【ドール趣味】自分だけのオリジナルドールを作ろう!ドールを作るのには一体何が必要なの?【ピュアニーモXS】

こんにちは!シロです♪
皆さん、ドールってご存知ですか?

誰しも一度は目にしたことがあると思いますが、ドールとは「人形」のことです。

代表的なのがリカちゃん人形だとか、バービー人形ですね。

これらは主に、小さい子供用におもちゃとして販売されていますが、ある日を堺にドールは一気に大人も楽しめる趣味となりました。

それは「ローゼンメイデン」というアニメが放映されてからです。

▲独特な世界観と美しい絵柄で、ドール達の戦いを描いた作品です。

「ローゼン麻生」こと、麻生太郎さんも愛読していることで有名な漫画ですねw

これまで、ドールというのは一部の東洋の方の硬派な趣味だったのですが、このローゼンメイデンを機会に、一気に一般層へと周知されることとなります。

かくいう僕も、数年前からドールの魅力にハマっているひとり。

ということで今回は、いつもと趣向を変えて初めてドールを作ってみようと考えている方に分かりやすく、初心者に向けたドールの作り方をご紹介していきます!

これより下は、首の無い人形や首だけの写真が出てきます。

人形に恐怖心を覚える方や、苦手な方はご閲覧をお控えくださいね!

値段はどのくらいかかるの?

これはかなりピンキリです。

完成品の安いものだと2,000円程度(リカちゃん人形など)からありますが、一からパーツを揃えていくとなると最低10,000円は見ておきましょう。

また、SD(スーパードルフィー)という大型ドールになると関節から肌の質感まで超リアルになりますが、お値段も100,000万円〜とかなり高額になってくるので、まずは安いドールから作っていくことをオススメします。

ドールを作るには何が必要なの?

揃えるものにもよりますが、ドールを作る際に最低限必要なものをピックアップしてみました。

  • 自分が作りたいドールのイメージ
  • 素体(ボディ)
  • ヘッド
  • ウィッグ
  • 衣装

とりあえず、これだけあれば一通りドールとしては成り立ちますw

ただし、一番大事なのは『自分が作りたいドールのイメージ』です!w

ここだけは明確にしておかないと、作りたいドールが途中でブレてしまう恐れがあります。

妄想をしっかりすることも、ドールを作る上では重要なのですよ!

(今回は「ぽわぽわした妖精のような女の子」をイメージして作りました。)

ドール用品を販売している販売店はいろいろありますが、今回は代表的な3社からピックアップして必要なパーツを揃えていきましょう!

今回揃えたものドールのパーツ

では、実際に揃えたドールのパーツを見ていきましょう!


ドールの素体(ボディ)です。今回はアゾン社のピュアニーモフレクションからXSサイズを選びました。お値段は2300円ほどでAmazonでも販売しています。

ヘッド(頭)です。今回はPARABOX社のヘッドを選びました。本来はボディとヘッドは同じメーカーで合わせないと適合しない場合があるのですが、今回は特別にカスタムされたヘッドを運良く手に入れましたので、こちらを使用します。
使用しているヘッド:プチ姫カスタムヘッド(3500円)
使用しているアイ:アニメベーシックアイAタイプ 12mm イエロー(900円)
通常は、ヘッドとは別にアイ(目)も用意しなければなりません。こちらもPARABOX社で販売されていますので、同時に購入するといいでしょう。

ウィッグです。ヘッドのままだと頭がつるつるの状態なので、ドールはウィッグを被せてあげます。これによりウィッグを変えるだけで様々な髪型にすることが可能となるわけです。

使用しているウィッグ:「小さなドール用ウィッグのお店」社のエアリーミディ バナナホイップ4.5〜5インチ(2400円)


衣装です。ボディのままではすっぽんぽんなので、何か服を着せてあげましょう。今回は一枚で着られるワンピースを用意しました。

使用している衣装:アゾン シフォンリボンワンピース(2000円)

組み立て

では、ここからは実際に組み立てていきましょう!

