日本人はどこ?VRChatで日本人が多いワールドをご紹介します!

こんにちは!バーチャルブロガーの琥珀です!

最近、いろいろなVtuberの方がオススメしているVRChatが話題となっていますね!

特に『のじゃロリ狐娘YouTuberおじさん』こと『ねこます』さんがVRChatを宣伝してくれたおかげで、興味を持つ人が増えて一気に注目されるようになりました。

VRChatは基本プレイ無料だし、VR機器が無くても出来ますから

「よーし、じゃあ自分もやってみよう!」と気軽にインストールされる方も多いと思います。

(かくいう僕がそうでしたからw)

 

しかし!

 

いざVRChatを始めてみたのはいいものの、説明はすべて英語!

チュートリアルも無しにいきなりワールドに放り出される!

そして訳のわからない外人さんから英語で話しかけられて超パニック!

 

ただでさえボイスチャットに慣れていない僕にとっては本当にハードルが高くて、正直ちょっと尻込みしてしまいましたよ…。

こんな感じで、VRChatに興味を持ったのは良いものの、結局意味が分からないままプレイしなくなる初心者さんも残念ながら結構いらっしゃると聞きます。

 

そこで今回は、VRChatを始めた方向けに日本人がたくさん居るワールドをいくつかご紹介していきます!

 

日本人が多いワールド

基本的にWikiにはJapanの付くワールドには日本人が多いと書いてありますが、実際には少しその情報は古く、現在では日本人はパブリックワールド(公開ワールド)ではなくフレンドオンリーでプレイしている人が比較的多い印象です。

とはいえ、パブリックワールドにも日本人が多く集まるワールドは存在しますので、これからVRChatを始められる方は、まずはこれからご紹介するワールドに行ってみることをオススメします。

 

Fantasy Shukai jou

今一番日本人が多いと言われているワールドです。

そもそもが日本人向けに作られたワールドで、通称「ファンタジー集会所」といいます。

その名の通り、まるでモンハンの集会所のようなファンタジー感溢れるワールドで、日本人に会いたいならまずはここに行ってみよう!というほど定番ワールドとなっています。

取材に訪れたときは人が4,5人しか居ませんでしたが、こちらもVRCのゴールデンタイム(21時〜24時頃)では、20人以上集まることもよくあります。

ちなみに、こちらのワールドも外国人の方もよくいらっしゃいますが、皆さん基本的には日本語がお上手な方が多い印象です。

基本操作のことから些細なことまで、分からないことは丁寧に教えてくださる親切な方ばかりなので、『とりあえずVRChatを始めたよ!』という方は、まずはファンタジー集会所に行くことをオススメします!

基本操作が分からない方も近くの人に『今日からVRChatをはじめました!』と声をかけると親切にやり方を教えてくれると思いますよ!

 

1619Hz

一昔前までは一番日本人が多いと言われていたワールドです。

「VRChatを始めた日本人の初心者の方向けに、まずはVRChatに慣れてほしい」という趣旨で作られたワールドなので、以前ほどではありませんが、まだまだ日本人が多く集まるワールドとして定番化されています。

最近では韓国の方もよくいらっしゃるので、多文化交流をしたい方にもオススメですよ!

(日本語が上手な外国人が多い印象ですね)

 

実は、今回この記事を作成するにあたって「これからVRChatを始められる方に向けて記事を作りたいので、日本人が多くいるワールドを教えてください!」といろいろ質問させてもらったのも、こちらのワールドの方々ですw

画像はその時にご一緒させて頂いた方を掲載させてもらいました!(ちなみに皆さん日本人です!)

 

出会ってすぐでもこのような集合写真が撮れる!皆さん温かい方ばかりですよw

撫でられまくりながらインタビューをする琥珀…w

ワールド検索に「1619」と打つだけで出てくるので、すごく簡単で分かりやすいですよ〜♪

 

Other Wordly Bar〈異世界酒場〉

1619Hzに続いて、こちらの『異世界酒場』も日本人の方が多く、様々な人々に愛されているワールドのひとつです。

というのも、こちらのワールドも1619Hzと同様に日本人の方が制作されたワールドなのですが、驚くべきはその世界観と設定へのコダワリ。

 

なんと、ワールド専用のホームページツイッターアカウントまで存在する、凄まじく力の入ったワールドとなっているのです!

