【PS4の使い方】PS4でワイヤレスサラウンドヘッドセットを使ってみたら世界が変わったww【有線でも無線でも使えるヘッドフォン】

 

※新型が出たので早速買ってみました!!

 

今回は以前の記事【PS4でBluetoothイヤホンは使用できるのか?】に引き続き

PS4やPS3、はたまたPCやスマホでも利用できる

『ソニー純正ワイヤレスサラウンドヘッドセット』をご紹介します!

いやー、これ実際に使ってみるとすげー便利ですわww

先に言っておきますが、このヘッドフォン1万円します。

決して安くはない金額ですよね?

僕もポチる前に1時間ちょい悩みましたw

でも、買って分かりました。

これほどまでに有意義に1万円を使える製品があったのかと。

1万円を超えるヘッドフォンは腐るほどあります。

しかし、このワイヤレスヘッドセットはPS4に特化しているだけでなく、

PS3、PS4、PC、その他イヤホンジャックがある製品なら全てに使用できるので、めっちゃ利便性が高いのです…。

しかも、7.1chサラウンド機能にマイク内蔵、イコライザーも弄ることができる…。

こんな多機能な製品ありますか?

今からこのヘッドフォンの魅力をしっかりご紹介していきますので、PS4の音を無線で聞きたい方以外にも、何か漠然と面白いヘッドフォンを探している方も、是非見ていって下さい!

ゲーム意外にも、例えばスマホの音楽を聴いたりするのにも使えますよ♪

外観

まずは簡単に外観を見ていきましょう!

f:id:skspirit0148:20170217180710j:plain

このヘッドフォンの特徴。折りたためるので収納場所に困りません。

っと言いたいところですが、正直かなりデカイので収納には困りますww

ヘッドフォンを置く場所はあらかじめ考えておきましょう!

f:id:skspirit0148:20170217180913j:plain

ヘッドフォン自体のデザインは非常にスマートな印象。

△○×□のボタンがPSっぽさを演出しているのはいいですね!

デカイけどね!

f:id:skspirit0148:20170217181113j:plain f:id:skspirit0148:20170217181135j:plain

これ大事です!めっちゃ大事!!

僕は頭が小さいので、よくヘッドの部分が頭を圧迫してすぐに痛くなるんですよ…。

音は良いのにすぐに頭が痛くなる…。

これだとどんなに良い音質のヘッドフォンでも意味がありませんよね?

こういうことって、本当によくあります。

 

でもこのヘッドフォンはクッション性が優れているので、バイオハザード4を1時間ほどやりましたが、頭が痛くなりませんでした!

これは僕の中では最も素晴らしいとも言えるメリットです!

ヘッドフォンといえば音質に目が行きがちですが、実は装着感ってめっちゃ重要なのです!

設定方法

では、ここからこのヘッドフォンのセッティング方法をご紹介します。

 

PS4で使う場合

PS4で使う場合はとっても簡単!

もともと専用設計された製品なので、付属のUSBレシーバーをぶっ刺すだけで使えます!

f:id:skspirit0148:20170217181952j:plain

このUSBレシーバーをPS4のUSB端子にぶっ刺します。

 

f:id:skspirit0148:20170217182029j:plain

すると、通電されるので、レシーバーのLEDが青色に光ります。

これで準備OKです!

あとは普通にPS4を起動すれば、出力される音声は全てヘッドフォンから出力されます。

PS4で使う場合は「USBレシーバーをPS4に挿す」「ヘッドフォンの電源を入れる」これだけで使えちゃいます♪

PCで使う場合

続いて、PCで使う場合のやり方をご紹介します。

まず、PCにUSBレシーバーをぶっ刺します。

そうすると、自動的にドライバーがインストールされますので、しばらく待ちます。

インストールが完了すれば、あとは「オーディオ出力先」をヘッドセットに変更するだけ!

ポイント

Bluetoothなどの面倒な設定は一切必要ないので接続が簡単です!

