「Valve Indexコントローラー」をVRChatで使ってみての使用感レビュー!

ねんがんのIndexコンをてにいれたぞ!

遂に日本での発売日が決定し、5本の指をトラッキングできることで話題の「Valve Indexコントローラー」ですが、今回は海外流通品を入手する機会を頂きましたので外観や装着感、「VRChat」での使用感をレビューしていこうと思います!

まずはさくっと外観から見ていきましょう!

外観

第一印象は『クソデカイ』です。

これ、本当にコントローラーだけの箱なのかっていうほどデカイです。VRの製品全般に言えることですが、箱の置き場に困るのでもう少しコンパクトにして欲しいですね。

箱を開けると中身がドーン!

VRコントローラーは形状が独特なのでインパクトがありますね!説明書の紙箱はマジックテープで固定されていました。

付属品は「USB-C充電ケーブル,ストラップ,セットアップガイド,取扱説明書」です。

そうそう、Indexコンは充電端子がUSB-Cなんですよね!

VIVEコンのMicroUSBがなかなか挿さらずにいい加減うんざりしていたので、個人的に充電端子がUSB-Cになったのは超嬉しいです!

なんかセットアップガイドが沢山あるように見えますが、言語違いなだけで中身は同じです。

カラフルなのでメモシールみたい。

説明書も分厚いですが、こちらも言語違いで厚みがあるだけです。内容は10ページくらいしかありません。さくっと読めるのでよき!

Indexコントローラー本体を取り出して見ていきます。

まずはメインボタン。ぱっとみはOculus Touchっぽい印象で、内側に『ABボタン』真ん中に『スライドパッド』外側に『アナログスティック』が配置されています。

Aボタンとタッチパッドの下にある小さいボタンは電源ボタン。ON・OFF音はVIVEコンと同じ音なので耳に馴染みます。

あとで詳しく紹介しますが、実は電源以外のボタン全てがタッチセンサーとして機能します。

この位置には自然と親指が来るように設計されています。タッチセンサーなので👍などのハンドサインをする際には指を離す必要があります。しかも、親指の触れているボタンによってVRChatではアバターの指の位置が微妙に変わるので芸が細かいです。

裏側には人差し指で押し込むトリガーが配置されています。こちらもタッチセンサー搭載なので指が触れている、触れていないを識別するようになっています。これまた芸が細かいです。

コントローラー下部にあるボタンのようなものは、手を固定するストラップの長さを調整する留め具になっています。

ユニクロのパーカーとかにある押しっぱなしで紐を調整するアレです。色んな意味で馴染みがありますね。

引っ張りすぎると抜けちゃうので注意。

手を固定するストラップは低反発ファブリック素材なので、非常にしなやかで手の甲が痛くなることもありませんでした。

地味に滑り止めのゴムが配置されているのもいい感じ。ゴムアレルギーの方は要注意!

ちゃんと技適マークがあるので堂々と使っていけますね!

コントローラー下部には充電用のUSB-C端子が配置されています。USB-Cは正義!

着用感

見ているだけではアレなので、早速装着してみましょう!

持った感じ「Oculus Touch」にかなり似ています。これは手に馴染みます!

オキュラスとの違いは、指が触れている部分は全てタッチセンサーになっているところです。特に握り込むグリップの部分は感圧式センサーが幅広く配置されいる贅沢な作り込み。でも僕みたいな手の小さな人には指の位置が定まらないのでちょっと辛いかもしれません。

特に小指は薬指と誤認されやすいので少しコツが必要です。

あと、手に固定した状態だと電源ボタンが押しにくいです。電源機能だけならこれでいいんでしょうけど、SteamVRの場合はシステム画面を開くときにこのボタンを使うので、ここはマイナスポイントですね。

ストラップをしっかり着けると手を広げても落ちることはありません。この状態で手首をぐるんぐるんしても大丈夫。

無駄に指をバタバタしてみる。

ここで他のVRコントローラーと大きさ比較をしてみましょう。

左から『Indexコントローラ』『Oculus Touch』『VIVE Proコントローラ』です。

前に「IndexコンはVIVEコンより大きいよ」って聞いたことがあるのですが、実際はそんなことはありませんでした。

横幅はVIVEコンよりありますが、長さは短いのでそこまでゴツい印象はありませんね。

というか、Oculus Touchが小さすぎてQuestといいオキュラスの凄さがよく分かります。電池式だから軽いしね。

 

SteamVRを使ってペアリングしてみる

それでは、いよいよSteamVRを使ってPCとペアリングしてみます。

ここではSteamVRを既にインストールしている前提で話を進めていきますね。

まず、最初にSteamVRを右クリックして「コントローラーのペアリング」を選択します。

上記のような画面が表示されますので、右下にある「他のタイプのコントローラーをペアリング」を選択します。

どのコントローラーとペアリングするか選ぶ画面が表示されますので、「Indexコントローラー」を選択します。

ペアリング画面が表示されますので、一度コントローラーの電源を入れてから画面のように「Bボタン」と「システムボタン」を押し続けましょう。

VIVEコンのような『ピコー』『ピローン』みたいな音がすればOKです。

ステータス画面を見てIndexコントローラーが正常にペアリングできていれば準備完了です!

 

VRChatを「Indexコントローラー」でプレイしてみての使用感

準備も整ったので早速VRChatにログインしてみます!

