「はこBOON」に代わる最適な発送方法は何?ヤフオク、メルカリ、ラクマでそれぞれ比較してみた!

遂に7月10日に配送サービス「はこBOON」が終了しますね。

僕もオークションやフリマアプリ等で、たびたびお世話になった良サービスでした。

別にゆうパックでも良かったんですが、ゆうパックだと大きさで料金が決まってしまうのでイマイチ使い勝手が悪かったんですね。

「はこBOON」は大きさが160cmまで受付可能ですし、送料は【重さ】で決まっていたので、大きくて軽いモノを出品する際には凄く便利でした。

といっても5kgくらいまでならゆうパックより断然安かったので、何でも送れる超便利な配送サービスといった感じです。

(しかも、コンビニから送れる)

こういった理由で「はこBOON」を利用している方も多かったのではないでしょうか?

そこで今回は、はこBOONに変わる配送サービスを【ヤフオク、メルカリ、ラクマ】それぞれで最適なものをチョイスしてきましたのでご紹介致します!

スマホから簡単に出品できる分、少しでも安く便利に配送サービスを利用したい方が多いと思いますので、少しでも参考になれば幸いです!

 

改めてはこBOONの特徴

超重い、超でかいなどのレアケースを覗いては「はこBOON」ってオールシチュエーションに対応できる良サービスだったんだなって実感できます。

しかも、これで県内で送料500円切ってたりするんだから凄すぎです。

(だからサービス停止になったのかもしれませんが…w)

では逆に「はこBOON」のデメリットとはどういったところでしょうか?

 

はこBOONのデメリット
  • 小さくて重い商品は他の配送サービスのほうが安い(5kg以上)
  • 大きすぎる商品は配送できない(160cm超え)
  • 集荷サービスはない

「重い商品は割高」「大型の商品は送れない」「集荷サービスはない」

「はこBOON」の欠点はこの3点でしょう。

特に重い商品に関しては、「ゆうパック」より割高になります。

つまり、はこBOONよりもお得に利用するには

『送料が重さに左右されない』

この点が非常に重要になってくるのです。

 

ヤフオクの場合

ヤフオクの場合、ヤフオクとヤマト運輸が連携している「ヤフネコ!宅急便」とヤフオクと郵便局が連携している「ゆうパック(おてがる版)」があります。

 

ヤフネコ!宅急便

  • 大きさ重さで料金が決まる
  • 最大160cm、最大25kgまで対応
  • 486円〜
  • 宛名書き不要
  • 追跡サービスあり
  • 全国翌日配送
  • 事故保証付き
  • ヤマト、ファミリーマートから発送

 

ゆうパック(おてがる版)

  • 大きさで料金が決まる(重さは30kgまで)
  • 最大170cmまで対応
  • 480円〜
  • 宛名書き不要
  • 郵便局、コンビニ、はこぽすで受取可能
  • 追跡サービスあり
  • 事故保証付き
  • 時間指定あり
  • 郵便局、ローソンから発送

 

ヤフオクの場合、専用便がかなり優秀で、最安値480円から送ることができます。

これは「はこBOON」よりも更に安い金額です。

両方とも共通している部分が多いですが、使い分けとしては【重さ】と【発送場所】でしょう。

2kgより軽くて60サイズ未満であれば「ヤフネコ!宅急便」のほうが安く済みますが、2kgから30kgになると「ゆうパック(おてがる版)」のほうが安くなります。

 

「はこBOON」と比較しても、遜色ない良サービスです。

個人的な使用感としては【重さ】しばりの少ない「ゆうパック(おてがる版)」が大変便利でした。

あとは発送場所の違いですね。

自宅の近くにヤマトや郵便局があるか、どのコンビニが近いかにより変わってくると思います。

個人的にはファミリーマートが近いので「ゆうパック(おてがる版)」が使いやすかったです。

 

メルカリの場合

メルカリでは、専用便としてヤマト運輸の「らくらくメルカリ便」郵便局の「ゆうゆうメルカリ便」ヤマト運輸の「大型らくらくメルカリ便」の3種類が用意されています。

 

らくらくメルカリ便

  • サイズ重さにより料金が決まる
  • 全国送料一律(60サイズ”2kg”600円、80サイズ”5kg”700円〜)
  • A4サイズから160cmまで対応
  • 追跡サービスあり
  • 匿名配送
  • 宛名書き不要
  • 事故保証あり
  • 集荷サービスあり
  • 自宅、ヤマト、ファミリーマート、サークルK・サンクスから発送

