【VRChat】HTC VIVEトラッカーを腰や足に装着するのにオススメの方法をご紹介します!

こんにちは!シロです!

先日、VRChatでフルトラッキングをするために購入した「HTC VIVE Tracker 2018」

VIVEトラッカーとは、HTC VIVEのトラッキングポイントを増やすことができるアクセサリーで、これを足や腰に装着してVIVEの追加トラッカーとして認識させることで全身の動きをゲーム内に反映させることができるという画期的なアイテムです。

しかし、VIVEトラッカーは写真のように独特な形状をしているため、買ったはいいけど実際にどのように装着すればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ツイッターや知人の話をもとに僕が実際に使っている固定具や装着方法をご紹介していこうと思います!

 

「VIVEトラッカーを購入したのはいいけど、腰や足にうまく固定する方法がわからない!」といった方は是非参考にしてみてください!

ちなみに、あの独特な形状はセンサーがたくさん入っているから仕方のないことなんですって…!

腰トラッカーを入れると何が出来るようになるの?

そもそも、腰にVIVEトラッカーを追加することでVRChatでは何が出来るようになるのでしょうか?

HTC VIVE単体では、頭と腕だけしかトラッキングポイントがないため、頭が動くとそれに釣られて足まで一緒に動いてしまいます。

しかし、VIVEトラッカーを腰に追加することで、VRChatでは頭の動きによる関連性は腰までで遮断され、足の動きは腰のトラッカーに依存するようになります。

 

つまり、HTC VIVEだけでは【頭+腰+足】までが一貫して連動しているのに対し、腰トラッカーを追加ですることで【頭】と【腰+足】の二分割されるわけです。

 

これにより、より細かい動きが可能となり頭と背中だけを前に倒して”お辞儀”をしたり、前を向いたまま上半身だけ違う方向に振り向いたり腰だけを左右に揺らしてkawaiiムーブをすることだって可能になります。

腰トラを付けると上半身は大体自由に動かせるようになります。

腰トラッカーの装着方法

腰にVIVEトラッカーを装着する手段は様々ありますが、僕がオススメするのは「ウエストポーチ」にトラッカーを固定する方法です。

先に僕が実際に使用しているウエストポーチのリンクを載せておきますね。

こちらのウエストポーチ、なんと送料込みで約600円で買えちゃいます。(安くね?)

「とりあえずトラッカーが固定できればいいやー」のノリで買っちゃいましたが、これがまさかの大当たり!

カラーは3色でワンタッチバックル式なので脱着が凄くラクなんです!

特に僕がこのウエストポーチを買ってよかったと思った理由を4つ挙げてみました!

ウエストポーチのここが良い!

  • 脱着がラク
  • 固定がラク
  • 軽量で重くない
  • モバイルバッテリーが入る

 

まずは脱着ですが、このウエストポーチはワンタッチバックル式(リュックサックとかに採用されているアレ)になっているので最初に長さを決めてしまえば、再度身につけるときに調整する必要がありません。

脱着はバックルをパチっとはめるだけでOK

そして、このウエストポーチはポーチの部分がケチ臭く極小設計になっているので、VIVEトラッカーを装着するときにポーチの膨らみが妙にモコモコしたり邪魔になったりせずに、しっかりと固定することが出来ます。

この装着感の良さも、このポーチならではのメリットでしょうw

固定はウエストポーチの上にVIVEトラッカーを置いて、後ろから突起の部分に輪ゴムを掛けるだけでOK!

トラッカーの固定に関しては、結束バンドを使用する方法や、トラッカー裏側のマウントアダプターから固定する方法などいろいろありますね。

しかし、いくつか方法を試してみましたが、結束バンドはカットした部分が腕に当たったときにチクチクしますし、マウントアダプターを使用すると裏面がお腹を地味に圧迫してくるので個人的にはあまり好きにはなれませんでした…。

 

そんな中で活躍してくれたのが輪ゴムです。

輪ゴムなら素材自体が柔らかく軽量ですし、伸縮性があるのでかなりガッチリと固定できます。

おまけに100均で300本入りの物でも買っておけば、もしゴム自体が切れてしまってもいくらでも替えがききますし、カラーのものなら輪ゴム特有のチープさもそれほどありません。

 

トラッカーに輪ゴム。実はかなりオススメの固定方法です(*´∀`*)

 

ちなみに輪ゴムでVIVEトラッカーを固定する場合は、3つの輪ゴムを用意してトラッカーの後ろから各突起に向かって掛けるだけでOK!

