ビデオカメラの終焉!スタビライザー搭載のスマホ用ジンバル「iSteady X」をレビュー!

※Sponsord by Hohem

動画を手ブレを気にせずに綺麗に撮影したいというのは、スマートフォンを持つものであれば誰もが一度は思ったことでしょう。

最近だとスマホに望遠カメラが搭載されるのが当たり前となってきましたが、それに伴い手ブレで映像が乱れるということに頭を悩ませている方が増えているそうです。

そこで登場したのが、スタビライザージンバルを専門に扱う「Hohem」から発売されたスマホ用ジンバル「iSteady X」です!

今回は、この類まれなきスマホの相棒となりうる動画用のアクセサリーをレビューしていこうと思います!

スマホジンバルとは?

そもそも、ジンバルという言葉に耳馴染みのない方も多いと思いますので簡単にご説明しておきます。

ジンバルというのは平たく言うと『スタビライザー』のことで、回転する土台にスマホをセットすることで縦軸・横軸・奥軸のあらゆる影響を受けてもカメラを一定の向きに保つ効果があります。

これを利用することで、普通であれば手ブレの激しいアクティブな撮影であっても、あらゆる方向に対してブレ補正が効き、ヌルヌルと動くようなスムーズな動画が撮影できるようになります。

今までジンバルというのは映画などの商用作品を作る上での撮影技法の一つでしたが、これを家庭でも気軽に楽しめるべくスマホ用に落とし込んだのがスマホジンバルというわけです。

実際にどのように使うかは「Hohem」から、スマホジンバルを利用した撮影方法や作風のわかる動画が上がっていますのでご参照ください。

外観の紹介

ここからは、実際に「iSteady X」を開封してどのように使うのかを見ていきましょう。

化粧箱はクリアなPUで本体をチラ見せ。本体カラーはブラックとホワイトの二種類があります。

付属品一覧
  • 折りたたみ三脚
  • 充電ケーブル(USB-A to C)
  • 専用ポーチ
  • ストラップ
  • 取扱説明書

付属品には折りたたみ式の三脚が付いており、ジンバル本体の底面にセットすることで立てて使うことも出来るようになっています。

例えば、机の上に立てることで”物撮り”や”自撮り”など、あらゆるシチュエーションで活用できそうです!

また、折り畳んだ状態でジンバルにセットしておくことで本体の延長グリップとして使うこともできます。

三脚をセットした状態。外出時でも三脚を持ち運ばなくても良く定点撮影ができるようになるのはかなり便利そうですね!

スマホとジンバルは上下から挟み込みだけのクリップ式となっており、装着自体は非常に簡単です。

セットした際に左右に偏りがあると正常な水平情報が取得できないため、しっかりと中央にセットするようにしましょう。

ジンバルの取っ手には制御ボタンがあり、シャッターやタイマーのセットを始めとするズーム・パン・チルト・ロールと撮影に関する様々な操作が手元だけで出来るようになっています。

大きさはコンパクトでもやれることはかなり本格派!

ホームビデオや作品作りの幅も広がることでしょう!

スマホジンバルの使い方

「iSteady X」を使うためには予めHohemの専用アプリをインストール後に、Hohemのアカウントを作る必要があります。

このご時世、余計なアカウントを作るのに抵抗がある人も多いと思いますが、Hohemアカウントはメールアドレスのみで登録できるため、個人情報などを入れずとも作成することができるのでご安心を。

アカウントが作成できたら、アプリを起動してスマホとジンバル本体をペアリングします。

ペアリングにはBluetoothを利用しますので、スマホのBluetooth機能をONにしておきましょう。

ペアリングの際には「iSteady Xはデバイス情報を取得します」にチェックを入れておく必要があります。

電源を入れると水平を計測するために2,3秒間は雲台が自動的に動きます。

動作が落ち着いたら実際に撮影してみましょう。

ちなみに、使用時の駆動音はかなり静かで動画撮影していても駆動音が入ることもありません。

ジンバルの水平感はもはや手ブレ補正とは別次元ですね…!

安定感だけで言えば空間光学手ブレ補正よりも強力で、これはもはや”そういう”撮影アイテムとして認識を改めないといけないレベルです。

こんなにグネグネしながら撮影する機会はないと思いますが、例えば下からティルトアップしながら観光地を動画に収めたいときや、人物をピックアップしながらブレ感を感じさせない映像を撮りたいときなんかに活躍してくれます!

自分の求める映像をスムーズに実現してくれる。お手軽だけど本格的な動画撮影用アクセサリーとして使っていけるのはこれ以上無い贅沢だなって。

これ一つあれば遊びも撮影も、より一層楽しくなりそう!

あと、『顔認識モード』にすると顔を動かしても自動的にロール追尾してくれるため、常に自分を映しつついろんな角度から背景と自分を一つのフレームに収めることができてかなり便利でした!

『ズーム操作』も手元のスイッチで簡単に操作できるため、一体感のある撮影が可能。

もうビデオカメラを引っ張り出してきて使うなんてことは、きっと一生涯無いでしょう。

令和の時代にビデオカメラはもう完全に”過去の産物”ですね。

これを見ちゃうとビデオカメラは平成の化石と化したことを嫌でも実感します。

Android端末だと正常に動作しない場合もある

なお、「iSteady X」には細かな不具合もあるようで、例えばGalaxy S10シリーズとは相性が良くないようで、何回やってみても初期ペアリングが上手くいきませんでした。

また、どうにかセッティング出来ても録画ボタンを押すと再生とストップが同時に起こったり、音量が勝手に変わったりと誤動作しまくります…。

この辺りはアプリのアップデートで解決できるはずなので対策が待たれますね。

あと、ジンバルとしては250gと軽量な部類ではありますが、スマホと合わせると500g近くになるため長時間使っていると腕が結構辛くなってきます。

バッテリーを内蔵しているので多少はしょうがないと思いますが、この辺りはまだまだ及第点だと言ったところでしょうか。

一度使うと病みつきになるヌルヌルな撮影感!

スマホジンバルを使うことで、日常シーンを少しだけリッチに、まるでドラマの主役のように引き立ててくれるダイナミックな撮影が可能になります。

大きさもバックに収まるほどコンパクトで嵩張ることもありませんし、いい瞬間をもっと素敵な思い出に残すために一時流行った『自撮り棒』のように、スマホムービーのマストアイテムとして爆発的にヒットしそうな予感がします!

「スマホでもストーリー性のある動画撮影がしたい!」「味気ない映像から脱却したい!」というワンステップ上の動画を撮影したい方から、旅行先で撮影したホームビデオをもっと綺麗な映像として残しておきたいという方まで、幅広いユーザーニーズに添ったアイテムを是非一度手にとって見てほしいと思います!

スポンサーリンク