MacBook Proをゴールドやローズゴールドに変更できる!このスキンシールはまるで魔法!

MacBookの気分を変えたい!そうだ、スキンシールを買おう。

スタバでドヤリングするために存在する意識高い系ノートパソコン「MacBook」!

もちろん、Macじゃないと動かせないソフトがあるからMacを使っているという方もいらっしゃると思いますが、一般的な営業職の方や学生さんなどの大半の人は、そのスタイリッシュな見た目に惹かれて「どうせならMacを」と購入されている場合が多いようです。

iPhoneもそうですが、Apple製品って持っているだけで所有欲を満たしてくれる部分は確かに存在しますからね!

所有欲を満たしてくれるPCというのは作業意欲に沸き立たせてくれますし、個人的にはドヤリングできるPCを持つことはモチベーション維持に貢献してくれる大事な要素のひとつだと思っています。

今でこそ洗練されたUIが好きでMacBookを使っていますが、僕も最初は見た目がカッコいいという理由だけで買いましたw

しかし!

どれだけ洗練されたデザインのPCを使っていても、やはり何年も同じものを使い続けると飽きてしまうのが人間というもの…。

特にMacBookはここ数年間、デザイン面に大きな変化もなく代わり映えしないPCであると酷評されている一面もあります。

そこでオススメしたいのが、貼るだけでMacBookの雰囲気をガラッと変更することができる『スキンシール』です!

MacBook Proに存在しないカラーを追加する

個人的にMacBook Proに不満を抱いているのが、カラーバリエーションの少なさ。

例えば、MacBook Airにはシルバーとスペースグレーに加えて、おしゃれで高級感のあるゴールドが存在します。

また、以前の12インチのMacBookには、iPhone6sから継承していた幻のローズゴールドも存在していました。

幻のローズゴールドMacBook(2017)
僅か1年でカラーバリエーションから削除されたが、現在でも女性を中心に大変人気の高いモデル。

 

一方、MacBook Proのカラバリは数年間変わることなくシルバーとスペースグレーの二種類のみ!

Proを使うユーザーは見た目はあまり気にしないと思われているのかな?

ともあれ、ドヤリングもおしゃれも両方堪能したい系男子の僕としては、MacBook Proでも気分を変えておしゃれに作業したいわけですよ!

ということで、Amazonで販売されていたMacBook Pro用のスキンシールなるものを購入してみました!

フルボディ表面ガード3Mフィルム保護スキンデカールステッカーケースキーボードカバースクリーンプロテクター6-in-1 MacBook 12 inch Retina A1534 (ローズゴールド)
JRC

貼り付け作業

Amazon便だったのですぐに到着しました。

如何にもな中華パッケージで到着しました。文字まで全部中国語です。

この手の商品は一部を覗いて全て中国製みたいですね。

粘着シールは3M製のものを使用しているようなので、製品としてのクオリティはそれなりなのかなーっと推測しつつも早速パッケージを開封してみます。

貼り付けに使用するMacBook ProはEarly2016のスペースグレーです。

内容物は4点

フルカバータイプのスキンシールを購入したので、内容物は「天板シール,底面シール,内側シール,トラックパッドシール」の4点が入っていました。

残念ながら側面を保護するスキンシールは同梱されていないようです。

シールの品質は予想以上に良かったです。

特に手触りがザラザラとサラサラの中間辺りで、ちょうどよい塩梅。

元のアルミ筐体と然程違いがないくらい自然な触り心地で違和感は全くありません。

写真では伝わりにくいですが、質感や色合いもかなりのクオリティだと思います。

ちなみに、今回はゴールドを購入しましたが、色合い的には新色ゴールドよりもややピンク掛かったローズゴールド&ゴールドといった色合いです。

天板のシールはリンゴマークに位置取りをして、本体の端に添わせて貼り付けると貼りやすいです。

シール自体は伸縮性のあるタイプなので、貼り付ける際に引き伸ばしながらスムーズに貼ることができます。

貼り直しも可能なので、万が一位置取りを失敗しても大丈夫みたいですね。

スマホなどの液晶フィルムとは違ってモノ自体が分厚いので、気泡が入ったりすることもなく非常に貼りやすかったです!

底面はゴム足とネジ穴の部分に穴が空いているので、それぞれの位置を合わせて貼り付けていきます。

こちらは四隅のゴム足を目安に貼り付けると位置取りは簡単でした。

今度は内側(キーボード周り)にスキンシールを貼り付けていきます。

トラックパッド周りに位置取りをすると分かりやすいですが、スピーカー周りが細く貼りにくいのでしっかりと圧着して剥がれないようにしましょう。

最後にトラックパッドにもシールを貼り付けます。

トラックパッドには静電容量センサーが内蔵されているので、スキンシールを貼り付けることで感度が悪くなる可能性があります。

僕の場合は体感できるほどの感度の低下は見受けられませんでしたが、気になる方はトラックパッドだけは何も貼らずに使用したほうがいいかもしれません。

なお、スキンシールを貼ることでトラックパッド特有の指滑りが若干悪くなりますので、その辺りも気にされる方は注意が必要ですね。

個人的には少し指が滑らないくらいが丁度良いのでまったく不満はありません!

貼り付け完了!

そして、ゴールドカラーのスキンシールを全て貼り終えたMacBook Proの姿がこちら!

スライドショーには JavaScript が必要です。

おぉー!予想以上にいい感じに仕上がりました!

細かい箇所を見れば元がスペースグレーだって分かりますけど、パッと見た印象は紛うことなきゴールドのMacBookです!

細かいところを言えば、やはり側面もカバーできるスキンシールがあれば最高だったかな?

こういうツートンカラーのデザインだと思えばこれはこれでカッコいいですけど、あと1000円高くなってもいいのでフルカバーにしてくれたら文句なしの100点でした!

めちゃめちゃ細かいところを言うと、スキンシールのサイズが左右で0.5mmほど小さい感じもします。

まぁスマホと違ってMacBookは本体が大きいので、これくらいの差は全く気になりませんが!

スペースグレーに合わせて購入したUSBハブが少し浮いて見えるくらい、印象はかなり変わります!

ここまで来るとゴールドカラーのUSBハブも併せて買っちゃおうかな。なんて気分にもさせてくれるほど心機一転しましたw

色を変えるだけでも筐体の所有感はめちゃくちゃ変わりますよ!

お手軽に気分を変えたい方に超おすすめ!

以上、今回はMacBook Proのイメージをガラッと変えるスキンシールを使ってみた感想をお伝えしてきました!

スキンシールにはカーボン調のものからアーティスティックなものまで、本当に様々なデザインのものが存在します。

自分好みのデザインを探すだけでも結構楽しいので、いつも見ているMacに飽きたという方は色々見てみるだけでも楽しいと思いますよ!

こういうカーボン柄は人気スキンシールのひとつ!

なお、今回は見た目の印象を変えるためにスキンシールを購入しましたが、スキンシールを貼ることで本体の傷の防止にも繋がりますので、ボディを保護する目的で使用するのもかなり効果的だと思います。

こういったグッズで少しでも気分転換を図りながら、できるだけモチベーションを落とさずに作業に集中したいところですね!

 

スポンサーリンク