【低遅延】PS4でBluetoothのワイヤレスイヤホンを使用する為の3つの方法!

スポンサーリンク
こんにちは!クロです!
前回は「PS4から出る音声をコントローラーのイヤホンから出力する方法」をご紹介しました。

しかし、時代は今やワイヤレスです!

コントローラーも無線なら、イヤホンも同じように無線で使いたいと思いませんか?

そこで今回は、PS4でBluetooth無線イヤホンを使用できるのかどうかを検証していきます!

 

PS4でBluetoothイヤホンは使用できるのか?

結論から言ってしまうと、PS4でBluetoothイヤホンを利用することは出来ます。

しかし、PS4本体から直接Bluetoothオーディオとして接続することは出来ません。


普通にPS4の設定からBluetoothイヤホンをペアリングしようとしても認識してくれません…。

 

PS4はBluetoothオーディオに対応していない

実は、PS4自体はBluetoothオーディオには対応していません。

簡単に説明すると、PS4にはデュアルショック4やキーボード等の入力デバイスとしてのBluetooth機能は搭載されているのですが、サウンドを再生したりマイクを入力する”Bluetoothオーディオ”には対応していないのです。

なので、BluetoothイヤホンやヘッドホンをそのままPS4と接続しようとすると、上記のような画面となり接続することができないと言うわけです。

 

他に接続する方法は?

では、BluetoothイヤホンやヘッドフォンをPS4で使用する方法は何か無いのでしょうか?

方法としては3つの選択肢があります。

  1. PS4のUSB端子に接続するBluetoothレシーバーを使う
  2. PS4専用のワイヤレスヘッドセットを使う
  3. Bluetoothトランスミッターを使う

 

方法としては色々ありますが、USB端子に接続すれば使える簡単なものから、ある程度セッティングしないと使えないものまで様々ありますので、ここでは詳しいやり方を見ていきましょう。

■ USB型のBluetoothレシーバーを利用する

PS4はUSB機器を「USBオーディオ」として認識してくれるので、USB型のBluetoothレシーバーを使うことでBluetoothイヤホンやヘッドホンを使用することが可能となっています。

Bluetoothレシーバーとは?

PS4のUSB端子に挿し込む小さな送信機。レシーバーとBluetoothイヤホンの間をワイヤレス化できる製品です。

 

分かりやすく言えば、レシーバーとイヤホンの間をBluetooth化してしまい、それをPS4の「USBオーディオ」として認識してしまおうということですね。

その代表格とも言える製品が「Creative Bluetooth Audio bluetooth USB transceiver PS4 BT-W2

 

これをPS4のUSB端子に挿すだけで、ゲームの音声をBluetoothイヤホンやヘッドホンから出力できるようになる画期的な製品です!

PS4をワイヤレス化する方法としてはわりと定番化されている製品で、どこのブログを見てもまず紹介されていますね。

使い方は非常に簡単で、このようにPS4のUSB端子に挿し込むだけ。

電源はUSBポートから直接供給されるので、バッテリー充電なども必要ありません。本当に挿すだけで使えちゃいます。

見た目もコンパクトなので外観を損なわないのも好印象ですね。

ただ、このままでは音声出力は「チャット音声のみ」になっているので、ゲーム音声を全て出力するには以下の設定をする必要があります。

まず、レシーバーをPS4に挿し込むと自動的に「USBヘッドセットに切り替わりました。」と画面に表示されます。(表示されない方も大丈夫です)

続いて、「設定」→「周辺機器」→「オーディオ機器」に入ります。

入力機器と出力機器が『USBヘッドセット(Creative Bluetooth Audio W2)』になっているか確認しましょう。

なっていなければ選択して変更しておきます。

 

続いて、「ヘッドホンへの出力」をすべての音声に変更します。

これでBluetoothイヤホン側にゲーム音声を含む全ての音声が出力されるようになります。

 

