PS4を売るときに絶対に気を付けるべき注意点!そのまま売るのはダメゼッタイ!

こんにちは!クロです!

みなさんは不要になったゲーム機を売るときはどうしていますか?

ろくに電源も入れずに、そのまま箱に入れて売りに行っていませんか?

それ、実はとーーーってもマズいことなんです…!

今回は、そんなPS4を手放す際に、絶対に注意しておくべき点についてまとめてみました!

そもそも電源は入る?

まず、大前提なのですが不要になったからと言って電源が入るかどうかを確認しないのは論外です。

お店に買い取りに出すにしろ、メルカリなどのフリマアプリに出すにしろ、最低限PS4が起動するかどうかは確認しておきましょう。

ディスクが入りっぱなしになっていないか

これは結構忘れる方が多いのですが、PS4にディスクを入れっぱなしにして気付かずに売ってしまう方が非常に多いのです。

お店の場合、あとから連絡が入る場合もありますし、フリマアプリの場合だと後々どうするのかで揉める場合もありますので、ディスクが入っていないことを必ず確認してから手放すようにしましょう。

よく忘れる方がいらっしゃるので要注意ですよ!

PS4本体を必ず初期化すること

PS4は他のゲーム機と違い、PSアカウントで紐づけされていたりスクリーンショットを保存しておく機能があります。

特に、PSアカウントには個人情報が記録されていますので、もし初期化をせずに売ってしまうと、これらのデータを悪用される可能性もあります。

(スクリーンショットもネットの個人情報の画面が写ってあると危険です)

PS4の初期化は絶対にしておくこと!

PS4の初期化方法

ではここで、PS4の初期化方法をご紹介しておきます。

まず、最初にPSアカウントからサインアウトします。


「設定」→「アカウント管理」に入ります。

「サインアウト」を選択します。

これで、PS4本体からPSアカウントをサインアウトすることができました。

また、「いつも使うPS4」に登録してある方はこちらも解除しておくと、買い替えた際にスムーズにログインできますのでオススメです。

続いて、PS4に保存されているデータを初期化する手順をご紹介します。


「設定」→「初期化」を選びます。(一番下にあります)

「PS4を初期化する」を選択します。

初期化方法を選択します。ゲームしかしない方は「クイック」でも問題ありませんが、本体に個人情報の分かる画像等を入れている場合は念のため「フル」にしておくのが無難です。(ただし、フルは初期化までに時間が掛かります)

初期化が進んで、このような画面が出たら作業終了です。おつかれさまでした。

ゲーム機を売るときは事前に公式サイトなどで確認を!

以上、PS4を売る際に気をつけるべき点と初期化の方法のご紹介でした。

PS4に限ったことではないですが、最近のゲーム機はネットワークで繋がっているものも多く、個人情報の入ったアカウントで紐付けられているケースが多々あります。

最近のゲームの公式サイトには、ゲーム機を売る際の手順などが必ず記載されていますので、一度は必ず公式サイトを確認するようにしましょうね!

スポンサーリンク