【高音質&低遅延】ニンテンドースイッチの音声をBluetoothイヤホンやヘッドフォンで聞く2つの方法!

こんにちは!クロです!

PS4でBluetoothイヤホンを使用する方法!でもチラッとご紹介しましたが、今回はニンテンドースイッチの音声をBluetoothイヤホンで聴く方法をご紹介していきます♪

 

ニンテンドースイッチにBluetoothイヤホンはペアリングできるのか?

残念ながらできません。

ニンテンドースイッチにBluetooth機能自体は内蔵されていますが、これはJoy-Conやプロコン、キーボードなどの”入力機器”にのみ対応した機能です。

Bluetoothで音声を飛ばす”Bluetoothオーディオ”には対応していません。

しかし、ある2つの方法を使ってニンテンドースイッチでもBluetoothイヤホンやヘッドホンを使用することができるようになりますので、これからご紹介していきます。

 

ニンテンドースイッチでBluetoothイヤホンやヘッドホンを使用する方法

ニンテンドースイッチでBluetoothオーディオを使用するには、2つの方法があります。

ニンテンドースイッチに直接Bluetoothトランスミッターを挿す方法。

テレビ出力にBluetoothトランスミッターを挿す方法

 

①ニンテンドースイッチにBluetoothトランスミッターを挿して使う

そもそもBluetoothトランスミッターとは何なのか説明すると、簡単に言えばニンテンドースイッチから出力される音声をBluetoothで飛ばすことができますよー。という製品です。

ニンテンドースイッチのUSB-C端子に取り付けてあるこのコンパクトな製品が、Bluetoothトランスミッターです。

様々な形状のものが発売されていますが、僕が使用しているのは出っ張りの少ないこちらの製品です。

①の方法では、このようなBluetoothトランスミッターをニンテンドースイッチのUSB-C端子に挿して使用します。

人の耳では判別できないほどの超低遅延の「aptX LL」にも対応しているので、スプラトゥーンでもフォートナイトでも何でもござれです。音質もよくニンテンドースイッチに挿すだけでBluetoothイヤホンやヘッドホンが使用できます。神です。

詳しい使い方や使い勝手は別の記事にまとめていますので、合わせてご覧いただければ参考になると思います!

 

続いて、今度は携帯モードではなく”TVモード”でBluetoothオーディオを使う方法をご紹介します。

TVモードでプレイするときに活躍してくれるのが「BT-W2」というBluetoothトランスミッターです!

こちらはPS4でBluetoothイヤホンを使用する方法でもご紹介しましたが、こちらをニンテンドースイッチのドックのUSB端子に挿し込むだけでBluetoothイヤホンやヘッドホンが使えるようになります。


このようにニンテンドースイッチのドックに付いているUSBポートにBT-W2を差し込むだけでOK。別途で電源なども必要ありません。

テレビ画面の左上に「USBのボリューム」と表示されたら認識成功です。

あとは、「 BT-W2」の真ん中にある電源ボタンを3〜4秒間長押ししてペアリングモードを起動させましょう。

最後に、使いたいBluetoothイヤホンやヘッドホンをペアリングモードにすれば、自動的に接続が完了します。

これで、ニンテンドースイッチから出た音声は全てBluetoothイヤホンから流れるようになっているはずです。音声がきちんとイヤホン側から出力されているか確認しましょう。

 

ただし、BT-W2を使ってペアリングする方法では、ニンテンドースイッチがBluetoothオーディオとして認識するまでに少し時間がかかる印象を受けました。

一度接続されると音飛びや音切れなどは特にありませんでしたが、接続されるまで少しだけ時間が掛かる場合もあるということを覚えておくといいと思います。

ちなみに、音量調整はイヤホンやヘッドホン側のボリューム調整から行います。こちらも「aptX LL」に対応しているので音質もほとんど劣化しませんし、遅延に関しても体感では全くわからないほど快適に動作します。

 

「aptX LL」がどれほど低遅延なのかは、以下のグラフをみて頂ければ分かっていただけると思います。

音声遅延は100msが0.1秒なので、40msという「aptX LL」の音声遅延は0.04秒という計算になります。早押し対決でも0.04秒で押せれば世界トップクラスですよ。

実際にゲームをプレイしてみると分かりますが、スプラトゥーンやフォートナイト等のTPSやFPS系のゲーム、音ゲーなども遅延を全くといっていいほど感じることなくプレイできました。

どのゲームでもそうですが、ワイヤレスイヤホンでゲームをするときはできるだけ低遅延のBluetoothコーデックに対応している製品を選ぶことが後悔しないお買い物のコツになりますので、覚えておくと凄く便利ですよ!