各種ボタンの説明

このヘッドフォンは多機能ゆえに、ボタンが多いので細かいボタンの説明をしていきますねw

ちなみに、ボタン類は全てL側に集中しております。

f:id:skspirit0148:20170217181745j:plain

まず、電源ボタンですが、スイッチ式になっています。

電源ボタンのモード

  • 「OFF」の状態が、電源OFF
  • 「1」の状態が、イコライザー無しのスタンダードモード
  • 「2」の状態が、プリセットしたイコライザーモード

このヘッドフォンはPS4で『ヘッドセットコンパニオンアプリ』というソフトを使うことで、配信されているタイトルに最適化されたイコライザーで音声を楽しむことができます。

例えば、アンチャーテッドを選ぶとアンチャーテッドでガラスが飛び散る際に、より迫力のある効果音が得られるなど。

基本的には「1」で問題ないですが、どっぷり没頭したい作品がある場合は、積極的に「2」を使っていくといいでしょう!

僕は普通に「1」でバイオハザード4をやりましたけど、それでもめっちゃゾンビの声が斜め後ろから聞こえてきてゾワゾワしましたけどねw

f:id:skspirit0148:20170217183104j:plain

これは見たまんま、ボリューム調整するボタンです。

意外といいのが、最小音量でもうるさくない点。

無線ヘッドフォンだとよくあるんですが、最小音量でもめっちゃうるさいやつ無くないですか??

僕はあれで何回も痛い思いをしてきているので、この細かい音量調整ができる機能は地味に嬉しかったです。

f:id:skspirit0148:20170217183331j:plain

これは、チャットボリュームを調整することができるボタンです。

僕は、チャット機能は使ってないのでよく分かりませんが、ゲーム音量を下げずにチャット音声だけを上げることができるみたいですね。

ゲームチャットをよく使う方には嬉しいんじゃないでしょうか?

f:id:skspirit0148:20170217183604j:plain

マイクのミュートボタンです。

というのも、僕は最初、ヘッドフォン自体のミュートボタンだと思って押してみたら普通に音がなり続けていて、押しまくったのでww

ちょっと分かりにくいですけど、マイクのミュートですからね!

お間違いなく!

f:id:skspirit0148:20170217184427j:plain

コレが本命!デジタル7.1chボタンです!

僕は親しみを込めて「神のボタン」と呼んでいます…w

このボタンを1秒ほど長押しすると、デジタル技術により、疑似的に7.1chを可能にしてくれるんです!

7.1chというのは、自分の周りに7つのスピーカーと1つのサブウーファーが設置されている環境のことで、分かりやすく言えば映画館のような立体感のある音質を楽しむことができるようになる機能です!

 

ちなみに、もともと7.1chのゲームはボタンを押さずとも7.1chで楽しめるのでご安心を!

例えば、バイオハザード4は元々は5.1ch仕様なんですが、この機能を使うと本当に凄いですよ…。

もう全然リアルさが違います…。

5.1chの場合だと「あ、ゾンビが横の方にいるなー。」って程度しか分からず、しかも所詮は「ゲームのゾンビ」感が強いんです。

でも、この7.1chモードにすると空間の広がり方が物凄くリアルに再現されるので、「ゾンビがそこにいる」感がやばいです…w

本能的に身の危険を感じるのか、血管という血管がキュッと縮まるような感覚を味わえますよww

(交感神経が刺激されるのでゲームへの集中力が増します。)

バイオハザードのオフラインですらこれですからね。

BFシリーズとかFPSなんてやった日には、本当の戦場感を味わえるんじゃないでしょうか?

たぶんVRと組み合わせたら、もうこっちの世界には帰って来れない気がします…。

(追記:PSVRにはサイズの関係で装着できませんでした。)

ソニーの7.1chは凄いと聞いたことはありましたが、まさかここまでとは…。

 

イヤホンジャックで有線接続する場合

さぁ、ここからは応用編です!