固定バンドがしっくり来ない方はぜひ一度お試しあれ♪

 

そして、このウエストポーチを使用する一番のメリットがモバイルバッテリーも同時に装着できることです!

このポーチ、スティック型のモバイルバッテリーが丁度入る大きさなんです♪

これも同じくヤフーショッピングで購入したものですが、今って2600mAhのモバイルバッテリーが500円程度で売っているんですね…。

別にトラッカー用に購入したわけではありませんが、結果的に凄く役に立ちましたw

 

ちなみにVIVEトラッカーのバッテリー容量が1500mAhらしいので、このモバイルバッテリーで約1.7回の充電が可能です。

単純計算で約16時間ほどの連続使用ができるようになるので、長時間VRChatをプレイする方にとってはこれは結構強いのではないでしょうかw

ポーチ部分は2つありますので、2個入れると24時間ぶっ通しで使用することもおそらく可能ですw

短いケーブルを使用すれば装着時でも全く邪魔になることはありませんよw

とりあえず、腰トラッカーにウエストポーチはかなりオススメなので参考にしてみてください!

 

では続いて、足にトラッカーを装着する方法とそのメリットについてご紹介しますね!

 

足トラッカーを入れると何が出来るようになるの?

足にトラッカーを入れることで【腰→足】にかけてトラッキングすることが可能となります。

腰にトラッカーを入れただけの場合ですと、上半身は自由に動かすことが出来ますが足は腰に追従するように動きますので、例えば片足立ちをしたり寝っ転がったりすることは出来ません。

両足分(2個)のトラッカーが必要となりますが、足トラッカーを導入すれば腰トラと合わせて全身すべてを使ったトラッキング(フルトラッキング)が可能となりますので、自分の思い通り姿勢やポーズをゲーム内に反映させることが出来ちゃうわけです。

フルトラッキングを利用すればフュージョンだって何のその!

もちろん、腰と両足分で合計3つのVIVEトラッカーが必要となりますが、これだけの自由度が広がるのであれば個人的には余裕で元が取れる選択肢だと思っています。

フルトラッキングになるとVIVE単体では体験できない「キャラクターになりきった感」を味わうことができるようになりますよ!

 

足トラッカーの装着方法

足にトラッカーを装着する方法ですが、こちらはクロックスなどの穴あきサンダルにトラッカーを固定する方法が一般的のようです。

 

この穴の空いた部分に、このようなマウントアダプターを固定するだけで完了です。

実際に着用するとこんな感じになります。

確かにこれはこれで使い勝手が良さそうですね!

しかし、クロックスの場合ではクッション性が皆無なので、かかとや足の裏が痛くなる可能性が高い…。

(あとクロックスは意外と蒸れるのです)

 

というわけで、僕がオススメしたいのがスリッパにVIVEトラッカーを装着する方法です!

スリッパならクッション性も抜群!

基本的に装着方法はクロックスと同じでマウントアダプターを購入して穴を開けて固定するだけですが、僕は念の為またも輪ゴムで補強していますw

しかも、スリッパならクッション性も抜群ですし、指先の部分が出ているので蒸れる心配もありません!

おまけにフローリングでも足音が響きませんし、スリッパ自体が軽いのでベッドやソファーに寝っ転がっても違和感もなし!

しっかり履けば途中で脱げる心配もありませんし、個人的にはかなりオススメの方法ですよw

スリッパなら安いもので100均でも売ってるし、お手軽に買えるのも魅力の一つです♪

 

あとがき

以上、腰と足にVIVEトラッカーを装着するメリットと個人的にオススメの装着方法のご紹介をしてきましたが、いかがでしたか?

 

VIVEトラッカーは、VRChatを100%楽しむために必要不可欠なアクセサリーです。

トラッカーの装着方法には様々あると思いますが、ひとつの参考として見て頂ければ幸いです!

それではよきVRライフを!

 

関連記事

VIVEトラッカーのセットアップが上手くいかない方、○○を見逃してないですか?

スポンサーリンク