ド派手に光ってゲームを演出!ゲーミング専用スピーカー「JBL QUANTUM DUO」をレビュー!

ビカビカ光るのがやっぱり好き!

兼ねてよりゲーミングオーディオ界隈から注目を集めていた、JBLの新型ゲーミングスピーカー「JBL QUANTUM DUO」!

僕はヘッドホンを長時間使うと頭が痛くなっちゃうタイプの人間なので、普段からPCでゲームをする際には極力スピーカーを使うようにしているんですが、PCスピーカーってヘッドセットと違ってゲーミングに特化したものってメジャーではなくて製品として殆ど出回ってないんですよね…。

ヘッドセットは細かい音も拾えるしFPSをやる上では必須なのですが、適当にまったりと遊ぶゲームでは圧倒的にスピーカーのほうが長時間遊ぶ上での体の負担が少ないのです。

そんな『スピーカーゲーマー勢』の期待にドドーンと応えてくれたのが、今回レビューする「JBL QUANTUM DUO」というわけ!

この製品の特徴
  • 多彩に発光するLEDでゲームを熱く演出!
  • ツィーター・サブウーファー付きの3WAYタイプ!
  • スマホの音楽も聴けるBluetoothに対応!
  • サラウンド機能も搭載!
  • 3.5mmオーディオ・USBオーディオの両方に対応!
  • ヘッドホン端子搭載!

外観をチェック!

化粧箱はJBLの特徴とも言えるホログラフィなパッケージで、上部には取っ手が付属。

箱は他の製品よりも一回り大きい感じですね。

本体はLEDが点灯していない状態だと至ってシンプルなシックなデザインです。

これだけを見るとゲーミング感は全くありません(笑)

スピーカーの背面にはサブウーファーの出力孔と電源端子、3.5mmオーディオ入力端子、USB入力端子が配置されています。

地味に底面の滑り止めはJBLのオレンジカラーでこだわりを感じます!

端子部分の拡大。表記があるため説明書がなくても直感でわかりますね。

付属品一覧
  • 電源コード
  • 3.5mm AUXケーブル
  • 音声出力用 MicroUSBケーブル
  • ユーザーマニュアル

付属品は必要なものは全て揃っているため、特に別途で買い揃えるアイテムはありません。

電源を入れると正面と側面のLEDが綺麗に光ります。

後で詳細を書きますが、LEDの光り方はめちゃくちゃ綺麗です…!

側面の光り方は優しく幻想的で直視しても全く眩しくありません!

スピーカー正面の下部には音量ダイヤル(中央)・サラウンドボタン(左)・LED光量調整ボタン(右)が配置されており、さらに中央下部には3.5mmヘッドホンジャック端子が配置されています。

音量操作はラッチのあるダイヤルで無限に回り続けるリミッターオフタイプ。

操作ボタンは静電容量方式のタッチパネルとなっています。

スピーカー上部には電源ボタン(右)・Bluetooth接続ボタン(中央)・LED発光パターン変更ボタン(左)が配置されており、中央上部にはLEDカラーを変更するパネルがあります。

こちらは全て物理ボタン式です。

スピーカーサイズは約21cm×8.5cm×16cm。エナジードリンクよりも少し縦に長い程度でコンパクトにまとまっている印象です!

実際にPCモニター(27インチ)上に設置してみましたが、なんとか設置できる感じですね!

スペースがある方はモニターサイドに置くのが無難かなと思います。

ゲーミング要素を盛り上げてくれる16種類+3パターンのLED

「JBL QUANTUM DUO」の最大の特徴とも言えるのが、なんと言ってもド派手に光るLED装飾でしょう!

このスピーカーには、正面と側面に16色+3種類の発光パターンから光るLEDが搭載されており、好みの組み合わせを選択してゲームとの一体感を高めてくれます!

特筆すべきはその光り方で、よくある中華製のゲーミング○○とは違いLED部分が純粋に『綺麗』に発光してくれるため、光の演出を見ているだけでも「いいもの持ってるな…」という、所有欲をしっかりと満たしてくれます。

また、発光パターンは音声に合わせてLEDが点滅する『High Wave』、音に合わせて徐々にカラーが変わる『Low Wave』など三種類のモードが用意されており、その視覚効果は文句なしの100点満点!

LEDの色味が非常に綺麗なことも相まって、ゲーム演出の盛り上げ以外にも、例えばゲーム実況配信時の『映える』アイテムとしても活躍してくれること間違いなしです!

