VtuberやVRChat用のオリジナル3Dモデルを制作してくれるモデリングサークル『モデリク』をご紹介します!【ワンオフ3Dアバター】

Vtuberで活動するためのオリジナル3Dモデルが欲しいなぁ!

Vtuberの活動をしていて、そろそろ自分の3Dモデルを持ちたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

でも、3Dモデリングを依頼するのって一体どこに頼めば良いのか分からない…。

そんな悩めるVtuberさんにお勧めしたいのが、完全依頼型の3Dモデリングサークル「モデリク」です!

え、ココナラとかそういうところで請け負ってるものと同じじゃないの?

ちっちっち、実はまったく違うんです!

その秘密は「モデリク」が請け負っている依頼の全ては現役の”VRChat”プレイヤーの方が制作しているという事にあります!

実は、通常の3Dモデラーさんってモデリング自体は請け負ってくれても3Dはアニメーションで動かすことが前提という認識の人がほとんど。

ましてや、人体キャリブレーションまで特化した3Dモデリングを手掛けてくれる人なんてほんの一握りというのが実情なんです。

人体トラッキングができるVtuberが流行りだしたのもここ最近だからね…。

 

VRに特化した3Dモデルがなかなか普及しない要因は様々ありますが、一般的にはVR機材が非常に高価ということもありモデリング料がVR機材よりも高く付いてしまうこと(赤字になり採算が取れない)

加えて、VR機材を所持していないとVR上で動作確認が取れないので、VRモデリングは専門外としているモデラーさんも多いというわけです。

採算が取れないコンテンツへの出費は避けたいのが本音よね…。

 

しかし『モデリク』は趣味でVRChatを始めた人達の集まり。まずは「本人たちがVRモデリング楽しむこと」を主体に活動しているため、利益をほとんど求めない制作活動が可能になっているんですね!

モデリクならではのメリット

  1. 実際にVR上で3Dモデルの挙動テストしてくれる
  2. フルボディトラッキングに対応したモデルを制作してくれる
  3. アニメーションの動作やマテリアル、シェーダーの確認をしてくれる
  4. アプリケーションに応じたマテリアル設定やシェーダー等を選択してくれる
  5. 作業は分担制かつ共同で行っているため、メンバーそれぞれの得意分野を活かしたモデリングができる
  6. 細かな指示やリテイクも可能

 

モデリクのメンバー全員がVRChatでモデリング経験を積んでいる

そもそも「VRChat」をご存知無い方にご説明しますと、「VRChat」とは、ねこますさんやミライアカリちゃんが動画で紹介したことで話題となった『VRソーシャルコミュニケーションツール』です。

自分自身がVR空間の住人として世界に降り立ち、『アバター』を通して世界中の様々な人達とボイスや身振りを使ったコミュニケーションを取ることができちゃうんです!

VRの世界で気の合う仲間と自由気ままに過ごすことができる「セカンド・ライフ」と似た特徴があります。

VRを持っていない方でもデスクトップモードとしてログインすることは出来ますが、VR機材を持っていると頭と両手両足、腰にそれぞれトラッキングポイントを追加することで最大6点トラッキングが可能で、全身をVRの世界に反映させることができます。

そのときに必要なのが3Dモデル(アバター)で、特にVRChatで使われるアバターは他のゲームなどに使われる3Dモデルとは違い、人体と3Dアバターとのキャリブレーション適正が正確なものでなければなりません。

例えば、MMDなどで使用される3Dモデルの場合。それをそのままVRChat内に持ち込んだとしても人体キャリブレーションを前提としていない3Dモデルの為、正常に動作する保証はありません。

酷いときには両足が変な方向に曲がってしまったり、腰が捻れたりとグロテスクな体型になることも…。

 

これはバーチャルキャストなどの他アプリケーションでも同様で、VRで使用する3DモデルはVR専用に調整された3Dモデルでなければいけません。

逆に、人体キャリブレーション適正が高い3Dモデルを使用することで自分の思い通りにアバターを動かすことができるので、VtuberなどのVR活動を本腰を入れてやろうと考えている方は、今後の活動における表現の幅が大きく変わって来ることは言わずとも理解して頂けると思います。

VR専用に調整された3Dモデルなら、自分の身体とシンクロ率100%で動かすことができますよ!

