ゲームも映画もOK!テレビから出る音を全てワイヤレス化する低遅延Bluetoothトランスミッター『TT-BA09』が神すぎる!

こんにちは!琥珀です!

PS4やニンテンドースイッチなどのゲーム機の音声や、映画やドラマなどのテレビの音声をワイヤレスイヤホンやヘッドホンで聞く方法はいくつかあります。

例えば、ゲームの場合はUSB型のBluetoothドングルを使ったり、専用のワイヤレスヘッドセットを使ったりといった具合です。

その中でも最も多機能だと言えるのが、こちらのBluetoothトランスミッターを使う方法でしょう!

中でも、老舗オーディオメーカーのTaoTronicsから販売されている『TT-BA09』はAmazonでもベストセラーヒットで売れている信頼性の高い製品となっています!

Bluetoothトランスミッターって何?

Bluetoothトランスミッターとは、テレビやゲームなどから出力された音声をワイヤレス化して、Bluetoothイヤホンやヘッドホンなどで聴くことができるデバイスです。

接続したデバイスから出力された音声をすべてBluetooth化できるので、テレビ番組の視聴やゲーム機の音声、映画鑑賞などにも使える万能性が売りとなっています。

また、受信機としての機能も兼ね揃えているので、Bluetooth機能を搭載していない有線イヤホンやヘッドホン、スピーカーをワイヤレス化して使うことも可能です!

接続したデバイスの音声を何でもワイヤレス化できちゃうのが、Bluetoothトランスミッターの魅力というわけ!

一般的な使用用途で多いのがPS4などの据え置き機をBluetooth化することに用いられるようです。

ということで、今回はテレビに接続されたゲーム機から音声をワイヤレス化することを前提として、話を進めたいと思います。

接続方法は主に2種類

テレビの下に設置できるほどコンパクトで取り回しも抜群です。

接続方法としては

テレビに直接繋ぐ方法

ゲーム機などのデバイスに繋ぐ方法

主にこちらの2種類が挙げられます。

個人的に僕がオススメしているのは、テレビに直接繋ぐ方法です。

こうすることで、テレビから出る音声を全てBluetooth化して聴くことができ、ゲーム機のみならずBDプレイヤー等の周辺デバイスに依存することなくテレビに接続する全てのデバイスの音声をワイヤレス化できてしまうのです。

②のゲーム機と直接接続する方法では、接続したデバイスのみの音声しかワイヤレス化することができません。

接続方法は、圧倒的にテレビ側に接続するほうがオススメ!

0.04秒の低遅延コーデック「apt-X LL」を使用することができる

Bluetoothトランスミッターを使用することのメリットを具体的に挙げていくと、このような特徴があります!

  • 光デジタル端子を使うのでテレビから出る音声を全てBluetooth化できる
  • 高音質&低遅延のコーデック「apt-X LL」を使用することができる
  • ゲーム機やBDプレイヤーなどの互換性を気にせず使える
  • バッテリーを内蔵しているので、電源がなくても使える

 

冒頭でもお伝えしましたが、第一の大きなメリットとして、テレビから出る音声を全てBluetooth化できるという点です。

ゲーム機やBDプレイヤーなどの接続機器の互換性を気にすることなく使用できるというのは非常に大きなメリットですね!

また、地デジはもちろんのこと、ブルーレイなどの映画やプライムビデオなどのストリーミング再生など全ての音声を出力することができるため、日常的な使い方からゲーム用に特化した使い方まで幅広く運用できるのも大きな特徴となっています!

接続には、高音質かつ低遅延の音声コーデック「apt-X LL」に対応しており、僅か0.04秒という超低遅延でBluetoothイヤホン・ヘッドホンを使用することが可能です。

ゲームのワイヤレス化で恐らく一番気になっているのが、映像と音声がズレて聞こえてくる「遅延」問題ですからね…。

一般的なBluetooth規格にはSBCという音声コーデックが使用されているのですが、SBCは音質を劣化させてたりタイムラグが生じたりとゲームに使うにはかなり使い勝手の悪い規格となっています。

しかし、TT-BA09では「apt-X LL」では音声圧縮率がほぼ無い規格のため、有線と同等の音質に加えてタイムラグが40msと、人間の体感では遅れを感じることがない低遅延を実現しています!