LEDカラーは固定色から徐々に色の変わるレインボーまで、16種類のプリセットから自由に選ぶことができます。

光が鬱陶しい場合はLED自体を消灯することもできますので、落ち着いてゲームを遊びたい場合やビジネス用スピーカーとして使いたい場合でも安心して使用できますよ。

多様な用途で楽しめる「JBL QUANTUM DUO」は、PCアクセサリーをやたら光らせたい発光マニアの方から落ち着いてJBLサウンドを楽しみたい方まで、様々なタイプのスピーカーゲーマー層に受け入れられるマストアイテムだと思います!

音質はサブウーファーによる力強い低音が特徴的!

Bluetooth機能を使って、スマホの音楽を流してみました。

「JBL QUANTUM DUO」は、重厚な重低音と音場の広いサラウンドを楽しむことができる、ゲーミングに特化したチューニングが施された3WAYスピーカーを採用しています。

63mm経ウーファーから織りなす重低音と、強力な磁束密度をあわせ持つネオジム磁石。ゲーム内のかすかな足音から爆発による轟音までリアルに再現するゲーミング用音響技術「JBL Quantum SOUND シグネチャ」による臨場感のあるサウンドがとにかく豪快で、このコンパクトな筐体からは考えられないほどインパクトのあるサウンドに、最初に触ったときは本当に驚きました。

これは、相当な時間とお金を掛けないと出来ないチューニングだと思います。

音自体の傾向としては何よりもまず力強いBASSが印象的で、逆に中音~高音域はやや控えめだと言えます。

低音については本体の裏側に配置されているサブウーファーがいい仕事をしてくれていますね。

ただ、意外と効力を発揮してくれるのが切り替え可能な『サラウンド効果』で、これをONにすることで埋もれがちな中音域が一気に前面に押し出されつつ、音場の広がりを一層感じることができるようになっています。

サラウンド特有の『音が遠くなった感覚』もほとんど感じられませんし、音の輪郭がボヤけるのを懸念される方でもかなり違和感なく楽しめるサウンドになると思いますよ!

ゲーム用途としてはアクションやRPG向け!

一方で肝心のゲーム用途でどれほど使えるのかというと、一言で言えばストーリー重視のRPGやアクション向けといった印象です。

というのも、スピーカー自体の傾向が中音域~高音域が控えめということもあり、FPSなどの索敵をメインとしたコンテンツでは敵からの情報を拾うのが結構しんどい印象を受けました。

ガチガチのFPSユーザーは素直にヘッドセットを使ったほうがベターですね。

逆にRPGやアクションといったストーリー性を重視するコンテンツでは、迫力のある低音とサラウンド効果により、より一層ゲームの世界観に没入することができます!

まぁヘッドセットのように気合を入れずに使えるのがスピーカーの良いところだと感じているので、パッシブで迫力のある臨場感を味わえる「JBL QUANTUM DUO」は、かなり楽しいスピーカーだと思いますよ!

気になった点

とは言え、実際に使っていると「せっかくのスピーカーなのに、これも出来ないの!?」という不満点もいくつか出てきましたので、記載しておこうと思います。

まず、このスピーカーにはスリープ機能が一切搭載されておらず、Creative製品のような無音時間で自動的に電源がOFFになる機能などは搭載していません。

使わないときにはいちいち手動で電源を落とす必要があるため、スピーカーを切り忘れて無人の部屋で光輝いている場面にしばしば遭遇しました。

また、音質についてもイコライザー機能が一切ないため、低音寄りのチューニングが好みでない場合に音質を補正する手段がありません。

ゲーミングと名乗るであれば、せめてプレイするジャンルに合わせられるようにいくつかプリセットを用意するか調整ダイヤルを搭載してほしかったですね…。

綺羅びやかに輝くLEDと迫力のある低音は圧巻の一言!

スリープ機能やイコライザー機能が無いなど気になる点も書きましたが、僕の個人的な評価としては『ゲームをやるには十分すぎる迫力のあるサウンドにド派手なLEDが最高だし、細けぇことはいいんだよ!』です!

ぶっちゃけ、Bluetooth機能の搭載やヘッドホンジャックへの対応など、価格を考えるとゲイン調整以外の機能が省かれちゃうのは仕方ないかなって思っちゃう部分もありますし、そんなことが気にならなくなるくらいド派手なサウンドと主張の激しいLEDがテンションを上げてくれるので、ストレスフリーでゲームに没頭できちゃうんですよね!

これは単純に所有欲を満たしてくれますし、持っているだけで満足度は爆上がりですよ!

ただ、上記でも書きましたがこのスピーカーさえあればヘッドセットが不要になるということはありませんので、ガチでやるときはしっかりとしたゲーミングヘッドセットを使用するようにしましょう。

勝率を上げるためのアイテムというよりは、雰囲気を盛り上げてゲーム体験をより一層楽しいものにしてくれる…。

「JBL QUANTUM DUO」は、そんな星の下に生まれるべくして生まれた最高のムードメーカーなのです!

スポンサーリンク