PS4セーブエディターを購入すると絶対に後悔する理由!下手をすると取り返しのつかない事態に…!

こんにちは!クロです!

今回は注意喚起という意味でちょっと過激な話題となりますが、皆さんはPS4セーブエディターというソフトが発売されているのをご存知でしょうか?

 

「ゲーム内のお金をMAXにして豪遊したい!」

「キャラのレベルをMAXにして俺TUEEEEEEしたい!」

 

ゲームをやっていると、一度はそんな願望に駆り立てられることもあると思います。

しかし、通常プレイでお金をMAXにしたり、レベルを最大値まで上げることは時間も労力も掛かり非現実的です。

そんなゲームにおける自己願望を叶えてくれるのが、PS4セーブエディターというソフトなのです。

 

PS4セーブエディターって何?

では、PS4セーブエディターでは具体的にどのようなことが出来るのでしょうか?

このソフトは、ゲームのセーブデータを直接弄ることでデータの乱数を書き換え、一瞬にしてレベルをMAXにできたり、ゲーム内通過を最大値まで増やすことなどができる、いわゆるチートツールです。

その特性もあり、残念ながらソニーに認可された商品ではありません。

 

むしろ逆に、ソニー公式ではPS4セーブエディターのようなチートツールの使用は禁じられてすらいるのが現実です。

しかし、当初のユーザーはそんなことはお構いなし。

なんと、発売当初から短期間で一気にAmazonセールスランキング1位を獲得してしまいました。

 

それもそのはず、今まで難攻不落と言われたPS4のチート化に初めて成功したのが、このPS4セーブエディターなのです。

それ故に、その噂は瞬く間にネット上で広がり、一気に購入希望者が殺到しました。

チートツールという禁じられたツールでありながら、その注目は各メディアにまで広がり、発売前からネットでは大騒ぎ。

Amazonでは発売前から品切れという異例の事態にまでなりました。

広告

 

そして、いよいよPS4セーブエディターの発売日…。

 

ここで事件が起こります。

販売社が想定した人数を大幅に超過してしまった結果、サーバーエラーが続出。

このソフトは、販売社のサーバーを経由しないとチートコードを使用できない為、お金を払って購入したにも関わらずソフトを一切使用できないという最悪の事態が起こったのです!

(ちなみにこのソフトは8,000円します)

これにより、Amazonのレビューは大炎上!

f:id:skspirit0148:20170310021529p:plain

ご覧の有り様です…。

 

2ちゃんねるには複数のスレッドが立ち上がり、直接販売会社まで電凸した者まで現れる大騒ぎとなりました。

しかし、所詮はアクセス集中による一時的なサーバーダウンが原因です。

日にちが経てば次第に落ち着くだろうと、その頃は誰もが考えていました。

 

しかし、その3日後…!

 

PS4アップデート4.50が配信開始!

f:id:skspirit0148:20170310022301p:plain

なんと、速攻でソニーに対策されてしまったのです!

 

まぁ当然といえば当然でしょう。

発売前にあまりにも有名になりすぎたPS4セーブエディター。

もちろん、ソニーが目を付けないはずがありません。

もし、オンライン等でチートツールを使用した者がはびこる事になると、それこそPS4全体のモラルの低下や秩序に関わってくるレベルです。

これには流石のソニーも許すことは出来なかったのでしょう。

 

しかし、事件はこれだけでは終わりませんでした…。

広告

 

ついにアカウントをBANされる者まで現れる

f:id:skspirit0148:20170310023958j:plain

なんと、遂にPS4セーブエディターを使用したことによる「PSNのアカウントをBAN」される者まで現れてしまったのです!