 

モデリクはVRモデリングが専門分野!

そこで「モデリク」のメリットが生きてくるわけです。

モデリクのメンバーは全員が「VRChat」プレイヤーなので、普段から自分の3Dモデルを制作・改変しています。

つまり、メンバー各々がVRモデリングに必要な独自のエクスペリエンスを持ち合わせているというわけです。

通常の3Dモデラーさんとは違い、常に新しい技術に触れているからこそ近年急速な成長を遂げているVRモデリングに対応することできるわけですね!

また、制作自体は依頼者の希望がない限りは分担制で行っているので、各モデラーさんの100%得意な部分だけを集めたハイクオリティなモデルに仕上げてくれるというのも大きなポイントです。

現在、鋭意制作中の3Dモデル「モデリクちゃん」

各モデラーさんの一番良いところの集合体が「モデリク」の3Dモデルの特徴です!

 

実際にVR機材を使ってモデルの挙動をテストしてくれる

そして、ここが一番のポイント!

モデリクの3Dモデラーさんは全員がVRChatプレイヤーであるということは、3Dモデルの挙動テストは実際にVR機材を使ってVR上で確認することができるということ。

これは、通常の3Dモデラーさんではなかなか対応できない超重要な部分!

実際にVR上での3Dモデルの挙動修正をリアルタイムに行えるのは、モデリク最大の強みと言ってもいいでしょうね!

リアルとバーチャルの体をシンクロさせることが極めて重要なVtuberさんにとっては、この部分はもの凄く重要なことです。

体に馴染まないアバターを使ってしまうと、例えば「立っているのに膝が曲がってしまう」「腕が伸び切らない」などの症状が出ちゃうのです…。

 

マテリアル?シェーダー?専門用語が分からなくてもお任せでOK!

専門用語とかよく分からないんだけど、大丈夫なのーー??

って人も結構いらっしゃると思うのですが、その点も安心してください。

先程も申し上げましたが、モデリクのメンバーは全員がVR環境を持っていて、なおかつ普段からVRChat内で活動している人達です。

各々が独自の3Dモデルを制作・販売している実績もあり、専門的な設定は全てお任せでOK!

実際に今まで依頼された方も、モデリングのことはさっぱり分からないという方が殆どなので難しく考えなくても全然大丈夫です!

ざっくりとしたイメージや、可能であればデザイン案を伝えるだけでもOKなので、まずは気軽に相談してみると良いですよ!

メンバーはVR初心者に向けた設定済みモデルなどを販売している方が多いので、専門的なことも詳しく教えてくれますよ♪

 

このように、『モデリク』では依頼者さんが専門知識を持っていなくてもVRChatやバーチャルキャスト等のVtuberとして活動するのに必要な3Dモデルを最適化した形で制作してくれます。

相談や見積もり自体は無料で行っているので、自分のVtuber活動用の3Dモデルが欲しいという方は一度相談してみてはいかがでしょうか!

あくまでも有志達によるサークルなので、気難しく考えずに気軽に相談できるのも嬉しいですね♪

 

所属メンバーの販売中3Dモデル

最後に、現在所属している各メンバーが現在販売中の3Dモデルをご紹介しておきますね!

ケーキさん

 

ネムタインさん

 

河童爺さん

 

シャオメルプリンさん

 

モデリク

モデリク:依頼品ポートフォリオ

 

モデリングの相談は公式HPの「問い合わせ」かツイッターのDMから出来ますよー!

リンク:3Dモデル製作サークル「モデリク」公式HP

Twitter:https://twitter.com/ModelingRequest

この記事を書いた人

スポンサーリンク