Oculus Quest2をPCVR化できる「Oculus Link」の設定方法とオススメのUSBケーブル選び!

うおー!テンション上がる!

”Oculus Quest”をパソコンに繋いでPC用のVRヘッドセットとして使える「Oculus Link」のβ版が実装されました!

今回は実際にOculus Linkを使ってみた使用感や、接続に使用したケーブルなどを詳しくお伝えしたいと思います。

動作スペック

Oculus Linkを使用するためには、Intel i5-4590 / AMD Ryzen 5 1500X 以上を搭載したミドルスペックPCが必要となります。

詳細はOculus公式サポートページに記載されていますが、GPUに関しても基本的にはGTX1060以上であれば殆どのグラボで動作するようです。

これは、SteamVRでいうところの「VR Ready」に相当するスペックになりますので、通常のPCVRが動く程度のPCスペックがあれば問題ありません。

 

インストール方法

さて、ここからは実際にOculus Linkを使用方法を順を追ってご紹介します。

まずは、Oculus公式サイトから専用のソフトウェアをダウンロードします。

OCULUS LINKから「ソフトウェアをダウンロード」を選び、OculusSetup.exeを実行しましょう。

データ容量は8GB近い大容量ファイルなので、ストレージに余裕を持たせておきましょう。

インストール中に使用するヘッドセットを選択できます。今回は”Oculus Quest”を使用するので「Quest」を選択します。

 

USB3.0ケーブルを使って接続する

上記の画面になったら”Oculus Quest”とPCをUSB-Cケーブルで接続します。

Oculus Linkを使ったパソコンとの接続には、基本的にはUSB3.0のケーブルが必要になります。

昨今のアップデートによりUSB2.0でも一応は使用可能となりましたが、転送速度に制限があるため快適に動作しない可能性がある警告文が表示されるようになりました。

なお、Oculus公式からは5メートルのOculus Link専用のUSB3.2 Gen1対応の光ファイバーケーブルが販売されていますが、条件さえ満たしていればサードパーティ製のUSBケーブルが使用できます。

ちなみに、オキュラス公式からはAnker製PowerLine USB-A to Cケーブルが推奨されているようです。

こちらはケーブルは長さが0.9m,1.8m,3.0mと3種類から選択できますが、実際に使ってみた感じだとルームスケールで遊ぶなら最低でも3mは欲しいですね。

着座であれば1.8mでも問題ないと思いますが、0.9mは明らかに短すぎです。

ちなみに、当初はOculusQuestに付属されているUSB-Cケーブルは使用することができませんでしたが、こちらもアップデートによりLink対応となりましたのでまずはそちらを利用するのも手だと思います。(USB2.0ですが)

 

接続が正常に完了すると、Oculusアプリの表示はこのようになります。

ステータス欄が●緑の丸ならOK。●赤の丸の場合は接続したケーブルが「USB3.0」に対応していない可能性があります。

この状態で”Oculus Quest”を被ってみると、PCと接続するかどうかの画面が表示されます。

英語表記ですがそのまま「有効にする」を選択します。これでPCとの接続は完了です。

画面がPCVR用のOculusホームに変更されていました。

第一印象としては、何よりも画質の鮮明さに驚かされます。さすが有線といいますか、コントローラーやHMDの追従性や遅延も体感ではほぼ感じられませんし、普通にPCVRだと言われても分からないレベルの完成度です!

とりあえず、検証用にOculusストアから「VRChat」をダウンロードして起動してみました。

もしPCが認識してくれない場合は、USB-Cケーブルを再度接続し直すか一度PCを再起動してみましょう。

PCVRかと錯覚するほどの綺麗な画質

画質は驚くほど綺麗です。

厳密にはPC専用のVRヘッドセットと比べると若干ボヤけている部分はありますが、見比べなければ分からないレベルです。有線なのでワイヤレス特有のブロックノイズなどもありませんし、これが元々はスタンドアロン型VRなのかと驚くほど発色も良く、綺麗に圧縮されています。

Oculus公式ブログによると、どうやら周囲の画質を劣化させる代わりに中央の画質を極力落とさない技術が使われているらしいです。

これでβ版というのですから驚きです。

 

映像遅延は殆ど気にならない

遅延はほぼありません。

体感ではPS4のコントローラーを有線で遊んだ場合とワイヤレスで遊んだ場合くらいの差しか感じられません。余程シビアなゲームでもなければ通常は遅延を感じることの方が少ないと思います。余裕の実用性です。

具体的な動作風景はTwitterをご参照ください。

 

発熱も少なくtouchコントローラーは操作性が抜群!