ドールに命が宿る瞬間ですよー!

f:id:skspirit0148:20171013004259j:plain

まずはヘッドとボディを取り付けますが、今回はボディとヘッドが他社同士なので首のジョイントが合うように少し削るようにします。

すこーしずつ、慎重に…

f:id:skspirit0148:20171013005039j:plain

折 れ た

命の宿る瞬間とか格好いいこと言っといてコレですよ!(笑)

ほんと、無茶しちゃダメだね…。

ということで、止む終えず瞬間接着剤で固定することにします…。

f:id:skspirit0148:20171013005338j:plain

ヘッドの中身です。ちょろっと出てる首のジョイントの部分を接着剤で固定しました…。

f:id:skspirit0148:20171013005547j:plain

とりあえず無事に固定出来ました!続いてウィッグを被せてあげましょう!

f:id:skspirit0148:20171013005811j:plain

ウィッグはゴムで伸び縮みするので、伸ばしながら頭に被せてあげるとうまく装着できます。

髪の毛が乱れているのは後で直してあげましょう…w

最後に衣装を着せてあげると

f:id:skspirit0148:20171013010130p:plain

完 成 で す !

ノーパンノーインナー状態ですが、とりあえず形としては出来上がりです!w

ぽわぽわした妖精のような女の子とは違う感じになりましたが、これはこれでおてんばっぽさが出ていていいかもしれませんねw

まぁこれから色々と変更していけば、全然イメージの違う子になるのもドールの面白いところです!

f:id:skspirit0148:20171013010740j:plain

フィギュアではポーズを変えることは出来ませんが、ドールの場合は各関節を動かすことが出来るので様々なポージングを楽しむことができます♪

ポージングのスケッチにも使用される素体なので、自立させることも可能です。

f:id:skspirit0148:20171013011019p:plain

無邪気な感じを出すこともできる優秀なボディです。

f:id:skspirit0148:20171013011247j:plain

もちろん座らせることも可能です。

ウィッグは想像以上にボリューミーでしたw

f:id:skspirit0148:20171018011432j:plain

あとは適当な小物を持たせてあげて組み立ては終了です!

他に揃えるものは?

ドールは組み立てたら完成というわけではなく、定期的なメンテナンスも大切です。

ほぼ必須となるのが髪の毛のお手入れです。

ウィッグは静電気を帯びやすい性質があるので、髪の毛がすぐに跳ねてしまいます。

これを防ぐには「ドール用オイルミスト」が役立ちます。

これを付けてクシでとくだけで、髪の乱れを抑えつつ髪に纏まりを作ってくれるので、立体感のある艶やかな髪になります。

ドール愛好者にとっては御用達の必須アイテムなので、ぜひ一緒に購入しておきましょう!

あとは個人の好みとなりますが、出来れば下着は買ってあげた方がいいかもしれません。

人形といえども、昔から人の形をしたものには魂が宿ると言われています。

ならば、せめて下着くらいは着けてあげないとなんか可哀想じゃないですか?w

もちろんすぐに揃える必要はないので、少しずつグッズを集めてみるのも楽しみの一つだと思いますよ♪

ドールは完成したら終わりではなく、そこから名前を付けたり、色々なグッズを集めるのが楽しいんです!

まとめ

以上、初めてオリジナルドールを作りたい方向けに必要なアイテムと作り方の手順をご紹介してきました。

ちなみに、今回のドールを作るのに掛かった費用はこちらです

  • 素体(2300円)
  • ヘッド(3500円)
  • アイ(900円)
  • ウィッグ(2400円)
  • 衣装(2000円)

計 11,100円

アルターなどの高いフィギュアを買うよりも若干安く済みましたw

ただし、ドール沼という言葉もあるように、これから細かいところにお金が掛かっていくのが楽しみであり悲しいところです…w

ドールと聞くと抵抗感があったり、なかなか他人には言い辛い趣味というイメージがあるかもしれませんが、実際に作ってみるとゲームのアバターを作る感覚でかなり面白いですよ!

もし、少しでも興味のある方は、まとめサイトなどのドールスレを覗いてみることをオススメしますw

きっとその魅力にハマってしまうと思いますよ♪

ドールはお金が掛かるので、無理をしない範囲で少しずつ楽しむことをオススメしますw
追記:ちょっと衣装変更とリボンを変更してみましたw

この調子でどんどんカスタマイズしていきましょう!w

スポンサーリンク