 

ゆうゆうメルカリ便

  • サイズにより料金が決まる(重さ30kgまで)
  • 全国送料一律(60サイズ600円、80サイズ700円、100サイズ900円)
  • 60cm〜100cmまで対応
  • 追跡サービスあり
  • 匿名配送
  • 宛名書き不要
  • 事故保証あり
  • 郵便局、ローソンから発送

 

こちらの配送の大きな違いとしては【自宅に集配に来てくれる】かどうかと【発送場所】の違いでしょう。

「らくらくメルカリ便」の場合はサイズと重さに縛りがある代わりに、自宅まで集配に来てくれます。(別途30円必要)

これは「はこBOON」には無いサービスですね!

また、発送はヤマトに直接持ち込むかファミリーマートで受付できます。

 

「ゆうゆうメルカリ便」の場合はサイズのみの縛りとなるので、重さは関係ありません。

しかし、集配サービスが無いことと、サイズも最大100cmまでとやや小型の商品しか配送できないという欠点もあります。

発送は郵便局に持ち込むかローソンにて受付できます。

両サービスとも料金としては「はこBOON」より若干高くなる傾向がありますが、 匿名配送となるので、取引相手に個人情報を教える必要がなく、宛名書きも不要です。

僕はローソンが遠いので「らくらくメルカリ便」を主に使用しています。

集配サービスがあるのも何気に便利ですし、メルカリユーザーはほとんどの方が「らくらくメルカリ便」を利用しているようです。

ちなみに比較対象にはなりませんが、「大型らくらくメルカリ便」の仕様はこのようになっています。

 

大型らくらくメルカリ便

  • 200サイズ〜450サイズまで対応
  • 全国送料一律
  • 集配・梱包は業者におまかせできる
  • 設置してくれる
  • 追跡サービスあり
  • 事故保証あり

 

大型商品の設置や梱包に困っている方は全て業者さんがやってくれる良サービスとなっているようです。

 

ラクマの場合

ラクマでは、専用便としてヤマト運輸と提携した「かんたんラクマパック」が用意されています。

 

かんたんフリルパック

  • サイズ重さによって料金が決まる
  • 全国送料一律(60サイズ”2kg”800円、80サイズ”5kg”900円〜)
  • A4〜160cmまで対応
  • 宛名書き不要
  • 追跡サービスあり
  • 事故保証あり
  • ヤマト、ファミリーマート、サークルK・サンクスで発送

 

正直らくらくメルカリ便の方が安いし匿名性もありますが、ラクマの場合は出品手数料が3.5%と安いので、金額が高くなる出品物に関してはラクマのほうが総合的には安く済みます。

また、ラクマ便がメルカリ便よりは高いといっても「ゆうパック」よりはリーズナブルですし、宛名書き不要のコンビニ発送にも対応していますので、特別な理由がない限りは「かんたんラクマパック」で問題ない思います。

 

まとめ

以上のことを総まとめします。

  • ヤフオクは「ゆうパック(おてがる版)」がオススメ!
  • メルカリは基本的には「らくらくメルカリ便」がオススメ!
  • ラクマは「ラクマ定額パック(らく得パック)」がオススメ!

 

メルカリに関しては「ゆうゆうメルカリ便」が重さ制限がないのでケースバイケースですが、集配サービスのある「らくらくメルカリ便」が総合的には優秀だと感じました。

他のサービスは「はこBOON」が無くなった今でも十分通用する。

というか、各サービスとも「はこBOON」よりも優秀な面もある配送サービスが多いといった印象すら受けました。

ヤフオクは「はこBOON」の完全上位互換ですし、メルカリには匿名性がありますし、フリルは出品手数が安いことが強いです。

 

それぞれ「はこBOON」とは違った特徴がありますので、ご自身の発送環境に合わせた最適な発送方法を選んでいきたいですね!

 

 

また、メルカリでは下記の友達紹介コードを入力することで、最低でも50円分のポイント〜最高で10,000円分のポイントが必ず貰えます。

メルカリを新しく始めてみようと考えている方は、ぜひ招待コードの入力を忘れずに!

招待コード:FJGDPT

メルカリの登録はこちらより可能です。

 

スポンサーリンク