集合体恐怖症の人がタピオカカメラ搭載の「iPhone11 Pro」を購入したい場合どうすればいいの?

”iPhone11 Pro”が遂に発表となりましたが、リーク時から話題となっているのがカメラの形状です。

”iPhone11 Pro”のカメラの特徴とも言える3つの大きな目が、まるでタピオカのようだとネットやSNSでは話題となり、ツイッターではカメラを増殖させたコラ画像が出回るほどとなっています。

この大きな目玉カメラの集合体がとても気持ち悪く、ハチの巣やハスの実のような小さな穴や斑点の集まりに対して恐怖を感じる「集合体恐怖症」を発症している人も数多くみられます。

パーソナリティに最新の注意を払っているはずのアップルが、こんなに配慮の欠けた形状のカメラ配置のデザインを採用すること自体が信じられませんよね。

実際にタピオカカメラが不快だと感じている人はアンケート調査によると全体の16%にも及ぶようです。

しかし、デザインはともあれ”iPhone11 Pro”はA13チップセットを搭載した現状最強スペックのスマートフォンです。

タピオカカメラは嫌だけど”iPhone11 Pro”は欲しい!と言う人は一体どうすればいいのでしょうか?

 

ブラックカラーで目立たないようにする

そもそも、”iPhone11 Pro”のタピオカカメラが異様に目立つのはカメラと本体カラーが対照色であることが挙げられます。

つまり、カメラとボディーの境目が分からなくしてあげれば症状はかなり軽減されるわけです。

“iPhone11 Pro”のカラーバリエーションは全部で4色あり「ゴールド、スペースグレイ、シルバー、ミッドナイトグリーン」とそれぞれ明るめのカラーと暗めのカラーと対照的なラインナップとなっています。

ここから、カメラのカラー(黒色)の類似色のボディーカラーを選んであげればいいのです。

上記のカラーから一番目に優しいのは、色味の近い「スペースグレイ」です。

スペースグレイは下地がほぼブラックに近いグレーなので、これなら他のカラーと比べるとカメラ部分もかなり紛れますよね。

幸い”iPhone11 Pro”のベゼルは全カラー統一で黒色なので、従来のようにベゼルカラーで悩むこともありませんし、個人的にはかなり有効的な手段だと思います。

 

カメラを保護できるiPhoneケースを購入する

また、iPhone全体を保護するケースを購入することも有効な手段と言えます。

購入するケースはクリアタイプのものではなく、出来るだけ手帳型やカメラ部分を普段は保護できる形状のものが好ましいです。

現状ではまだカメラ全体を保護するようなケースは見つけることが出来ませんでしたが、これだけ集合体恐怖症の反響があるということは次第にカメラ全体を保護するケースや、カメラを使うときだけ開閉するようなケースが登場することは必至だと思います。

現状あるケースから選ぶ場合でも、少しでもカメラ部をキレイに保護できるケースを選ぶようにしましょう!

スポンサーリンク