VRChatでゆかりねっとを使って自分の声をボイスロイドに喋ってもらう方法!

 

VRChatに興味あるけど、自分の声で話すのは恥ずかしい…。

 

そんな方にオススメなのが、「ゆかりねっと」というソフトを利用して音声チャットをする方法です。

ゆかりねっと とは?

話したい言葉や打ち込んだ文字を、VOICEROIDなどの音声ソフトが自分の代わりに話してくれるソフトです。

 

「ゆかりねっと」の参考動画をご用意しました。

 

例えば、自分がマイクに向かって「こんにちは」と言えば、ボイスロイドがVRChat上で代わりに「こんにちは」と言ってくれます。

感じとしては、ボイチェンに近いものだと思ってもらえればいいです。

ここでは、VRChatで「ゆかりねっと」を使用するための方法を分かりやすくご紹介していきます。

あくまでも自分が試してみた方法となりますので、他に効率的なやり方があるかもしれません。

参考の一つとしてお考えください。

 

準備するもの

VRChatで「ゆかりねっと」を使用するためには以下のソフトを用意しておきましょう。

準備するもの

  • VOICEROID または 棒読みちゃん等の音声出力ソフト
  • ゆかりねっと
  • Google Chrome(ゆかりねっとの音声エンジンに使用)
  • “Voicemeeter Banana”(仮想オーディオデバイスとして使用)

 

VOICEROID等の音声出力ソフト

「ゆかりねっと」は、あくまでもマイク音声や手打ち文字をしゃべらせるためのツールです。

当然、別途で音源になる『ボイスロイド・棒読みちゃん・CeVIO等』の音声ソフトが必要となります。

今回は以前から僕が持っていた CeVIO さとうささら を使用します。

 

ゆかりねっと

VRChat内でお話するために使用するツールです。

ダウンロードリンク:http://www.okayulu.moe/

 

Google Chrome

言わずと知れたグーグルの人気ブラウザ。

一見すると無関係に思えるソフトですが、「ゆかりねっと」ではGoogle Chromeに搭載されている音声認識システムを使用するため、インストール必須となっています。

詳しい設定方法は後ほどご紹介します。

ダウンロードリンク;https://www.google.com/intl/ja/chrome/

 

Voicemeeter Banana

こちらは本来オーディオミキシング用に使用するソフトですが、今回は同梱されている仮想オーディオデバイスだけを使用します。

(Banana本体は使用しません。)

ダウンロードリンク:https://www.vb-audio.com/Voicemeeter/banana.htm

 

使用手順

まず、上記でご紹介した4つのソフトをダウンロード・インストールしましょう。

 

①Google Chromeの設定

続いて、Google Chromeの検索窓から

chrome://settings/content/microphone」を開きます。

すると下記のようなマイク設定の画面が出てきますので、自分の使うマイクを選択しましょう。

ここで設定したマイクが、実際に「ゆかりねっと」で検知されるマイクとなります。

 

②ゆかりねっとの設定

続いて、「ゆかりねっと」を起動します。

すぐに使ってみたいと思うことでしょうが、まずは初期設定が必要なので画面右上にある『設定』を選びましょう。

Google Chromeの実行ファイルを指定する欄に、Google Chromeの実行ファイルを指定します。

これにより、ゆかりねっとにてGoogle Chromeで使用されている音声認識システムが使用できるようになります。

 

③VOICEROID等の音声ソフトの設定

次に、VOICEROIDなどの音声ソフトを起動します。

「ツール」→「オプション」からオーディオデバイスを選択して「VB-Audio VoiceMeeter」を選択します。

 

④システムオーディオサウンドの設定

次はシステムオーディオサウンドの設定です。

システムの中にある「サウンド」→「録音」タブの中に「VB-Audio VoiceMeeter」が追加されていますので、既定のデバイスに変更しておきましょう。

右クリックから「プロパティ」→「聴く」→「このデバイスを聴く」にチェックを入れておけば、ゆかりねっとで話した言葉が自分にも返ってくるようになりますので、ちゃんと喋れているか確認できます。

ちなみに、再生デバイスは何でもいいので自身の環境に合わせたものを選択しましょう。

 

⑤ゆかりねっとを起動する

最後にゆかりねっとを起動して、左の欄から使用する音声ソフトにチェックを入れてから「音声認識を開始する」を選択します。

 

すると、マイク許可などの画面が表示されたあとに以下のような画面になります。

これで起動は完了です。

試しにマイクに向かっていろいろな言葉を話してみましょう。

話した声がVOICEROID化して返ってくれば成功です。

また、声の大きさや抑揚、感情表現などもゆかりねっと側で操作できますので、お好みの声質に変更しておきましょう。

 

⑥VRChatを起動する

あとは実際にVRChatを起動して入力デバイスを変更するだけです。

ゲーム内のシステムからMicrophoneを選んで

ゲーム内のマイクアイコンを見て自分の声が入力されていないか、ゆかりねっとの音声が反映されているかを確認してください。

 

ちなみに、音声入力の流れとしては

ゆかりネットの流れ

「ゆかりねっと」がマイクから音声を受ける(文字入力を受ける)

Google Chromeの音声認識システムが言葉を認識する

「ゆかりねっと」の言葉をVOICEROIDが受けて喋る

喋った言葉が仮想オーディオデバイス「VB-Audio VoiceMeeter」に乗る

サウンドデバイスで録音デバイスを「VB-Audio VoiceMeeter」に変更しているので、発せられた言葉がVRChat内に反映される

このように、少し複雑ではありますが自分の言葉がマイクに乗らないようにしつつ、VRChat内ではVOICEROIDが喋ってくれるということが可能になります。

 

まとめ

以上、VRChatで「ゆかりねっと」を使って自分の声をVOICEROIDに喋ってもらう方法のご紹介でした!

正直まだまだ音声認識の精度は怪しい部分が多いですが、デスクトップモードであれば手打ち入力も可能なので、ゲーム内でどんどんコミュニケーションを取っていきましょう!

 

 

ゆかりねっとと肉声を切り替えしたいとき

ちなみに、VRChat内でゆかりねっとと自分の肉声を切り替えたい場合は、ゲーム内のシステムからMicrophoneを変更することで対応できます。

まず、前もって使用するマイクの名前と「VB-Audio VoiceMeeter」で設定されている名前(デフォルトならライン)を日本語からアルファベット表記に変更しておきましょう。

というのも、VRChatではマイク入力デバイスはアルファベットしか認識されず、日本語のままだとデバイス一覧にすら表示されないからです。

あとは、「VB-Audio VoiceMeeter」で決めた名前がゆかりねっとの音声出力先。

マイク名は直接肉声が聞こえる出力先となっていますので、ゲーム内で上手く切り替えて使ってみてください。

 

関連記事

意外と高スペックPCが必要!?VRchatをVRでやるのに必要な最低PCスペックを検証してみた!

スポンサーリンク