何がいいってこのコンパクトサイズかつ軽量の”Oculus Quest”でハイエンドPCゲームが普通にプレイできちゃうってことです。

ヘッドセットのパネルには「Oculus Rift S」や「VIVE COSMOS」でも搭載されていない高コントラストのOLEDを積んでいますし、処理自体はPC側がしてくれるので、ヘッドセット内部のCPUが発熱することもありません。

ぶっちゃけ、「VIVE Pro」より良いのでは?なんて思ったのは内緒です…w

”VIVE Pro”は重量が重いので長時間使ってると首が痛くなるし、フルトラせずに気楽にインする分には”Oculus Quest”くらいお手軽のほうが使い勝手がいいんですよね。

あと、地味にOculusTouchのアナログスティックがゆっくり移動できるので便利です!

また、ぶっ通しで4時間プレイしてみましたが長時間充電による熱暴走なども特にありませんでした。

そもそもQuest本体で映像処理をしていないためか熱暴走を起こすほど熱くならないので、長時間プレイする方でも問題なく遊ぶことができます。

 

PC内の音声は出力できる?マイクはどうなる?

サウンド類に関してはアプリ画面もしくはVR内で、「Windows出力」か「Quest出力」か選ぶことができます。

使用するマイクに関しても、Windows出力にしておけばPCに接続されている『コンデンサーマイク』や『ゲーミングヘッドセットのマイク』などをそのまま使用することができるので、新しく買い揃える心配もありません。

ただ、あまりに激しく動くのであればワイヤレスマイクやワイヤレスヘッドセットを検討されるといいかもしれません。

個人的にはLogicoolのG533がワイヤレスヘッドセットの中ではコスパも良くおすすめです!↓

 

「Oculus Link」で使用できるケーブルを検証してみた

Oculus公式ブログによれば「Oculus Linkに使用するケーブルは高速転送が可能でなければならない」といまいち定義が曖昧な言い回しになっているため、実際にどのケーブルが使用できるのか不鮮明でした。

そこで、ここでは様々な製品のケーブルを試してみてOculus Linkで使用できるのかを検証してみました。

最近のグラボだとUSB-C端子があるものも珍しくないので、まずはUSB C to Cのケーブルで検証してみます。

 

先日、ケーブルの長さをかさ増しするために延長ケーブルを使用したところ、動作が急激に重くなり遅延も明らかに酷くなりました。

どうやら、ケーブルの長さが足りないからと言って延長コードを使用するのはご法度のようです。

 

Oculus Quest付属のUSB-Cケーブル

まずはOculusQuestに付属されている純正ケーブル。これはTwitterでも様々な人が使用できないとの報告を上げていますが、実際にどうなのか検証してみました。

ちなみに、検証に使用したグラボは”GIGABYTE RTX2070 Windforce 8G”です。

結果、やはりダメでした。読込中のマークが変わることなく回り続けます。本体の充電ランプは点灯しているのでそもそもドライバーとして認識していないようです。

 

PD対応 UGREEN L字 USB-Cケーブル

続いて、PD対応の「UGREEN USB-Cケーブル」が使えるのか検証してみます。

60W 3Aまで給電できるPD対応品なので、これは期待できます。

これは意外な結果です。こちらもPD対応であれども読込中のマークが変わることなく接続することができませんでした。(要アップデート)

商品説明欄を見ていると、どうやらUSB規格については一切触れられていませんが転送速度480Mbpsなので中身は「USB2.0」ですね…。

充電ランプは問題なく点灯しているので認識自体はしているようですが、Quest付属のケーブルと同様にドライバーとして認識してくれませんでした。

PD対応品はモバイルノートPCも充電、データ同期もできる高性能USB-Cケーブルですが残念な結果となりました。

 

PD対応 Anker PowerLine II USB-C & USB-C

続いて、Oculus公式でもオススメされている「Anker PowerLine」の両端がUSB-Cになっているケーブルで検証してみます。

こちらも60W 3Aに対応しているPD対応品です。

結果、こちらも認識せず。(要アップデート)

このケーブルも”Oculus Quest”本体を充電することはできますが、ドライバーとしては認識していないようです。

あとで気付いたのですが、こちらのUSB-C to Cのケーブルは、同じ「Anker PowerLine」シリーズではあれどもUSB2.0規格のようです。

PD対応云々よりも「Oculus Link」を使うためのUSB3.0ではないことで、今回は弾かれた可能性が高いですね。

 

