車のタイヤの適正空気圧とは?簡単に使えるオススメの電動式空気入れもご紹介!

こんにちは、クロです!

皆さん車のタイヤの空気圧ってちゃんとチェックしてますか?

 

おそらく大半の人は車検のときに見てもらったり、ガソリンの給油ついでに見てもらったり、オイル交換のときに見てもらう方がほとんどなのではないでしょうか?

そこで今回は、車のタイヤの空気圧をチェックする方法と適正量の見方、手軽に空気を補充できるオススメの製品をあわせてご紹介していこうと思います!

 

最悪の場合バーストする危険性

実は、タイヤの空気って1ヶ月に1回はチェックすることが推奨されています。

しかし、現代人は仕事など忙しく実際に1ヶ月1回のペースでタイヤの空気をチェックしている人はほんの一握りだと思います。

 

ですが、タイヤの空気が少ないと燃費は落ちますし、高速道路でスピードを出しているときのハンドルの安定性が全く変わってきます。

 

それだけならまだいいのですが、タイヤの空気があまりに少ない状態が続いてしまうと、タイヤの側面に大きな負担が掛かってしまい、最悪の場合バースト(タイヤの側面から亀裂が出来て破裂する)危険性もあるのです…!

タイヤがバーストした状態で車の運転をしてしまうと、アクション映画でよくみるような蛇行運転になったり、スピードが出れば出るほどタイヤと路面との間に段差が生じてしまい、最悪の場合スピンを起こして事故に発展する…、なんて危険性まであり、大変危険です!

 

たかがタイヤの空気圧と侮っていると、自分だけでなく周りをも巻き込んだ大惨事になる危険性があるわけです!

 

実際に僕がガソリンスタンドでバイトしていたときにも、あるお客さんがタイヤの空気圧をチェックせずに高速道路に乗ってしまい、タイヤが途中でバースト。

その時は事故にはなりませんでしたが、結果的に走行不能になり、レッカー車を呼んで半日潰してしまった人がいました。

 

その生々しい話を聞いてからは、僕は1ヶ月に1回は必ずタイヤの空気圧をチェックするようになりました。

 

そこでオススメなのが、自宅で簡単に車のタイヤに空気を入れることが出来るエアーコンプレッサーです!

こちらの製品の凄いところは、シガーソケットから手軽に電源が取れ、タイヤの空気圧をチェックしつつ空気を充填できる点です!

しかも驚くべきはそのサイズ感!

小さめのタブレットサイズとかなり小型になっており、車内や物置に置いておいても全く邪魔にならない大きさとなっているのです!

で、実物はどんな感じなのかというと…。

このように、ボタンが2つと電源コードとエアーを入れるソケットが付いているだけの分かりやすい造りになっています。

 

操作性も分かりやすく、シガーソケットに挿し込むだけで電源が入り、左のボタンを押すと「空気を入れる」右側のボタンを押すと「正面のLEDが点灯」という非常にシンプルなものとなっています。

 

試しにLEDを光らせて見ました。

でもこれって正面が光るだけなので正直眩しいだけです(笑)

どうせなら空気を入れる先端にLEDを付けてくれたほうが、夜間でも作業ができるので良かったのではないでしょうか…。

 

実際に使ってみた!

というわけで、早速実際に作業をしてみましょう!

まず、車のシガーソケットに本体の電源コードを差し込みます。

これだけで本体の液晶画面がひかり、電源が付きます。

 

続いてタイヤのキャップを外して空気入れの端子を時計回りに回してねじ込みます。

ちなみに電源コードは3mありますので、大型車でもギリギリ後方タイヤに届くようになっているようです。

 

挿し込む過程で空気が抜けるような瞬間がありますが、そのままねじ込んでいくと固定できますのでどんどん回していきましょう。

きちんと入ると液晶画面に現在の空気圧が表示されます。

単位は『PSI』で表示されます。

この場合は【21.5 】PSIなので、一般的なタイヤ空気圧の単位『kg/cm2』に直すと【2.15】と同等となります。

 

空気圧の適正量

ちなみに空気圧の基準ですが

GOOD YEAR公式ページより引用

このようにドアの縁に記載されているので、事前にこちらをチェックしておきましょう。

例えばこの車の場合だと、前タイヤ後ろタイヤとも【2.3】が基準となっています。

 

このような空気圧の記載がない車の場合は、僕がガソリンスタンドで教えられた空気圧量を載せておきますので参考にしてみてください。

 

タイヤの適正空気圧量

  • 軽自動車【2.3〜2.5】
  • 普通車【2.4〜2.7】
  • SUV【2.7〜2.9】

 

大体、これくらいの空気圧でOKです。

よく分からない場合は【2.5】に合わせておけば大体の車の適正量となっていますので問題ありません。

また、こちらはあくまでも適正量なので多少多く入ってしまっても大丈夫です。

(少ないのは燃費が落ちたりタイヤの負担になるので少し多めが望ましい)

 

あとは高速道路に乗る前には適正量よりも少し多めに入れると車の安定性が増すのでオススメです。(0.2ほど多めに入れるといいでしょう)

 

というわけで、左のボタンを押すと内蔵のコンプレッサーが作動し、空気が自動で入っていきます。

キリが良いところでもう一度ボタンを押すと止まります。

使い方も非常にシンプルなので、これなら女性でも簡単に使えるんじゃないかと思いました♪

 

まとめ

以上、車のタイヤに空気を入れることが出来る電動式エアーコンプレッサーを使ってみてのご紹介でした!

とにかく手軽かつコンパクトサイズとなっていますので、車の中に常駐させておくことで、外出時のトラブル(パンクなど)にも一時的ですが対応できますし、自宅でも簡単にタイヤの空気をチェックすることができるので大変便利だと感じました♪

 

また、付属品として自転車のタイヤやボールの空気を入れることが出来るアタッチメントも付属されているので、アウトドアでボール遊びをしたり、サイクリングを趣味にしている方にもオススメできる製品だと思います!

是非、気になる方は一度チェックしてみてくださいね♪

スポンサーリンク