PS4の新型ワイヤレスサラウンドヘッドセット「CUHJ-15007」をさっそく購入してみたら大幅に進化していた件【レビュー】

 

軽量化だと…!!

 

新たに発売となったPS4専用の新型ワイヤレスサラウンドヘッドセット「CUHJ-15007」。

僕は前期モデルのワイヤレスサラウンドヘッドセットを持っているのですが、前期型は機能はいいのですが、重量がけっこう重いんですよね…。

長時間の使っているとすぐに首が痛くなってきますし、長時間ゲームをするのはけっこうしんどくなることもよくありました。

 

しかし、今回発売された新型では機能そのままに、約22%も軽くなっているというではありませんか!

前期モデルよりも約22%軽くなった新モデル!

「うおー!これはもう買うしかないじゃん!」

 

ってことで、予約開始と同時に早速でポチり!

 

今回はそんなPS4の新型ワイヤレスサラウンドヘッドセット「CUHJ-15007」を使用感を交えて詳しくご紹介していこうと思います!

 

PS4のワイヤレスサラウンドヘッドセットってなに?

その前に、そもそもPS4のワイヤレスヘッドセットセットがどういうものかご存知ない方もいらっしゃると思うので簡単にご説明しておきますね!

 

PS4のワイヤレスサラウンドヘッドセットとは、PS4のUSBにレシーバーを挿すだけでワイヤレスで音声を流したりチャットが出来るようになるソニー純正品のヘッドセットです。

 

このようなUSBレシーバーが付属されているので、PS4に挿すだけで設定不要で使えちゃう優れものです!

このようなUSBレシーバーが付属されているので

これをPS4に挿すだけで動作します。

一般的なBluetoothイヤホンなどのように、ペアリング作業なども一切必要ありません。

とりあえず『挿すだけで使える』

機械に疎い人でも簡単に使えちゃうっていうのが、このヘッドセットの特徴なんです♪

 

しかも、サラウンドヘッドセットというだけに”7.1ch”の映画館さながらの壮大な広がりのある音響を楽しむことができるのも大きな特徴と言えるでしょう!

 

これでCoDやBFなどのFPS系のゲームのやると、「マジで斜め後ろから撃たれてる!」ってくらい臨場感があって背筋がゾワゾワしますよww

 

あと、個人的にはバイオハザード7がおしっこチビりそうになるくらい怖かったです…。

怖いのが苦手な人は7.1chでは絶対にやらないほうがいいです。

あれはガチでやばい…。

 

 

ここがポイント!

  • ペアリング不要!
  • USBレシーバーをPS4本体に挿すだけで使える!
  • 音質は7.1chの広がりのあるサラウンド!

 

手軽に無線のサラウンドヘッドセットが使えるっていうのは大きなメリットだね!
しかも、普通に7.1chのワイヤレスヘッドホンを買うだけでも1万円以上はするからコスパ的にも悪くないしねw

 

前期モデルと比べてどれくらい進化しているのか?

さて、肝心の機能面なんですが、実は機能面に関しては前期モデルとほぼ…というか全く変わっていません!w

特に新機能が搭載!とかもありませんし、ビジュアルが変わったことと、あとは軽くなっただけです(笑)

 

ぶっちゃけ、前期モデルを持っている方なら買い換える必要はないと言ってもいいでしょう。

(僕のように”重さ”がネックで首がツライって思ってる方は別ですが…)

 

ただ、価格も前期モデルから据え置きの12,000円なので、これから新しくワイヤレスサラウンドヘッドセットを買おうと思っているのであれば、迷わず新型を購入することをオススメします!

どうせ同じ値段なら、軽くて装着感も良くなった新型のほうがいいですよね!

 

シャープな黒色でビジュアルがよりカッコよくなった!

機能面では変化はないと言いましたが、それに対して見た目は大幅に変更されています。

前期モデルに比べるとよりクールに、黒い本体がめっちゃカッコよくなった印象です!