 

PSNアカウントは、ダウンロードしたゲームにも紐付けされています。

その為、アカウントが凍結されるということは今まで購入したDLしたゲームやPS+の利用券なども、今後全て利用することができなくなってしまいます。

 

つまりこの人は、使えもしないPS4セーブエディターに8,000円も払った挙句、今まで購入したゲームをプレイする権限をも失ってしまったわけです。

なんとも気の毒な話ですが、PS4の利用規約にもチートツールの使用は厳禁であると明記されていますので、残念ながら自業自得としか言えません…。

 

一部では「ソニーは見せしめの為にBANしただけだからビビることはない!」などと擁護する人もいましたが、残念ながらその後もアカウントをBANされた利用者は数多く報告されています。

 

広告

 

全ては自業自得である

以上の流れから、現在もなおサイバーガジェット社は多くの購入者から批難の的にされています。

 

しかし、冷静に考えて頂きたい。

 

そもそもチートツールが使えなくなったからといって販売者を叩くのはハッキリ言ってお門違いです。

チートツールは利用した時点で、その人もまたチーターです。

利用規約まで破ったそんな人が、一体誰を叩けるというのでしょうか?

 

僕から言わせてもらえば、それは自業自得であり因果応報です。

 

使用を禁じられたツールに手を出した時点で、そのリスクは黙って追うのがツーラーの常。

例えゲームとはいえ、自ら禁止事項を破ってリスクを取った以上、それは全ては自己責任なのです。

これは、PS4セーブエディターにも利用する前の規約としてしっかりと明記されています。

PS4 本体のバージョンアップや製品仕様の変更などにより、やむを得ず本製品のサービス を終了する場合がございます。サービス終了時は通常、終了の一か月前に弊社ウェブサイト にて告知をさせていただきますが、バージョンアップや仕様変更などの状況によってはその 限りではありません。予めご了承ください。

ーーPS4セーブエディター利用規約引用ーーー

 

また、別のトラブルのひとつとして『DLC』が挙げられます。

例えば「テイルズオブベルセリア」というゲームがありますが、このゲームにはDLC(課金要素)があり、リアルマネーを払うことで、ゲーム内通過を購入することが出来たり、レベルを上げたりすることができる課金サービスがあります。

しかし、このサービス内容をPS4セーブエディターではお金を使わずに利用できてしまいます。

 

これがまた大きな問題です。

DLCという商売がある以上、実際にお金を払わなければならないコンテンツを無料で利用できてしまうのは明らかにソフト販売社にとって大きな不利益を生じます。

こうなってしまうと、もはや自己満足の領域では片付けられない問題です。

 

利用規約を破っただけでなく、DLCによるコンテンツの無断利用。

極端な言い方をすれば、もはやDLCの窃盗とも呼べる行為です。

PS4セーブエディターを使用している人は実際にその自覚はないかもしれませんが、DLCという課金サービスがあり、正規にお金を払ってDLCを購入している人がいる以上、これが許される訳がないのです。

 

オンライン化されている以上、チートツールを使っていい時代ではない

「俺はただ自分で買ったゲームのレベルを上げたりお金をカンストさせたいだけだ!他人に迷惑は掛けない!」と思って購入している方がほとんどでしょうが、現在のようにオンライン化がデフォルトのゲームにおいて、その理屈はもはや通用しません。

 

誰かがお金を払って買っているコンテンツを、自分がツールを利用して手に入れている。

この事実がある限り、いくら自分を正当化しようとも世間から見ればそれは「チーター」です。

「チーターは滅びろ!」と声を大にしている人も、実は知らず知らずのうちに自分もチーターとなっている可能性があるのです。

 

無自覚であれ規約違反をしているということは、会社の不利益に領域にまで来ているということなので、もしPS4セーブエディターを購入しようか考えている人がいるならば、一度考え直すことをオススメします。

迷った挙句、アカウントをBANされたとなっても、誰にも何も文句は言えません。

ツイッターで愚痴でも垂れようものなら、四方から叩かれるだけです。

誰も擁護してくれる人はいないでしょう。

 

このように、例えそれが個人利用が目的であっても、そこにソフト販売社の不利益が生じる可能性がある以上はチートツールを正当化することは絶対にできません。

オンライン環境が必須となった現在のゲームでは、以前のように「なーなー」で済ませてはいけないことばかりなのです。

 

厳しい言い方ではありますが、PS4セーブエディターを利用するとその時点でチーターの仲間入りです。

本当にゲームのことが好きなら、きちんと利用規約を守って秩序に則った遊び方をしていきましょう!

スポンサーリンク