メルカリで欲しい商品を値下げをさせる魔法の一言!これさえ言えば9割値下げ交渉が成功する!?

メルカリで値下げ交渉が上手くいかない…。

そんな方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、元家電量販店員の僕がお教えする『メルカリで欲しい商品を値下げさせる魔法の一言』をご紹介します!

なかなか値引き交渉が成功しないというあなた!

自分でどこまで出来ているのかチェックしながら見ていってほしいと思います。

 

購入者=お客さんではない

まず、最初に心構えとして覚えておいてほしいのが、メルカリはフリマアプリであり、店と客の関係ではありません。

なので、大前提として出品者に対して横暴な態度を取ることはご法度です。

小学校のときに先生から習ったと思いますが「自分がされて嫌なことは他人にもしないこと」

これが本当に重要になります。

メルカリは他のフリマアプリやオークションアプリに比べて、ネットマナーが悪いことで有名です。

手軽に使える分、雑な言葉遣いになりがちですが、相手は同じ人間だということをまずは強く意識するようにしましょう。

「自分が言われて嫌な事は相手に言わない!」これは絶対に外せないマナーです。

 

いきなり値引き交渉をしない

これ、よくやりがちの方も多いと思いますが、挨拶もせずにいきなり「○○円になりませんか?」とか「値引きできますか?」と聞くのは止めましょう。

自分が出品者の場合で考えてみて下さい。

これで売ろうと思った金額に、いきなり横から人が来て「○○円にしてよ。」って言ってきても「いやいや…よそで買えば?」って思っちゃうでしょ?

先程もいいましたが、メルカリはフリマアプリであってショッピングアプリではありません。

出品者も購入者も対等な立場であるということを覚えておきましょう。

そのうえで、最低限「コメント失礼します。」や「こんにちは。」など最低限の挨拶は忘れないようにしましょう。

いきなり「○○円引いてよ」って言ってきても、何コイツって思うよね!

値下げしたいなら、まずは相手に購入の意思があることを伝える。そして出来るだけ丁寧な言葉遣いに気を配る。

これだけで高い商品なら1000円以上の値引きが可能になります。

「こんにちは!購入を検討しているのですが」この一言を追加するだけで出品者的には優遇してあげようという心理が働きます。

 

1割以上の値引き交渉をしない

欲しい商品は1円でも安くしてほしいですよね?

だからと言って焦って1000円の商品を半額の500円にしてください!なんて言うのは論外です。

これも自分が出品者の立場になって考えると分かるのですが、数秒考えただけで「こいつアホか」って思っちゃいますよね(笑)

いきなり大きな値引き額を提示してはいけません。

最初はせいぜい1割。

1000円の商品なら100円引きが基本です。

もちろん前提として丁寧な言葉遣いと挨拶は忘れないようにしましょう。

いきなり3割〜の値引き交渉はご法度!最悪の場合ブロックされちゃうので要注意です!

 

さらに値引きが出来る魔法の言葉

上記で紹介したのは、あくまでも正攻法。

高い商品など、1,000円〜10,000円まで大きく値引きがしたいなら、これからご紹介するテクニックは絶対に外せないので覚えておきましょう。

 

まず、高額商品は基本的には何回かコメントでやり取りをするようにします。

これは家電量販店の値引き交渉テクニックの一つなのですが、値引きが上手くいくかどうかはコミュニケーションが全てと言っても過言ではありません。

気になることがあっても質問攻めにせずに、できるだけ興味があるという意思表示をしながら質問してみましょう。

そうすることで、出品者との間に小さな信頼関係が生まれてきます。

小さな信頼関係という絶妙な距離感が重要です。

そこで最後のひと押し。

 

「この商品が欲しいのですが、実は売上金が○○円しかないので…無理ですよね?」

 

正直この一言はかなり効きます…。

これも値引き交渉の心理テクニックのひとつで、相手に自分が不憫であるという認識を持たせるテクニックです。

 

テレビでよく芸能人が食べ歩きしてるときに

「これ食べられるんですか?」「わー!おいしそー!」と言っているシーンがあると思いますが、これも原理は同じです。

要は相手側に「サービスしちゃえ。」と思わせる一言が、メルカリの場合は「売上金が○○円しかないので…無理ですよね?」に当たるわけです。

この場合、相手は凄く断りづらいので「じゃあ○○円でいいですよ。」と快諾してくれる可能性が非常に高いです。

 

なんだか後ろめたい気持ちになるかもしれませんが、家電量販店では割とよくある光景でお客さんが普通に使ってくるテクニックの一つなので、特にメルカリだからといって気後れする必要はありません。

 

ただし、このテクニックが使えるのはコンビニ支払い以外の場合だけです。

コンビニ払いを選択してしまうと、出品者側に【購入者がコンビニ支払いを選択しています。】と表示されてしまうので、「コイツ売上金で支払ってねーじゃん!」とバレてしまいます。

取引終了後に悪い評価を付けられる可能性があるので、このテクニックを使う時はクレジットカード支払いか、売上金支払いの場合のみにしましょう。

値引きしてもらった後は必ずお礼を言うようにしましょうね!

 

お互いが気持ちのいい取引で終わるのが基本です

以上、メルカリで使える欲しい商品を値下げさせる魔法の一言をご紹介してきました。

全てのことに言えることですが、ここでご紹介したことはあくまでも小手先のテクニックです。

基本的には相手との信頼関係あっての値下げ交渉術なので、相手に嫌われてしまっては意味がありません。

どんな方法であっても、必ず相手と気持ちのいい取引で終われるようにマナーを守っていきましょう!

 

更にお得に値引きする方法!

なお、こちらは一回限りの方法となりますが、メルカリには『友達紹介ポイント』というのがあります。

メルカリでは下記の友達紹介コードを入力することで、最低でも50円分のポイント〜最高で10,000円分のポイントが必ず貰えます。

メルカリを新しく始めてみようと考えている方は、ぜひ招待コードの入力を忘れずにやっておきましょう!

招待コード:FJGDPT

メルカリの登録はこちらより可能です。

 

メルカリまだやってないよーって方は『友達紹介コード』は使わなきゃ絶対もったいないので、是非利用してみてくださいね♪

スポンサーリンク