iPhoneでmicroSDカードが使える充電ケーブル!「dodocool バックアップ充電ケーブル」でしっかりバックアップしよう!

※Sponsored by dodocool

toc]

こんにちは!クロです!
f:id:skspirit0148:20170902150120j:plain

今回はdodocool様から製品提供で頂きました

「dodocool バックアップ兼Lightning充電ケーブル」をレビューしていきます!

その名の通り、いわゆる外部ストレージツールと充電ケーブルが一体型になった製品です。

USB部分にmicroSDカードリーダーが付いているので、そこにmicroSDを挿し込むことでデータをバックアップしたり、写真や音楽などのデータをiPhoneに読み込んだりできるケーブルとなっています。

ケーブルとバックアップ機能が一体型になっているのはなかなか面白い試みですねw

f:id:skspirit0148:20170902133539j:plain

実物にできる事としてはこんな感じです。

  • iPhoneの中のデータ(電話帳、写真、動画)をバックアップ
  • microSDカードに保存されているデータをiPhoneに保存できる
  • microSDカードに保存されているデータをiPhoneで閲覧できる

いわゆる外部ストレージツールで出来ることは全て出来てしまうので、非常に使いやすいです。

また、使い方次第では、microSDカードに音楽を保存してミュージックプレイヤーとしても使用できますし、書籍を保存しておけばブックリーダーとして使用できます。

iPhone本体にデータを保存する必要がないので、ストレージの節約にもなりますし、アイディア次第ではmicroSDが挿さるAndroid機を圧倒することも可能でしょう。

この製品だけの特徴

ここからはこの製品にしかないアドバンテージの部分です。

  • Apple認定MFI取得済み
  • Lightning充電ケーブルとしても使用できる

この手のケーブルは他社からも多数販売されていますが、Appleの認定を受けた「MFI認定品」信頼性の高いものは、実はほとんど存在しないことをご存知ですか?

MFIの認定を受けていない製品の場合、極端に給電能力が低かったり、iOSの最新のアップデートに対応していないので、ふとした瞬間にその製品が使えなくなってしまうケースが大変多いのです。

その点、こちらのケーブルはAppleも認めた「MFI認定品」なので、ケーブル自体の品質も高品質ですし、何よりもアップデートに対応しているので、長く使えるという安心感があります。

特に、今後機種変更をした際に使用できない…。なんてことになると大変です。

iPhoneのアクセサリー選びは「MFI認定品」であるかどうかを第一に考えること!

これが非常に重要です。


MFI認定品には「Made for iPhone」のロゴが入っています。

そしてもう一つの特徴が、Lightning充電ケーブルとしても使用できるということ。

見て頂ければ分かる通り、Lightningケーブルの形状をしています。

f:id:skspirit0148:20170902133355j:plain

ということは、もちろん普通にiPhone充電用のケーブルとしても使用できるということです。

f:id:skspirit0148:20170902135849j:plain

しかも、バックアップ用のmicroSDカードを挿しっぱなしにした状態でもそのまま充電できるので、充電をしながらデータを読み込む。なんて器用なこともできてしまいます♪

外部ストレージとして使用している方にとってはこれは嬉しい仕様ですね(・∀・)

ちなみにSDカードは僕が現在持っている中で最大容量の200GBにも対応していました!

f:id:skspirit0148:20170902140535j:plain

これだけあれば2時間の映画でもいくらでもぶっ込むことができますねw

外観

では、ここで実物を見ていきましょう。


日本人でも外国人でもぱっと見で何が入っているのか分かるシンプルケース。

USB側のコネクターは通常のものより若干大きいですが、見た目だけでは普通のLightningケーブルに見えますね。ケーブル長さは約12cmほど。

内容物は「ケーブル本体、取扱説明書、メッセージカード」です。

使い方

データ通信にはdodocoolさんが用意してくれている専用のアプリを使用します。

KisDisk

KisDisk

  • zonghan chen
  • ユーティリティ
  • 無料

バックアップ、データ読み込みや閲覧は全てこのアプリを介して行います。


アプリを開くと全ての情報が見やすい配置で表示されます。上部には本体ストレージとmicroSDカードの容量が表示。下部には各ショートカットキー。

試しに「microSDカード」を選んでみました。左下にある操作パネルをタップすると何をするか表示されます。

このように、フォルダー作成や画像のインポートなど、PCで操作するような感覚で操作できます。

今回は試しに画像のインポートを選択してみました。カメラロールが開きますので、保存したい画像にチェックを入れます。一括選択も可能です。

保存スピードはかなり高速。これなら定期的にバックアップしてもあまりストレスにならなさそう。

こちらはPC画面。もちろん読み込めますし、逆に保存した画像をiPhoneに読み込ませることも可能です。

試しにiPhoneで作ったファイルやフォルダをPCで表示してみましたが、問題なく表示されました。

電話帳データの保存や読み込みも、最初のメニュー画面から「住所録」を選ぶだけでOK。ワンタッチで保存できるので直感的に操作できます。

かなり使いやすい外部ストレージアプリ!

以上、「dodocool バックアップ充電ケーブル」のレビューをしてきましたがいかがでしたか?

僕個人としては、正直かなり使いやすいんじゃないかなっと思います。

先にも記載しました通り、データのバックアップとしてはもちろんのこと、音楽ファイルだけを保存してミュージックプレイヤー替わりに使用することもできますし、画像ファイルだけを保存して、ストレージを大きく節約したりPCにそのまま読み込ませることも可能です。

もちろん、PCを持っていない方にとってはお手軽にバックアップを保存しておける外部ストレージとしても使用できますので、「iCloudの5GBじゃ全然足りないー!」って方にとっては凄く重宝する製品だと思いましたねw

値段もかなりお安いので、iPhoneでmicroSDカードを使いたい!って方や、iPhoneのバックアップデータを取っておきたいって方は是非チェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク