ケーブル一本で簡単接続!15.6インチのモバイルモニター「On-Lap M505E」をレビュー!

※Sponsord by GeChic

突然ですが、皆さんは仕事や遊びにノートPCを使っていますか?

特に出社が憚られるこのご時世。ノートPCがあれば自宅でもどこでも仕事ができる今やビジネスマンには必須のツールと言っても過言ではないでしょう。

しかしノートPCは軽くて手軽に持ち運べる反面、小さいモニターひとつで膨大な情報を表示する必要がありデスクトップPCに比べるとどうしても作業効率が上がらないんですよね…。

そんな方にお勧めなのがGeChicからリリースされた、USB-Cケーブル一本でPCの映像を出力できるモバイルモニター「On-Lap M505E」です。

M505Eの主な特徴

この製品は40°〜85°の無段階角度調整が可能な15.6インチ液晶を搭載しており、1980×1080のフルHD解像度に広視野角で発色の良いIPSパネルを採用。

USB-Cケーブル1本でPC画面やスマートフォンの映像を出力可能という、高い機動力を兼ね揃えるモバイルモニターとなっています。

さらに一風変わった機能として、モニター同士をデイジーチェーン接続で繋ぐことにより、会議などでモニターを多数表示させたい場合にもHDMIスプレッターを使わずに最大14台まで並列接続することで、手軽に多人数と情報を共有することが可能です。

他にもこのデイジーチェーン接続を使うことで、例えばNintendo Switchを二台同時にモニター接続することで、スプラトゥーンなどのマルチ必須のタイトルでは『1人1画面』で悠々と遊ぶことも出来ます。

仕事にも遊びにも使える万能モニターとして、手元にひとつあると重宝する機種だと言えますね。

「On-Lap M505E」のスペック
サイズ 15.6インチ
解像度 1920X1080
モニター形式 IPS
視野角 170度
コントラスト比 700:1
輝度 250 cd/m2
入力端子 HDMI, USB Type-C(DP1.2)
3.5mmオーディオジャック
スピーカー 1.5W(Max.) X2
厚み 8.6mm
重量 1168g

外観チェック

わりと地味なタイプのフラストレーション・パッケージで梱包されていました。

付属品
  • USB-C to Cケーブル(給電&映像出力対応)
  • USB-C to A変換アダプター
  • HDMIケーブル
  • USB電源アダプター
  • ユーザーマニュアル
  • ディスプレイケース

「M505E」には、給電&映像出力に対応したUSB-CケーブルやHDMI、給電用のUSBアダプターなどが最初から付属されてくるため、別途でケーブルなどを揃える必要もなくスターターセットであらゆる接続に対応しています。

また、本製品には質の高い頑丈なディスプレイケースも付属されており、他社製のモニターと比べても付属品はかなり豪華だと思います。

本体は15.6インチを搭載した1920×1080のIPS液晶です。

ベゼルも薄くスタイリッシュでかっこいいですね!

角度調整は無段階で40°〜85°まで対応しています。

実際に触ってみると片手でも少しの力で角度調整ができるので扱いやすくていい感じ。

また、スペック表には角度調整は40°〜85°と記載されていますが、一応それ以上の角度でも置くことは可能のようです。(視野性がいいかは別問題ですが)

完全に180度の状態でも使えることは使える。

ボタン配置は、右側面に全てが集約されています。

左から「セキュリティロック,電源ボタン,音量調整,メニュー表示,入力切替」です。

この辺りは他のディスプレイ製品と特に変わらない操作性のため割愛します。

強いて言えば、HDMIやUSB-Cなど対応する端子を接続することで自動的に電源がONになるので、いちいち入力切替を押さなくてもよく利便性が高いことでしょう。

入力・出力端子類は全て背面に集約されています。

左から「ヘッドホンジャック・HDMI出力・HDMI入力・USB-C入力・給電用USB-C」です。

基本的には、HDMIもしくはUSB-Cと繋いで映像を出力するのですが、複数モニターと並列で繋ぐ場合にはHDMI出力ポートも同時に使用するようになるようです。

また、映像&給電として接続する場合は必ず左側の「USB-C入力ポート」を使用しなければなりません。

給電用はあくまでも電力が足りない場合、もしくはHDMIで接続する場合に使うポートとなりますので、USB-C一本で繋ぐ場合は間違えないようにしましょう。

なお、本体には左右にスピーカーが内蔵されていますが、ヘッドホンジャックが接続できるようにもなっています。

USB-Cケーブル一本でノートPCの映像を出力してみた!