前期モデルは頭当てがブルーなのが特徴的ですが

新型は全体がブラックでよりシャープに引き締まり、よりガジェット感が高まりました!

 

また、ボタン類も前期モデルの安っぽさが改善され、光沢感に加えて操作性も向上しています。

前期モデルはのっぺりしたボタンとなっているが

新型は光沢感,高級感があるのが特徴です!

バンド部分は全てレザー製になっており、非常に高いクオリティです。

 

ボタン類は全てL側に配置され操作性は抜群

前期モデルから外観は大幅に変更されているのは分かっていただけたと思いますが、ボタンの配置は前期モデルと全く変わっていません。

上部の後ろから「7.1chサラウンドボタン」「ボリューム調整ボタン」が配置されています。

下に回って「有線接続端子」「充電端子」「ミュートボタン」が配置。

前に回って「電源スイッチ」「マイク」「マイクボリュームボタン」が配置されています。

一見するとボタンが多くてややこしく感じるかもしれませんが、実際に使ってみると体が自然に覚えてくれますよ!

LRの表記はありませんが、スイッチ類があるのが「左側(L側)」だと覚えておくと分かりやすいですよ!

追記:バンドの内側にLR表記がありましたw

 

実際に使ってみよう!

さて、では実際に使っていきましょう!

…といっても、PS4のUSB端子にレシーバーを挿し込んでヘッドセットの電源を入れるだけなので簡単なんですけどね(笑)

まずはこちらの付属されているUSBレシーバーを…。

PS4のUSB端子に差し込みます!

ヘッドセットの電源を1もしくは2に入れます。(1が通常モード,2が低音重視モード)

すると、「ピコン」という音と共にメニュー画面左上にこのような表示が出ます。これで接続完了です。

たったこれだけです!

めっちゃ簡単でしょ?

なお、これでも音がテレビから出る場合は、クイックメニューからヘッドホンへの出力を「すべての音声」に変更しておきましょう。

ここが「全ての音声」になっていないと音声がヘッドセットから聞こえないので注意しましょう!

なお、次回からはUSBレシーバーを挿しっぱなしにしていても、ヘッドセットの電源をオフにすればテレビから音が出力され、ヘッドセットの電源をオンにすれば自動的にペアリングされるようになります。

これ、地味に便利なので覚えておくと便利ですよ!

 

肝心の音質や音響効果は?

さてさて、ヘッドセットといえば何と言っても音質でしょう!

というわけで、音楽視聴と実際にゲームをしてみての体感的な音質を★の数で表してみました!

 

■新型ワイヤレスサラウンドヘッドセットの音質

高音:★★★☆☆

中音:★★★★☆

低音:★★★☆☆

特徴

音楽視聴はぶっちゃけ、これといって高音質ではありませんがゲームをやると恐ろしく化ける…。

 

えーっと、ぶっちゃけて言いますと「音楽視聴」に関してはこの価格帯のヘッドホンとしてはあまり良くなく、低音もあんまり効きませんし、音の厚みもなく薄っぺらい印象を受けると思います。

 

ですが、このヘッドセットの魅力はそこじゃないですよね?

そうです!ゲームになるとこのヘッドセットは本領を発揮して恐ろしいほど化けます!!

 

これはもう完全にゲーム用にチューニングされているヘッドセットですね。

冒頭でもお伝えしましたが、7.1chの効果が絶大すぎて「音質にこだわる」という概念すら吹っ飛ぶと思いますww

ゲームになると途端に本領を発揮する、まさに”ゲーム専用のヘッドセット”です…。

 

誰も映画館で「このシーンは高音が伸びてるけど中音が出てないな〜」なんて思いませんよね?

 

映画館に求められるのはとにかく大迫力の音響!!そこにいるかのような没頭感!!

 

これに尽きると思います!

 

その理屈と全く同じです。

このヘッドセットでは、見事に7.1chによるサラウンド効果がまるで映画館のように再現され、特に低音モードにするとアドベンチャーゲームですらかなりの臨場感になります…!

