【注意喚起】100均のジッパー式イヤホンとUSB-C変換ケーブルを買って、僕は大切な教訓を得た。

こんにちは。クロです。

「100均のイヤホンは実は音がいい」そんな噂を聞いたことがある人も多いはず…。

そもそも1000円のイヤホンでも音がシャリシャリしていたり篭って聴こえたり相当品質が悪いのに、100円のイヤホンなんて音が出たらそれだけで御の字では?

まぁ、たった100円で好奇心を刺激してくれるものに出会えるなら一度は試してみてもいいかなーなんて思っちゃいますよね!

というわけで、早速近場のダイソーで買ってきましたよ!

なんと、一見100円とは思えないジッパー式のカナル型イヤホンです!

ジッパー式は少し前に流行った記憶がありますが、前にネットで買ったときは3000円くらいしましたからね。それが今や100円で買えちゃうんです。令和始まってんな〜!

ジッパー式イヤホンの良いところは収納時にケーブルが絡まらないことと、使用中にも好きな長さで分岐点を調整できるので服に擦れた際に発生する「タッチノイズ」を低減してくれることです。

あと、その独特な形状からファッションアイテムとしても活用されているみたいですよ。

映えが映えする映え雑誌に載っていました。

なんか白のジッパーって繋ぎ合わせると背骨っぽいですよね。

よし、今日からこいつは「背骨イヤホン」と名付けよう。

背骨ちゃんのハウジングは新品なのに傷だらけのシルバーメッキ塗装がされていました。素材はガチガチのプラスチックなのでめちゃくちゃ安っぽいです。バリもあるし。

この辺は100円相応といった印象です。

ジッパー下のケーブルは布ケーブルになっているので癖も付きにくくしなやかで扱いやすかったです。

写真のやつはシワ付いてるけどね。

ハウジングのアップ。如何にも安っぽい銀メッキですね。でもプラスチックだからめちゃんこ軽いです。

 

音質は1分聴いただけで鳥肌ものです

では、いざ肝心の音を聴いてみます。

耳にイヤホンを突っ込んで…。あれ、なんか固定されない。

てか耳痛ぇ!なんだこれ!

バリが…耳の中を引っ掻いてきて痛いよ!!

ランニング中に使ったら耳の中が血だらけになるくらい、内耳をガリガリ引っ掻いてきます…!これはあかん!

これだけでも戦意喪失気味ですが、イヤホンで肝心なのは音質です!

とりあえず音楽を流してみます。。。

 

 

音質くっっっっそ悪いやんけ!

音質の悪さを比喩する言葉に「ラジオ音質」という言葉がありますが、いやラジオに失礼でしょ。まだラジオの方が音質いいわ!

今世紀で一番驚いたよ、もちろん悪い意味で。。。

 

別に100円のイヤホンをディスるつもりは無かったんです。

でもこれはダメ。高音が耳に突き刺さり中音が脳みそを混ぜ繰り返してくる…。聴いているだけで気持ち悪くなります。

ここで言う「聴けない」というのは生理的に聴くに堪えないという意味です…。

例えるなら、黒板をひっかく音に殆どの人が不快感を覚えるのと同じで、脳みそが「不快だ」とはっきりメッセージを送ってくる。そんな類の吐き気を催す音…。

いや、まじで僕これ10分も聴いてられなかったです…。

 

遊び半分で使ってみましたが、速攻で耳から外しました。

いくら100円でもこんなものを商品として置いちゃダメだよ(ノД`)

 

ついでに100均で買ったUSB-C変換ケーブルも使ってみた

先程のイヤホンのせいでもう既にフラフラ状態ではありますが、これとは別に同じダイソーで買ったUSB-C変換ケーブルもせっかくなのでどんな感じなのか試してみようと思います。

最近だとiPadもイヤホンジャックが廃止されてUSB-C1本に絞られましたからね。これだけでもAppleで買うと1000円するので100円で買えるなら安いものです。

見た目は普通によさそう。これは期待できるね。

開封してみて驚きましたが、シルバーの部分が普通にアルミ合板からできています。触るとひんやり。100円なのに十分高級感があります。これはすごい!

では、いざ挿入!

…。

くっっっっっそ硬いやんけ!

危うく10万円もするiPadのUSB-C端子をへし折るかと思うくらい硬かったですが、なんとか入りました。

多分3回くらい使ったら端子が折れて速攻で修理コースだと思います。

まぁもう嫌な予感しかしませんが、挿さったからには音楽を流してみます。頼むでダイソー!

 

シャカシャカシャカシャカ♪

 

…iPadのスピーカーから盛大に音楽が流れ始めました。

 

まとめ

100円で好奇心を満たすどころか100円払って不快感を買い、100円を払って10万円のiPadを失うところでした。

僕が100円を払って唯一得られたのはこの言葉だけですね。

「安物買いの銭失い」

 

あ、記事書いてる途中にUSB−C変換ケーブルはどっかいきました。

スポンサーリンク