Galaxy S20が再燃中!合わせて購入したいPITAKA「MagEZ・AirCase」をレビュー!

※Sponsord by PITAKA

アラミド繊維を使用した強固で軽量なスマホケースでお馴染みの「PITAKA」から、Galaxy S21用の『MagEZ Case』『Air Case』が発売されました!

ただ、日本では為替の影響などで、前モデルの「Galaxy S20」よりも、事実上スペックダウンとなった「Galaxy S21」が高額で販売されているという逆転現象が発生しています。

このため、中古市場では『Galaxy S20のほうがスペックが高いのに半値で買える!』と今熱い盛り上がりを見せているのです。

そこで今回は、この時期に人気が再燃している「Galaxy S20」にぴったりの、PITAKAのアラミドケース達をご紹介したいと思います!

「MagEZ Case」と「Air Case」の違いとは?

「MagEZ Case」はケースにメタルプレートを内蔵しており、同社で販売しているマグネット吸着に対応したワイヤレス充電器などのマウントにピタッと吸着する汎用性の高いケースです。

逆に「Air Case」では、余計なものをすべて排除した軽量に特化した尖ったケースとなっており、よくあるPU素材のクリアケースよりも数倍頑丈でありながら重量は1/2程度と、本当の紙のように軽くて薄いプレミアムなケースとなっています。

また、Air Caseに使用されている600Dアラミドは、その繊細な編み込みにより大量生産が難しく、世界にたった一箇所でのみ生産されている『技術力の結晶』とも言える逸品です。

金額はなかなか高額ですが、それに見合っただけの剛性と、まるでケースを着けていないかのような手のフィット感を見事に両立しています。

PITAKAで販売されている様々なアクセサリーに対応した「MagEZ Case」
僅か8gしかない軽量に特化した「Air Case」

MagEZ Caseの特徴

『MagEZ Case』は薄さ0.85mm 重量13gという極薄かつ軽量を実現しながらも、ケース内にメタルプレートを内蔵することで同社の販売するマグネット吸着アクセサリーに対応した利便性の高いケースです。

素材にはスペースシャトルやF1にも採用されている『アラミド繊維』が贅沢に使用されており、高い保護性と耐久性があります。

網目は1500Dとパッと見た感じはカーボンとよく似ていますが、アラミド繊維の場合は素材自体に電波を遮断する特性がないため、カーボンよりも電波状態を良好に保つ効果もあります。

ケース自体は本体を全面的に保護するようなタイプではなく、程よくボディをチラ見せするスタイルです。

完全保護をしたい方には物足りないかもしれませんが、極力本体のビジュアルを残しつつ保護性を求めるテイストが、PITAKAファンの心を鷲掴みにしているのでしょうね。

やはり、PITAKAのケースはミニマリスト指向で格好いいです。

また、手触りも独特でまるで絹を持っているかのような『しっとり感』があります。

他のケースには見られないとても不思議な触感なので、まだ手に取ったことのない方は是非一度触ってみて欲しいと思います。

「MagEZ Case」は同社のワイヤレス充電器などのアクセサリーとの親和性が抜群です!

Air Caseの特徴

『AirCase』は、世界に一社だけで製造される600Dアラミドを贅沢に使用した、超軽量かつ超薄型のケースです。

メタルプレートを内蔵した「MagEZ Case」に比べると利便性の面では劣りますが、600Dアラミドという非常に細かい編み込み技術により、僅か8gという驚異的な軽さを実現しながら耐久性はカーボンを凌駕する性能を実現しました。

私もスマホケースはずっとAirCaseを愛用していますが、その名の通りケース自体がまるで空気のように軽く『裸の状態で使っているかのような手のフィット感』が使っていて癖になるんですよね。

お値段はそこそこ張りますが、そのぶん実際に手にとって見るとキメの細かい絹のような触感に最初は驚かれると思います!

比較すると分かりますが、MagEZ Caseに比べて編み込みがめちゃくちゃ細かく精巧に造られていることが分かります。

MagZE Caseも一般的なケースと比べると頭ひとつ抜けた精巧な造りであったのは間違いありませんが、AirCaseでは更に芸術的とも言える編み込みの細かさにより、所有欲を満たしてくれる逸品であることは間違いないありません。

Air Caseは、余計なものを削ぎ落とすミニマリスト精神の名高いPITAKAの核心を突いた、最高峰のプレミアムなケースだと言えるでしょう!

PITAKAを選ぶべき理由

PITAKAのケースは、通常のケースに比べると金額は高めに設定されていますが、スマホ本来の薄さと軽さを損なわずに保護性能を両立するだけの、非常に技術力の高いものに仕上がっています。

特に、ビジネスモデルに秀でた洗練された品質とデザイン性に多くのファンが惹かれ、所有するだけで満足感を得られる一種の『ステータスアイテム』としても評価されることが多いのも、PITAKAブランドの特徴です。

この両立と信頼性こそが「PITAKA」を敢えて選ぶ、唯一無二の理由だと言えるでしょうね。

スポンサーリンク