最後に「出力機器を自動で切り替える」にチェックを入れておきましょう。

こうすることで、USB型Bluetoothレシーバーを抜いた際に自動的にテレビ側から音が出るようになります。

あらかじめ、この三点だけは設定しておきましょう。

 

最後にPS4で使用したいBluetoothイヤホンやヘッドホンとペアリングします。

まず、「BT-W2」のボタンを3〜4秒間長押ししてペアリングモードにしておきます。

 

ペアリングモード時には製品のLEDライトが青色に点滅しますので確認しておきましょう。

 

続いて、接続したいBluetoothイヤホンをペアリングモードにします。

 

十秒ほど待つと、自動的に製品とBluetoothイヤホンのペアリングが完了します。

以上で設定完了です!

 

ちなみに、この作業は初回ペアリング時のみ必要で、二回目以降は電源を入れるだけで自動的に接続されます。

また、別のBluetoothイヤホンと接続するときは再度ペアリング作業が必要になるので、その点は注意が必要です。

 

ちなみに「 BT-W2」は”FastStream”という低遅延かつマイク入力の機能にも対応しているので、同メーカーの特定とデバイスであればワイヤレスでチャット機能を楽しむこともできます。

”FastStream”対応の製品がよく分からない方は、僕が実際に使用しているBluetoothイヤホンのリンクを貼っておきますので、是非チェックしてみてください。

公式によると、Creative Outlier SportsとBT-W2の組み合わせの音声遅延は40ms(0.04秒)とかなり低遅延のようです。

人間の反射神経の限界値が約0.03秒なので、ガチガチのFPSゲーマーでもない限りは体感で音ズレを感じることはほぼ無いと思います。

 

その他のBluetoothイヤホンやヘッドホンを使う場合の注意点

自分のお気に入りのBluetoothイヤホンやヘッドホンを使用する際には、基本的にはマイクは使用できないと思ってもらったほうがいいです。

あと、Bluetoothは音声コーデックによって音質や遅延が大きく変わってくるので、まずは自分のBluetoothイヤホンやヘッドホンがどの音声コーデックに対応しているのかを確認してみるのをお勧めします。

BT-W2は”FastStream”と同等の超低遅延コーデックの「apt-X LL」に対応しているので、個人的にはできるだけ「apt-X LL」の製品を用意することをお勧めします。

こちらが、僕も使用している「apt-X LL」対応のオススメのBluetoothイヤホンとヘッドホンです。

実際にゲームをプレイしてみても有線とほぼ変わらない遅延の少なさなので、よほど音に敏感なゲームでもない限りは違和感なく遊ぶことができると思います。

 

接続の安定性は?

Bluetoothの安定性は非常に良好です。ゲームの途中で通信が途切れるといったことも特にありません。

製品自体のクオリティは非常に高いので、安心して使用できる製品だと感じました。

ちなみに、PC用に販売されているUSB型BluetoothレシーバーではPS4には使えませんのでご注意ください!

 

BT-W2の気になる点

気になった点

  • ボリューム調整がシビア
  • テレビ側から音を出すときにはUSBを抜かなければならない

 

どちらもそこまで大きなデメリットはありませんが、まずボリュームがちょっと大きいかな?っと感じました。

ただし、これはPS4側のボリューム調整を小さくしたり、Bluetoothイヤホン側に独立したボリュームボタンが付いていれば問題ないので、個人的にはそこまで問題ではないかと思います。

 

それよりも、テレビ側から音を出したくなった時はいちいちUSBレシーバーを抜かなければならないほうが割と面倒くさいですね。

一応「設定」→「周辺機器」→「オーディオ機器」→「出力機器」から出力先をテレビ側に戻せばいいだけなんですが、わざわざ設定画面を潜って毎回この画面まで行くのって相当面倒です。

それなら、PS4からディスクを取り出すついでにUSBレシーバーを抜いたほうが早いですね。

 

ただ、それ以外は本当に驚くほど便利なので総合的には超満足です!

