G502WLとG913をマグネット充電に対応するとめちゃくちゃ快適になるって話

「G502WL」と「G913」の充電が面倒くさい…。

G502とG913と言えば、ゲーミングマウスとキーボードの中でもかなり人気のモデルとなっているのですが、これら上位機種は電池ではなくバッテリーを内蔵しており、定期的に充電をしなければなりません。

マウスに関しては、ロジクール公式からは無接点ワイヤレス充電が可能になるマウスパッド「POWERPLAY」も販売されているのですが、金額が約2万円と超高い…。

そればかりか自分の好きなマウスパッドも使えなくなるし、「POWERPLAY」自体もパッドの面積が小さくて使いづらいって結構不評なんですよね…。

そこで気になったのが、Amazonなどで販売されているマグネット式の充電ケーブル。

主にスマートフォンを充電するのに購入する方が多いと思うのですが、これを使えばG502やG913をワンタッチで充電できるんじゃね?って思ったわけですよ!

ということで、実際に購入して試してみました!

私がやりたい理想的な使い方!

準備するもの

マグネット充電をするにあたって、事前に用意したものはこちらです。

MicroUSB→USB-Cに変換するアダプター。

G502のMicroUSB端子は入り組んでいてそのままではケーブルが挿さらないので、今回は延長コードとして使用します。

現在販売されているマグネットケーブルのアタッチメントは『長細いタイプ』と『円形のタイプ』の二種類が主流ですが、調べてみるとどちらも使用できるようです。

これ以上大きいものだと床に干渉してしまうと思うので、変わったタイプのケーブルは避けたほうが無難でしょう。

 

なお、マグネットケーブルはMicroUSB(G913に使用)とUSB-C(G502に使用)の二種類のアタッチメントが付属されているものを選びましょう。

今回リンクを貼っているものは私が実際に購入したものなので適合すると思います。

このマグネットケーブルは『MicroUSB,USB-C,Lightning』の3種類のアタッチメントが付属されているので、これ一本あればG502とG913の両方が充電可能に!

実際にG502にケーブルを装着してみた!

まず、G502の充電端子に上で紹介した変換アダプターを装着します。

G502の充電端子はかなり奥に配置されているため、そのままマグネットケーブルを挿そうとしても外装に干渉してしまい挿すことができません。

❌そのままマグネットケーブルを挿そうとしても挿さらない!

変換アダプターを噛ませると画像のようにマウスから手前に若干飛び出る形になりますので、ここにマグネットケーブルのアタッチメントを装着します。

マウスのMicroUSB端子がUSB-Cに変換されているので、アタッチメントもUSB-Cのタイプのものを装着するようにしましょう。

無事にアタッチメントが取り付けられたら、あとはマグネットにくっつけて充電するだけです!

Excellent!

アプリを見ても正常に充電されていますねー!

G913の充電はアタッチメント直挿しでOK!

G913をマグネットケーブルを使って充電する場合、G502のように変換アダプターを使用する必要がないため、アタッチメントをパチっとくっつけるだけでワンタッチで充電が可能です!

G913の充電端子にMicroUSBのアタッチメントを付けるだけで

簡単に充電することが可能です!

純正のワイヤレス充電マットの1/10の価格で購入できる!

これで、以前のようにわざわざMicroUSBケーブルを用意してきて、指す方向に戸惑いながら充電をする必要はなくなりました!

純正のワイヤレス充電マットが約2万円するのに比べて、マグネットケーブル1本と変換アダプターのセットで約1700円と大体1/10の価格で買えてしまうのも、コスパ重視の方には嬉しいのではないでしょうか?

もちろん、これ以外の機種でも充電式のデバイスであれば色々と応用できると思うので、充電ケーブルの取り回しが面倒くさいという人は是非この方法を試してみることをお勧めします!

VIVEトラッカーやVRコントローラーの充電にもお勧めだよ!

 

G502のレビューはこちら

マウス探しの旅もここで完結!ゲーミングでも作業用にも使えるワイヤレスマウス「Logicool G502WL」を一ヶ月使ってみてのレビュー!

2020.06.19

G913のレビューはこちら

発売日買っておけばよかったと後悔したLogicool「G913」ゲーミングキーボードをレビューしました!

2020.07.17

 

スポンサーリンク