙に使いやすく、バックスペースを押したつもりがHomeキーを押していた。なんてことも全くありませんでした。(安いキーボードだとよくあるんです…。)

あとはテンキーも付いていますので数字入力が非常に楽です♪

打鍵音が小さく、夜中でも気にならない

あと、何気に嬉しかったのが打鍵音が小さく夜間の作業やゲームでも静音性を気にしなくてもいいという点です。

こちらは実際に動画に撮ってみましたのでご参考にしてみてください。

打鍵音は一般的なカチカチという音よりは、鈍い重みのある音です。

これも好みの問題になってしまいますが、個人的にはこのボコボコといった音はかなり好きですねw

逆にMacBookのバタフライキーボードのようなペチペチという音はあまり好きではありません…。

こういった鈍い音は実際に打鍵してみるとあまり響かないので、静音性を重視する方にも十分オススメできる製品だと思います。

 

LEDの発光パターンの種類が豊富

ゲーミングキーボードと言えば派手派手しく光るバックライトLEDが特徴的だと思いますが、こちらの「COUGAR CGR-WXNMB-VAN」では7種類の発光パターンから好きなモードを選択することができます。

こちらも動画にしてみましたので参考までに御覧ください。

色変更のやり方は、【FN】+【1〜8】を押すだけで簡単に切り替えられます。(ドライバーなどは必要ありません)

更に←→を押すことで発光の方向、↑↓キーを押すことで色を変更することも出来ます。

 

任意のカラーに変更できることはもちろんですが、各スペースごとに任意のカラーに設定することが出来たり、打鍵した瞬間だけ発光させるようにすることも出来ます。

この辺りはかなりゲーマーにとっては嬉しい仕様となっていますので、光るキーボード目的の方でも十分満足のいく製品だと思いますよ♪

もちろんLEDを消灯して使うことも可能です。

気になった点

最後に実際に1週間使ってみて、気になった点をまとめてみましたのでご紹介します。

 

LEDを消しているとキーが見にくい

ブラインドタッチをしている方にはあまり影響は無いかも知れませんが、キーはLEDを透過させるために薄暗い透明な造りになっています。

そのため、LEDを消して使っているとキーに何が書いてあるのか見づらい場面がありました。

まぁ、逆にキーに文字が書いてあるほうが嫌という方もいらっしゃるので、これは一概にデメリットとは言えませんが、一応購入を検討されている方は知っておいてほしいと思います。

 

フレームの部分が微妙に熱を持つ

このキーボードはフレームの部分にもLEDが搭載されているため、キーボード全体が光るように設計されています。

そのため、通常のキーボードよりもほんの少しですが、熱を持っているように感じました。

特にアームレストの部分は打鍵時に必ず手首が触れる部分になりますので、夏場は特に暑さを感じるかもしれません。

しかし、逆に冬場は重宝するかもしれませんね…w

 

CapsLockなどのLEDが眩しい

最後にテンキーの上部にあるCapsLockなどの確認用LEDに関してですが、これが結構な光量で直接みるとかなり眩しいです。

通常だと眩しすぎるので、僕は薄いビニールテープを貼り付けて使用しています。

白いLEDなのでまだ良かったですが、これが青だと目に悪いこと間違いなしです。

この点だけは何らかの対策をしないと常用するには厳しいと感じましたね。

 

あとがき

色々と気になる点も書いてきましたが、総合的に見るとパンタグラフ式キーボードとしてはかなりクオリティが高く、ゲーミング用から一般使用までとにかく打ちやすい印象を受けました!

今まで安いキーボードばかり使ってきたというのもありますが、本当にキーボードひとつでここまで変わるものなんですね…。

実際に、今このキーボードでブログを書いていますが、あきらかに執筆速度が上がったのを実感しています。

 

パンタグラフ式のゲーミングキーボードが欲しい!

光るキーボードが欲しい!

安定感のあるキーボードを探している!

 

そんな方はぜひ一度「COUGAR CGR-WXNMB-VAN」をチェックしてみることをオススメします!

十分、人にオススメできる完成度の高いキーボードだと思いますよ♪

スポンサーリンク