異世界酒場へのアクセス

HPリンク:VRChat『異世界酒場』

ツイッターアカウント:異世界酒場(VRC)

 

ホームページにはイベントの開催日や、酒場のメンバーズ紹介などが掲載されており、様々なロールプレイング要素がぎっしりと詰まっています。

そんなクオリティの高い世界観も人気の理由のひとつなのでしょう。

その成果もあってか、現在ではツイッター等のSNSで拡散が拡散を呼び、日本人御用達の人気スポットとなっています。

※以前は限定された日にちのみ開放されていた限定ワールドでしたが、現在ではパブリック化されて誰でも気軽に集まることが出来ます。

また、水菜さんという方が酒場マスターをやっておられますので、運が良ければ出会えるかもしれませんよw

「異世界の人々とワイワイ交流できる酒場」がコンセプトなので、気軽に立ち寄ってみるといいと思いますよ♪

 

Japan Shrine

現在閉鎖中です!

こちらはWikiで紹介されているワールドの一つ。

通称「Japan神社」と呼ばれる神社をモチーフとしたワールドです。

 

テクスチャのクオリティも高く、純和風の漂うワールドとなっていますが、最近だと韓国人の方が集まるワールドとなっています。

ただ、Japanと付くだけあって日本語がお上手な方が多いので、日本語しか話せない方でも案外普通に会話ができるワールドなので、気軽に通えるのも特徴的と言えるでしょう。

僕もよくこのワールドには出入りして、今流行りの韓国の話を聞かせてもらっていますw

日本語しか話せないけど多文化交流したいという方にはピッタリのワールドだと言えるでしょう。

 

Japan Town

こちらもwikiで紹介されているワールドで、日本の街をモチーフに作成されたワールドです。

最近だと日本人はやや少なめですが、時間帯によってはちらほら見かけますね。

ただ、こちらのワールドは重いアバターやエフェクトのテストワールドとして扱われることも多く、残念ながらあまり治安がいいとは言い難いのが現状のようです。

実際に僕もこのワールドに移動した瞬間に、超巨大アバターに踏み潰されそうになりました…。

良くも悪くもカオスを楽しむワールドになっていますので、初心者の方は少しVRChatに慣れてから行くのが賢明かもしれません。

場合によっては変な人に絡まれるケースもありますので、ブロック機能を覚えてから行くのがいいでしょう。

 

日本人がいるワールドは日々変化している

現在では1619Hzや異世界酒場が日本人がよく集るワールドとして定着していますが、VRChatの世界では日々多くのワールドが誕生しています。

そのため、いつ日本人が集まるワールドが変わるのか分からないのが現状です。

そういった情報をいち早くゲットするためにも、出来るだけツイッターを利用することをオススメします。

 

検索から「#VRChat」や「#VRChatはじめました」などで検索すると、日本人の方のVRChatアカウントが数多くヒットしますので、そこから現在流行りのワールドを調べることも可能です。

また、自分からフレンドさんが欲しい場合には「#VRChatはじめました」のタグを付けてツイートすると、同じくVRChatでフレンドを探している方から良くリプライを頂けます。

 

このように、VRChatゲーム内でもツイッター上でもフレンドさんを増やしておくと、フレンドオンリーのワールドにも誘ってもらえる機会が増えますので、積極的にフレンドさんを増やしておくことをオススメします。

SNSを上手く利用していくのがVRChatを楽しむコツですよ!

 

あとがき

以上!VRChatで日本人が多いワールドをご紹介してきました!

 

VRChatは元々は海外のゲームなので、最初はなかなか日本人が見つからずに一歩引いてしまうかもしれませんね。

しかし、上記でご紹介してきたように日本人が多く集まるワールドも存在しますし、慣れてくると外国人の方にも話しかけてみると色々な情報が知れて本当に面白いですよ!

また、しゃべるのが苦手という方でも手を振ったり頭を撫でたりとジェスチャーで意思疎通できることも多いので、まずは恐れずに簡単なコミュニケーションからチャレンジしてみることをオススメします♪

 

「どうしても見知らぬ人と話すのが苦手!」という方は、無言勢という喋らないでゲームを楽しむ方も大勢いらっしゃるので、気負いせずにまずは気軽にVRChatの世界へ身を投じてみるといいと思いますよ!

 

関連記事

カテゴリー:VRChatへ

VRchatやバーチャルキャストをやるならWindowsMRで!安価でVRゲームが出来る「Acer AH101」を購入レビュー!

 

意外と高スペックPCが必要!?VRchatをVRでやるのに必要な最低PCスペックを検証してみた!

 

【VRChatで検証】VR機選びの基本はトラッキングにあり!HTC ViveとWindowsMRを実際に購入したので比較レビューしてみた!

この記事を書いた人


スポンサーリンク