ちなみに「aptX LL」対応のBluetoothヘッドホンがどれか分からない!という方は、僕も使っているこちらの製品がお手頃なのでオススメです。

あと言い忘れましたが、先ほどの”携帯モード”用のBluetoothトランスミッターでも、変換アダプターを使用すればニンテンドースイッチのドックに挿すことができるので”TVモード”で使用することも可能です。

どちらか一つの製品に絞りたいという方は、こちらのBluetoothトランスミッターのほうが利便性は高いと思います。

ただし、接続の安定性に関しては「BT-W2」の方がいいと個人的には思いますので、この辺りは自分の使用用途に合わせて購入されるのがいいと思います。

逆のパターンで、「BT-W2」でも変換アダプターを使用すれば”携帯モード”でも使えなくはないですが、この場合は下側が出っ張ってしまいプレイするときに結構邪魔になります…。

変換アダプターを付けると、下の出っ張りが邪魔になります。

どちらを購入するかは自身の使用環境に合わせて、自分に合う製品をチョイスしてみてください。

個人的には”携帯モード”用のBluetoothトランスミッターのほうが使い勝手はよかったです。

 

②テレビ出力にBluetoothトランスミッターを接続して使う

もう一つの方法としては、テレビ側の音声出力にBluetoothトランスミッターを接続する方法があります。

要は、普通はテレビの音声はテレビのスピーカーから出るものですが、これをBluetoothトランスミッター側から出力しちゃおうってことです。

この方法の良いところは、テレビから出る全ての音声をBluetooth化して流すことができること。つまり、ゲーム以外にもテレビ番組や映画の音声までもBluetooth化して聞くことができる点です。

この手の製品では「TaoTronics」が有名ですね。Bluetoothイヤホンも手掛けている国外の大手メーカーです。

こちらに関しては別途で設定方法と使用感を記事にしていますので、気になる方は合わせてご覧頂ければと思います。

詳しい使用方法は上の記事を参照してもらうとして、ここではざっくりとテレビ出力のBluetoothトランスミッターのメリットをご紹介しましょう。

テレビ出力をBluetoothトランスミッターにするメリット!

  • 光デジタル端子を使うので、テレビから出る音声を全てBluetooth化できる
  • 高音質&低遅延のコーデック「apt-X LL」を使用することができる
  • ゲーム機やBDプレイヤーなどの互換性を気にせず使える
  • バッテリーを内蔵しているので、電源がなくても使える

 

もちろん製品によって若干の違いはありますが、概ねの特徴としてはゲーム以外のテレビ音声も全てワイヤレス化できることのメリットが大きいです。

お手持ちのテレビに光デジタル出力端子が無いといった方は、3.5mmステレオジャックにも対応していますので特に困るということはないと思います。

プライムビデオやNetflixなどの動画ストリーミングサービスを利用している方は、テレビ出力のBluetoothトランスミッターのほうが色々な面で恩恵を受けることができるかもしれませんね!

 

TVモードでケーブルレスでゲームが出来るのは本当に快適!

以上、ニンテンドースイッチの音声をBluetoothイヤホンやヘッドフォンで聴く2つの方法をご紹介してきました。

ちなみに、USB型のBluetoothレシーバーというものも販売されていますが、こちらはPC用でインストールが必要となるので使用することができません。(インストールが必要なものはニンテンドースイッチ等のゲーム機では使うことはできません)

 

長くなりましたが、ご紹介した製品はどれも高品質で非常に使いやすいので、ニンテンドースイッチでBluetoothイヤホンやヘッドホンを使いたいという方は是非一度チェックしてみることをお勧めします!

 

①ニンテンドースイッチにBluetoothトランスミッターを挿して使うで紹介した商品

 

②テレビ出力にBluetoothトランスミッターを接続して使うで紹介した商品

スポンサーリンク