PD対応 Mauknci type c to type c ケーブル

こちらは、MauknciというメーカーのUSB3.1 Gen2対応の両端がUSB-Cになっているケーブルです。

100W 5Aの大容量に対応したPD対応品です。

結果、こちらは正常に認識しました。

こちらのケーブルはUSB3.1 Gen2に対応しているので、「Oculus Link」に必要なUSB3.0をクリアしています。

規格さえパスしているなら、端子の形状はtype Cだろうとtype Aだろうと関係なく動作するようです。

ただ、USB3.1 Gen2対応のケーブルは一般的なUSB-Cケーブルと比べて太くて硬いので、取り回しがし辛いかもしれません。

あと50cmは短すぎです。

 

USB-C 3in1 巻取り式ケーブル

せっかくなので、USB-Aタイプのケーブルでも検証してみました。

MicroUSB・Lightning・USB-Cの端子を三種類から切り替えられるアタッチメント付きの巻取りケーブルで検証してみます。

こちらは中華製の激安ケーブルで、中身はUSB2.0規格のものです。

結果、やはり接続できませんでした。

今までの検証から「USB2.0」は全て接続できていなかったので大体の予想は付いていましたが、×印が出るは初めてでした(笑)

一応データ同期はできるケーブルなのですが、給電力も全く足りていない感じがします。

電圧テスターで見ても5Wも出ていないので、Oculus Linkで使うには厳しいと思います。

 

Rampow USB Type C ケーブル

最後にUSB3.0対応、QuickCharge3.0に対応した「Rampow USB-Cケーブル」を検証してみます。

こちらも問題なく使用できました。

このケーブルはUSB3.0に加え、QuickCharge3.0に対応しているので急速充電に対応したポートさえあれば「Oculus Quest」のバッテリーを充電しながら無限使用することも可能です。

対応ポートがあればこのケーブルはかなりおすすめですね!

座って使うのであれば長さは2mのものを購入すれば、十分実用できると思います。

 

Oculus Linkで使うケーブルは「USB3.0」が必須!USB2.0は動くけど微妙かも

今回の検証で分かったことは、”Oculus Link”に使用するケーブルが「USB3.0規格」に対応していることが大前提で、条件さえ満たしていればUSB-CでもUSB-Aでも問題なく使用できるということです。

サードパーティ製のケーブルを購入する際には、商品説明欄に「USB3.0」の記載がされているかを確認してくださいね。あとは好みで長さのケーブルを選定すれば問題ありません。

USB3.0の表記がない場合は転送速度を確認してください。

転送速度480Mbpsと書かれている製品は『USB2.0』です。

なお、USB2.0でも動作することはしますが、転送速度の問題から動作が安定しなくなる恐れがあるばかりか給電能力の低いケーブルを選んでしまうと十分な動力が確保できずにバッテリーが早く減る原因にもなります。

使用するケーブルはできるだけ「USB3.0」対応のものを使用するのがおすすめです!

 

また、PC側のUSBポートも急速充電に対応したポートを使用しないと、”Oculus Quest”使用中にバッテリー残量が少しずつ減っていくのを確認しました。これはPCの給電力より”Oculus Quest”の消費電力が上回っているせいですね。

とはいえ、僕のプレイした限りでは通常充電で4時間で16%しか減っていなかったので、給電力に関してはそこまで心配する必要はないと思います。

VR睡眠など長時間で使用する予定の方や、ほぼ24時間使うなどハードな使い方をしなければ特に問題ないでしょう。

まぁ急速充電が必要になっても、最近だとグラボ側に急速充電に対応したUSB-Cポートが付いている機種も多いので、そこから接続するという方法も取れますしね。

「Oculus Link」を使用する予定の方は、その辺りもぜひ一度確認してみてください。

 

結局どのケーブルがオススメなの?

どのケーブルを買えばいいのか分からない方は、とりあえずOculus公式からも推奨されているAnkerのケーブルを使用するのが無難だと思います。

USBケーブルは長ければ長いほど外部のノイズの影響を受けやすくなるので、自分の用途に合わせたものをチョイスするようにしましょう。

PCVRのように長ければ長いほど正義というわけでもないですからね。

あと、もし激しい動きやVR睡眠などしてケーブルが断線しても、USB-Cケーブルなら安価で買えちゃうのも嬉しいよね!

Oculus LinkでSteamVRをプレイする

”Oculus Link”を使って「SteamVR」でも遊びたいという方はこちらの記事も一緒にどうぞ!

 

Oculus Linkの関連記事

 

VRCがぬるぬる動くPCが欲しい方へ

この記事を書いた人

スポンサーリンク