サイコブレイクなどのホラーに関しては夜はあまりプレイしたくなくなるくらいビビりまくります…。(あくまでも僕は)

FPSだと7方向から細かく音が聞こえてくるので、銃声や足音などで索敵能力が一気に上がります。

YouTubeアプリやAmazonプライムビデオなどを使えば、映画も7.1chで聴けるようになります。

 

もはや音質云々の話ではなく、そういう臨場感は他のヘッドホンでは味わえない、唯一無二のメリットだと感じましたね!

音質をとやかく言うヘッドセットではないことは確かです!とにかく体感してみてほしいです!

 

有線接続も出来るのでiPhoneでも使える!

あとは付加価値的な機能として、ワイヤレスだけでなく有線接続も出来るということがあります。

3.5mmステレオイヤホンケーブルが付属されているので、それを使うことでiPhoneなどのイヤホン端子から音楽を聴くことも可能となっているんです!

電源をオフにしていても使えるのでバッテリーを消費しないのも◎

つまり、普通の有線ヘッドホンとしても使用することが出来るというわけ!

これも地味にありがたいですよね♪

もちろんウォークマンなど他のオーディオプレイヤーでも使用できますので、汎用性が高いのもポイントです!

ただし、有線接続の場合は7.1ch機能は使えませんので、この点だけご注意くださいね!

余談ですが、PSVRを使用するときも有線接続となりますのでワイヤレスで使いたい方は注意が必要です。(サラウンド効果はソフト側が対応しているかどうかで決まります。)

 

実はニンテンドースイッチでも…

最後に裏技的な使い方となりますが、実はUSBレシーバーをニンテンドースイッチに接続しても「USBヘッドフォン」として認識させることができます。

スイッチ側面にあるUSBポートに挿すだけで認識してくれます。

しかし、この場合では音を出すこと自体は出来ますが、ボリューム調整が効いたり効かなかったりと挙動が怪しいので、正常には動作しません。

あくまでも「おまけ」程度に使えるよーってことで、即席ワイヤレスヘッドホンが使いたい場合は試してみてください。

推奨された使い方ではないので、あくまでも自己責任でお願いしますね。

 

そこにいるような臨場感を味わいたいなら『買い』

以上!PS4専用の新型ワイヤレスサラウンドヘッドセット「CUHJ-15007」をレビューしてきましたが、いかがでしたか?

最後にこのヘッドセットの特徴をまとめてみましょう!

 

前期モデルを持っていないなら

  • 挿すだけで使える手軽さ!
  • ワイヤレスで7.1chの大迫力サラウンドが楽しめる!
  • 軽量化されているので首への負担が少ない!
  • 有線でも使える!

 

これらの点が購入ポイントとなると思います!

ただ、何度も言いますが7.1chの無線のサラウンドヘッドセットがこの価格で手に入ることはまずありませんので、コスパ的にはかなり高いと思います!

そのあたりをどう評価するかで、購入ポイントが変わってくると思いますね!

 

続いて、既に前期モデルを持っている方ですが

 

前期モデルを持っているなら

  • 22%軽くなっているので首への負担が低減された!
  • 見た目がスタイリッシュになった!
  • 性能面では変化なし!

 

ぶっちゃけ、変更点は軽量化と見た目がスタイリッシュになったことだけなので、買い換える必要はあまりないと思います(笑)

僕は新しいもの好きなので買いましたが、前期モデルでも機能面では変わりませんし、十分実用的ですからねw

ただ見た目はかなりシャープでカッコよくなっていますので、そこに価値を感じるなら買い換えるものありかもしれません。

あと、重さがネックになっているなら前期モデルを売って新型を買うというのはありだとは思いますねw

 

機能が多いのでそれぞれ購入ポイントが違ってきますが、とにかく7.1chの臨場感が凄いので少しでも気になった方は是非一度チェックしてみてくださいね!

今回レビューした新型ワイヤレスサラウンドヘッドセットはこちらでした!
スポンサーリンク