安定性が素晴らしいので気になる方は覗いてみることをオススメします♪

 

長くなりましたが、続いてもう一つの方法をご紹介します。

■ ソニー純正ワイヤレスサラウンドヘッドセットを使う

実は、ソニー純正からこんな製品が出ています!

本当を言うとこれが一番理想的です。

仕組みはBT-W2のときと同じで、付属のUSBレシーバーをPS4に挿すことで『USBオーディオ』として認識させるのですが、こちらはソニー純正品なので面倒な設定は一切なく、本当に挿すだけで使えてしまいます。

僕も実際に購入して使ってみましたが、互換性なども気にせずに本当に楽に使えてしまったので拍子抜けしてしまいました…(笑)

さらに、7.1chという超壮大なサラウンドを楽しむことができるので、例えばバイオハザードであれば後ろから追われるゾワゾワ感や、爆発音など迫力が半端ないです!低音もかなり効きます。

「そこにやつがいる」感覚を味わいたい方は、一度は体験してほしい製品ですね。

 

詳しいレビュー記事を書いていますので、ご覧になりたい方はこちらからどうぞ!

 

■ Bluetoothトランスミッターを使う

最後にご紹介する方法は、Bluetoothトランスミッターを使用する方法です。

Bluetoothトランスミッターとは、テレビから出る全ての音声をBluetooth化することのできるレシーバーのことです。

 

使い方も簡単で、テレビ本体の光デジタル端子もしくは3.5mmステレオジャックに付属のケーブルを挿し込んで、お手持ちのBluetoothイヤホンをペアリングさせるだけです。

僕も実際に使っていますが、めっちゃお手軽にテレビをワイヤレス化できちゃうのでかなり気に入っていますw

 

また、テレビから出る音声は全てBluetooth化できるため、PS4やニンテンドースイッチなどハードを問わず使用できるというのも大きなメリットでしょう。

テレビ側に接続するだけなので面倒な設定もありませんし、個人的にはかなりオススメの方法です!

 

Bluetoothトランスミッターのメリット

  • 光デジタル端子を使うのでテレビから出る音声を全てBluetooth化できる
  • 高音質&低遅延のコーデック「apt-X LL」を使用することができる
  • ゲーム機やBDプレイヤーなどの互換性を気にせず使える
  • バッテリーを内蔵しているので、電源がなくても使える

 

これらにピンと来た方なら、一番オススメしやすい選択肢だと思います!

 

ゲームはもちろんのこと、ブルーレイレコーダー、FireStickTV、プライムビデオやNetflixなどで映画を楽しみたい方にもオススメできる製品となっていますので、気になる方は詳しく記載されているこちらのレビュー記事をご覧くださいね。

 

以上、PS4の音声をBluetoothで聴くための3つの方法をご紹介でした!どちらも素晴らしい製品なので、自分に合ったものをチョイスしてみてくださいね!

追記:実は「BT-W2」はニンテンドースイッチでも使用することが出来ます。

 


Dolby7.1chで索敵能力を飛躍的に上げる完全プロ用のヘッドセット

あと、こちらは有線となりますが金銭的に余裕のある方でしたらゲームの公式大会でも使用されているプロ用のゲーミングヘッドセット「ASTRO A40」というヘッドセットが個人的にはめちゃくちゃオススメです!

eスポーツで活躍するプロゲーマーとロジクールが共同開発して作り上げた最強のヘッドセットとして世界的にも有名で、ずば抜けた空間把握能力の高さとDolby7.1chに対応しているので、露骨にゲームの勝敗に影響してきますよ。

詳しいレビューはこちらからご覧頂ければと思います。

【レビュー】eスポーツのプロゲーマーと共同開発されたゲーミングヘッドセット「ASTRO A40 TR + MixAmp Pro TR」でプロの世界を体感せよ!

スポンサーリンク