また、こちらの製品は連続で15時間使用可能なバッテリーが内蔵されているほか、電源に接続したままでも使用できるので、あらゆる場面で活躍してくれるのもメリットの一つだと言えます。

電源はMicroUSB端子です。

 

Bluetoothトランスミッター『TT-BA09』の使用方法

さて、では実際にBluetoothトランスミッターを使っていきましょう!

この製品の使い方は非常に簡単です!

  1. 送信モード(TX)か受信モード(RX)を選ぶ
  2. 電源を入れる
  3. Bluetoothイヤホンとペアリングする

 

このたった3ステップ!

Bluetoothトランスミッター本体の背面に光デジタルケーブルを挿す端子と、AUX端子が付いていますので、好きな方法で接続します。

ちなみに僕の場合は、PS4やニンテンドースイッチの音声もテレビの音声もBluetoothヘッドホンで聞きたかったので、テレビ側の光デジタル端子に光ケーブルを挿して使用しています。

また、光ケーブルは製品に付属されているのでわざわざ自前で用意する必要はありませんw

光ケーブルを接続できたら、本体側面にある『TX,RX』スイッチをTXに入れます。

TXモードは送信モード。RXモードは受信モードです。

テレビ側の音声をBluetoothイヤホンやヘッドホンに送信する場合は、TXモードを選びましょう。

あとは、本体正面の電源ボタンを長押しすれば電源が入ります。

電源投入後は、自動的にペアリングモードに入りますので、接続したいBluetoothイヤホンやヘッドホンを接続します。

これだけで使用可能です!

 

2台まで同時使用が可能

また、この製品ではBluetoothイヤホンやヘッドホンを2台まで同時に使用することが可能です。

ただし、2台同時使用の場合は音声コーデックがSBC固定となりますので、少々遅延が気になるかもしれません…。

僕は一台のみで使用しているので影響はありませんが、2台同時使用を考えている場合はこの点だけ注意が必要です!

 

実際の使用感

肝心の実際に使用してみての使用感ですが、これは本当に買ってよかったです!

僕の場合、PS4やニンテンドースイッチに加えて、XBOXやブルーレイレコーダーなど様々なデバイスをテレビに繋いで使用するので、この製品ひとつで全てをBluetooth化できるたのは大変ありがたかったですね。

さらに、音声コーデックは「apt-X LL」と高音質かつ低遅延で映像との遅れは全く感じませんし、まさに理想的な視聴環境が整いました!

 

ただ、「apt-X LL」の恩恵を受けるためにはBluetoothイヤホンやヘッドホン側も「apt-X LL」に対応している必要があります。

 

どの製品が対応しているのかよく分からない方は、僕がオススメするapt-X LLに対応したBluetoothヘッドホンを載せておきますので、こちらがかなり使いやすくてオススメですよ♪

音質も低音と高音共にいいので、僕も愛用しているBluetoothヘッドホンです!

TT-BA09は、常に電源をオンにしておいても自動的にスリープモードにならないので、Bluetoothイヤホンの電源を入れてすぐ使用したい方は常に電源を入れっぱなしにしておいてもいいのでかなり使いやすいです。

 

また、このような製品にありがちな声のボリュームが小さくなったときにカットされてしまう現象も、こちらの製品には無く快適に使用できました!

再接続の際も電源を入れるだけですぐさま自動的に接続されますので、使い勝手も良好!

接続性や音に関しては文句の付けようがない非常に良い製品だと思います!

 

テレビ周りのデバイスをワイヤレス化したいなら必須のアイテム!

以上、高音質&低遅延「apt-X LL」に対応したBluetoothトランスミッター『TT-BA09』のご紹介でした!

これはPS4などの据え置き機をBluetooth化したい方に、手軽にテレビの音声をワイヤレス化できる素晴らしい製品だと思います。

ちなみに、光デジタル端子を使用する場合はテレビ側での音量調整はできませんので、イヤホンやヘッドホンに音量調整ボタンが付いているモデルを使用することをオススメします。

上でご紹介したヘッドホンは価格の割に重低音がしっかりと効くAptX-LL対応のBluetoothヘッドホンでありながら、音量調整もある個人的にはかなりオススメの製品です。

テレビの音声を手っ取り早くワイヤレス化したいと考えている方は、これらの製品をチェックしてみてくださいませ!

【低遅延】PS4でBluetoothのワイヤレスイヤホンを使用する為の3つの方法!

2017.02.18
スポンサーリンク