さっそく本製品の目玉機能でもあるUSB-C接続一本による映像出力と給電能力を試してみました。

このモニターは、一般的なモバイルモニターの中でも特に大きい15.6インチというサイズを採用しており、持ち運び用のモニターとは思えない情報量の多さと携帯性の両立を実現しています。

また、持ち運びの際にも付属のディスプレイケースを使用することで、15.6インチのラップトップPCと一緒に持ち運ぶこともでき、場所を取ることもなく快適に運用できます。

画質に関しては、さすがはフルHD解像度のIPS液晶です。

高い色再現性に加えて、色域の広さで非常に美しい映像を映し出してくれます。

視野角についても大体170°はあるので、斜め横から見ても色が反転したり暗くなったりもしませんし、ちらつきや残像感も無いためモバイルモニターとしては余裕の合格点だと感じました!

私は普段から15インチのゲーミングノートPCを愛用しているのですが、サブモニターとして使うならこれ一台あればもう他のモニターはいいかなって思っちゃいましたね。

だって、今のノートPCって標準で映像出力に対応したUSB-Cポートが付いている機種が多いですし、今まで電源コードがあることで持ち運びとは無縁だった『モニター』を持ち運べるようになっちゃったんですから。

たとえ持ち運ぶ用途がなくても、机の上のケーブルがUSB-Cの一本だけになるってだけでも配線のごちゃごちゃから開放されるってメリットが大きすぎますからね!

もちろん、USB-Cに非対応機種は今まで通りHDMIケーブルを使えばいいわけですから、従来のモニターに比べて汎用性の高さは群を抜いていると言えます。

あと、角度調整はできませんが縦置きも問題なく使えました。

ノートPC環境で憧れの縦置きモニターがスタンドも何も必要なく手軽に増設できちゃうのって軽い事件じゃないですか…?

本当に何でもできちゃいますねこのモニター!

スマホ、タブレット、全てUSB-Cケーブル1本でOK!

「M505E」はPCとの接続のみならず、スマホやiPadなどのモバイルデバイスともUSB-Cケーブル1本でスムーズに映像出力が可能です。

試しにGalaxy S10と繋いでみましたが、USB-C端子にそのままケーブルを挿すだけで非常に簡単に映像を映し出すことができました。

なお、iPhoneの場合はHDMIでのみ表示可能となりますので別途変換アダプターが必要となります。(iPad Proの場合はそのまま繋ぐだけで出力可能)

スマホのゲームなんかもIPSの綺麗な大画面で遊べちゃうので満足感はかなりありますね!

他にもYouTubeの映像出力にも対応しているので、動画視聴を大きい画面で見たい方にも嬉しいんじゃないでしょうか。

もちろん、対応機種であればUSB-C一本繋ぐだけでOKなので、めちゃくちゃ手軽です。

お手軽だけど『サブモニター』としては超本気の品質

「M505E」はUSB-Cケーブル一本で接続から給電まで補完することで、モバイル用途に特化しつつ画質や品質を犠牲にすることなく扱える『超本気』のモバイルモニターだと思います。

個人的には持ち運びはもちろんですが、机の上にポン付けで置いてスマホやゲーム用のマルチモニターとして使うのがオススメ。

何せ『USB-C一本で繋げる快適性』を一度でも体験してしまうと、もう電源コードが生えたモニターを使うのなんて煩わしさしか感じませんからね…。

最近では4Kやら144Hzやら高画質・高リフレッシュレートのモニターが流行っていますが、やはりサクッと使えるというのはスペック云々よりも優先される、ユーザビリティに直結する大事な部分だと思います。

ストレスフリーで本気で「使えるモニター」をお探しの方は、M505Eは本当に良い製品なので是非チェックしてみることをお勧めします。

スポンサーリンク