基本的な操作は「Oculus Touch」に非常によく似ています。

アナログスティックで移動。Bボタンでメニュー表示。右手スティックの押し込みでジャンプ。人差し指トリガーで選択決定。

物を持つときとカメラを掴む時は、感圧センサーのグリップ部を指で包み込むように持つと掴むことができます。その状態で人差し指トリガーを引くと撮影です。

感圧センサーは軽めの力でも反応しますが、包み込むように掴まないと反応してくれないので少しコツが必要です。

物を持つ時も同様で、掴んでいる間だけ有効なオブジェクトだと長時間持つのは普通のグリップ操作よりも少ししんどいです。この辺りは5本指トラッキングの良いところでもあり悪いところでもありますね。

なお、感圧センサーは指を近付けるだけでも反応するので、指を少しだけ曲げたりなんてことも可能です。物理距離を感知してるのかな?

スライドパッドは今のところ、VRChatでは使えないみたい。

とりあえず色々やってみましたが、特定のアクションが起こることはありませんでした。

 

大きく違うのはオーバーライドの切り替え

ここまでの操作はOculus Touchとそこまで違わないのですが、Indexコントローラーの大きな特徴はアニメーションオーバーライドのやり方と切り替え方法です。

Indexコントローラーでは、実際の手をハンドサインの形にすることでオーバーライドを表示します。

つまり、👍サムズアップを表示したいときは現実の手もサムズアップに。👉フィンガーポイントを表示したいときは現実の手もフィンガーポイントにしなければなりません。🤟ロックンロールとか出しにくくてしょうがありません。

これがかなり厄介で、適当に指をバタバタさせていると意図しないオーバーライドが表示されることになり、常に情緒不安定なやつと烙印を押される可能性があります。

いや、実際はそこまで変なやつ扱いはされないでしょうが、意図しない表情が出るのは自分自身が許せなくなりますよね?

その防止策として、左手のアナログスティックを押し込むごとにハンドサインによるオーバーライドの有効化・無効化を設定することができます。

オーバーライド無効中は、VRヘッドセット内に上記のようなアイコンが表示されます。この状態では表情(オーバーライド)を変えることなく自由に指を動かすことができます。

また、この操作は表情を変えたあとに表情を固定する方法としても使えるので、しいたけ目で固定して👍サムズアップをしたり、笑顔のまま🤟ロックンロールをしたりと、使い方によっては表現の幅が大幅に広がるでしょう!

さらに、右手と左手のオーバーライドをミックスして使う『表情ミックス』をして固定することも可能なので、今までにない表情で様々な表現が可能になるのは間違いありません。

表情のバリエーションを増やしたい、Kawaiiムーブなど極めたい方は現状ではIndexコントローラー一択でしょうね。

 

あ、それと現状では✌️ピースサインをすることができませんので、この辺りも気にする方は加味する必要があると思います!

ただし、万人向けデバイスかと言われると怪しい

ここまで言っておいてなんですが、僕は「Indexコントローラー」はかなり人を選ぶデバイスだと思っています。

理由はハンドサインの難しさ。オーバーライドの切り替えの面倒臭さ。そして思ったより指の位置判定がシビアで、少しセンサーに触れただけでも指が動いたり表情が変わってしまったりと慣れるまでにかなり戸惑う部分が大きいからです。

特にVIVEから「Indexコントローラー」に乗り換える方は操作性がまるっきり違うので、最初はVIVEコンに戻りたいと思う方も多いと思います。

僕も触って数時間であまりの使いづらさにVIVEコンをセットし直しましたからね…。

しかし、先ほど記載した通り「Indexコントローラー」には他のコントローラーには決してできない表現力の高さがあります。

操作が簡単で誰でも楽に扱えるのは確実にVIVEコントローラーです。

しかし、Indexコントローラーは使い方次第では今までにないあらゆる表現が可能になると思っていますので、購入を検討中の方はどうか購入を焦らずにメリット・デメリットを見極めて頂ければと思います。

 

その他、気付いたこと

最後に箇条書きにはなりますが、Indexコントローラーを使って気付いたことを書き記しておきます。

 

「Playspacemover」は問題なく使用できます。デフォルト設定か忘れましたが、僕の環境下ではBボタンを押しながらで移動できました。

・「VR飲み会」のときにコップや缶を持つことはできません。コントローラーが干渉しまくるので飲むときはコントローラーを置きましょうね。

・「Indexコントローラー」を持ったまま、キーボードをタイプすることはできません。これもコントローラーがキーボードに干渉してしまうためです。こういうときは「OVR Toolkit」を使いましょう。

・どちらの手のオーバーライドが優先されるのか不明です。これは現行の仕様かもしれませんが、僕が試した限りだと右手と左手のオーバーライドの優先先が毎回違っていました。ちょっと情報不足なので分かり次第追記します。

オーバーライドの固定はスティックから「Aボタン」に置き換えると格段にやりやすくなります。僕は両手のAボタンを表情固定に設定しています。(SteamVRのコントローラー設定から変更できます)

販売リンク

ツクモネットショップ:Valve Index商品一覧

ドスパラ:Valve Index商品一覧

 

この記事を書いた人


 

カテゴリー:VRChatへ

 

VRChat,Vtuberを始めたけどオリジナル3Dモデルが欲しい方へ!

VRCがぬるぬる動くPCが欲しい方へ

スポンサーリンク