このヘッドフォンの魅力の一つでもある有線接続をやっていきましょう!

f:id:skspirit0148:20170217185459j:plain

ヘッドフォンの底面には、充電端子とイヤホンジャック端子があります。

ここに3.5mmイヤホンジャックを挿し込むと、普通のヘッドフォンとして使用することができるわけですね!

試しにiPadで接続してみました!

f:id:skspirit0148:20170217185610j:plain

このように、♂♂端子のオーディオケーブルを購入すれば、簡単にiPadからでもヘッドフォンとして使用できます。

音楽はこのスバ!2のOPです。名曲ですよね!

イヤホンジャックがある機種なら、何にでも使うことができますので、例えばスマホやタブレット、テレビや有線PCなどでも問題なく使用できます。

これだけ色んなデバイスに使えるのは本当に便利ですよ!

これ一台でBluetoothヘッドフォン、有線ヘッドフォン、USBヘッドフォンと3つの用途のヘッドフォンを一つにまとめることができますので、お部屋もスッキリするんじゃないでしょうか?

ちなみに、どの♂♂端子のオーディオケーブルが良いのか分からないのなら、個人的には『Amazonベーシック』のこちらのケーブルが、雑音もノイズも無くオススメです!

(5本くらい試しましたが、ノイズが乗らないのはこのケーブルだけでした。)

音質は?

さて、やっぱり気になるのは音質ですよね?

このヘッドフォンは果たしてどんな感じなのか。

ここまで紹介しといて何ですが、もうバッサリいきますよ!w

※あくまで、音楽の再生時に関してのレビューです。

ゲームのサラウンド時では絶対的な空間再現力がありますので、音質云々はまったく気になりません。

 

高音

伸びはあまりありません!

ワイヤレスなので音質に関しては仕方ない部分もありますが、至って普通のヘッドフォンといった印象です。

他の1万円分のヘッドフォンと比べてもちょっと弱いですね。

あくまでも有線と比べてなので、普通に聞いている分には特に不満はありませんでした。

気になるほど悪いわけでもないですw

 

中音

特に足りてない感じもなく、かと言って主張しすぎている感じもなく。

ただただフラットです。

フラットというよりは、「存在感が無い」が正しいのかもしれません。

下手に主張しすぎてモコモコした音になるよりは全然マシですけどね!

僕的にはこれくらいが丁度いいと思いました。

 

低音

申し訳程度の音量です。

好き好みはあるでしょうが、僕には物足りない感じがしました。

本体がごっついだけに、謎のギャップ萌えですw

ただし、音楽に限ってのみです。

何故か分かりませんが、ゲームをしている時はけっこうズンズンきます…w

あれかな?

音楽では力を発揮できないタイプなのかな?

ゲームでしか力を使いたくない気分屋なのかもしれませんね!

とりあえず、ゲームのときのサラウンド時にはしっかりした低音を楽しむことができます!

 

まとめ

以上!PS4ワイヤレスサラウンドヘッドセットのレビューをしてきました!

総評としては、本当に1万円でいいのかと言うくらいめちゃくちゃお得な製品だと感じました!

最初はPS4の音を無線で聞けたらいいなー。って程度の認識だったのですが、このヘッドフォンは「なに甘いこと言ってんじゃーーー!!」って喝を入れてくれる感じに、壮大な音場効果に本能をも刺激するような音楽を提供してくれます!

ヘッドフォン様!本当に舐めてました!ごめんなさい!

とまぁ、ただ単に無線で音を聞きたい方にとってはかなり大きな副産物が付いてくるので、PS4で無線で使えるヘッドセットをお探しの方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

7.1chを一度体験してしまうと、普通の5.1chにはマジでもう戻れませんよ!w

これでPSVRも一緒に使えたら最強だったのになぁ…!

※PSVRにも対応して軽量化した新型も買ってみました!

スポンサーリンク