【レグザ用】絶対にお勧めできるタイムシフトマシン用HDDはこれだ!【Z700Xシリーズ動作確認済み】

追記:Z810Xシリーズでも問題なく使用できます。

もし、あなたがタイムシフトマシン用のHDDをお探しでこの記事をご覧頂いているなら、おめでとうございます。もう既に数万円の得をしました。

なぜなら、僕が人柱になって5種類のHDDを試して最高のHDDを見つけたからです…。

これだけで数万円使っていまいましたが、おかげでいい物が見つかりました…。

僕が実際に10ヶ月間使用して「これなら絶対にお勧めできるタイムシフトマシン用HDD」はこれです!

もう先に製品リンクを貼っておきます。絶対にこれが最強です。

実際に僕がいろいろな種類のHDDを試してみて、間違いないと感じた製品はこれだけでした。

どのHDDを選べばいいのか分からない方。HDD選びで失敗したくない方は、これ一択で絶対に大丈夫です。

なぜこの製品が絶対にオススメなのかはこれからご紹介していきますので、合わせてご覧頂ければと思います。

僕が使用している4Kテレビ

僕がリスペクトし続ける4Kテレビ。

「REGZA 43Z700X」を購入してから早10ヶ月が経ちました。

f:id:skspirit0148:20161216023641j:plain

本当に僕のライフスタイルが180度変わった神テレビです。

未だに、これ以上の4Kテレビは存在しないと思っています。

詳しいレビューは最強の4Kテレビ!REGZA 43Z700Xを購入して約半年が経過した!をご覧ください。

さて、ここから本題です。

当サイトに来て頂ける方の多くは

「タイムシフトマシン用 HDD」

「レグザ タイムシフトマシン用 HDD」

「おすすめ Z700X」

このように、とにかくレグザのタイムシフトマシン用のHDDを探し求めている方が大変多いです!

なんでこんなに多いんだろうと、僕も実際にネットを見て回ってみたんですが、

「タイムシフトマシン用に使えるHDD」を紹介しているサイトって全くと言いほど無いんですよ!

一応、東芝純正からも発売はされていますけど、めっっっちゃ高いですしね…。

(5TBで5万円以上する)

そこで今回は、タイムシフトマシン用のHDDに絶対に必要な要点と、コスパの優れた絶対にオススメのHDDをご紹介していきます!

タイムシフトマシン用HDDに絶対に必要だと感じた点

長期間使っていると、タイムシフトマシン用のHDDに絶対に必要である要点が見えてきます。

  • 24時間録画に耐えられる耐久性
  • 駆動音がうるさくない静音性
  • 夏場でも熱に耐えられる耐熱性

何を差し置いてもこの3点!

『耐久性、静音性、耐熱性』が重要です!

耐久性

タイムシフトマシンは、24時間複数のチェンネルを録画し続けられる機能です。

そのため、普段使っているHDDよりも大きな負荷がHDDに掛かり続けます。

普通のデータ保存用のHDDだと、まずこれに耐えられないんです。

『24時間耐久性』が保証されている製品を選ぶ。

これがタイムシフトマシン用HDDを選ぶ上で絶対に必要です。

静音性

音なんて二の次と考えている方、多いのではないでしょうか?

実際に使ってみると分かりますが、静音性は物凄く重要です…。

HDDって書き込む時や読み込むときに「カリカリ」って音がするじゃないですか?

あれって、その瞬間だけの音だからそれほど気にならないだけなんですよ。

あの「カリカリ」が24時間ずーーっと聞こえてくると考えるとどうですか?

気が狂いそうになりますよ!

実際に僕は、あのカリカリ音がうるさいHDDのせいで暫く不眠症になりましたもん…。

あとファンが搭載されている製品も「ゴーゴー」うるさい物が多いので要注意です。

そのくらい常に録画しているタイムシフトマシン用HDDにとって静音性は超重要なんです…。

静音性だけは絶対に妥協しないようにしましょう!!

耐熱性

冬場は特に気にしなくてもいいんですが、HDDにとって怖いのが夏場です。

HDDは特に熱が篭もりやすい製品なので、この耐熱性というのが製品の寿命に大きく関係してきます。

安い部品を使っているHDDだと耐熱性が乏しく、すぐに壊れてしまう恐れがあるわけです。

先ほどの静音性でも触れましたが、熱を逃がすためのファンを搭載しているHDDがありますが、実はあれもよくありません。

ファンが動くことでHDDを冷却することを前提に作られた製品なので、もしファンが壊れてしまった場合、冷却性能が追いつかなくなります。

ファンを搭載しているHDDには、そもそも耐熱性が弱いということですね。

一番オススメなのは、ファンレス構造で耐熱性の優れた高品質の部品を使用したHDDです。

HDDの品質自体が耐熱性のある高品質なものを選んでいるので、安モノのHDDより遥かに耐久性があるのです。

以上の点を踏まえて絶対にオススメできるHDDはコレ!

タイムシフトマシン用のHDDには『耐久性、静音性、耐熱性』がいかに重要かということが分かって頂けたと思います。

それらを踏まえた結果、文頭でもご紹介したこちらのHDDが最もオススメという結論に至りました。

BUFFALO 「HD-LL4.0U3」

この製品の主な特徴はこのようになっています。

  • 24時間連続録画に対応
  • ファンレス設計
  • 工場で厳選された高品質のHDDを採用
  • 低振動設計

このように、24時間連続録画による『耐久性』。ファンレス仕様と低振動設計による『静音性』。

厳選された品質の高いHDDによる『耐熱性』。

この全ての要素をクリアしている最高のHDDなんです!

僕が実際に使ったHDDの中には、容量は多いけどファンが煩い物や、ファンは無いけど本体がめちゃくちゃ熱くなる物、なぜかいきなり動かなくなった物など、メリットがあれば何かしらのデメリットがあるHDDしか無かったんです。

でも、このHDDは違いました。

今現在まで10ヶ月間24時間録画していますが特に不具合もありませんし、ファンレス設計なので非常に静かです。

夏場でもほんのり温かくなる程度なので、耐熱に関しても特に問題ありません。

値段に関しても「4TBで約17,000円」と普通のデータ用HDDと大差ないです。

4TBあれば、深夜2時~6時くらいまで録画を止めておけば5日くらいは保存できます。

NHKなど、普段見ないchを切っておけば1週間以上は保存できますしね。

とにかくコストパフォーマンスが超絶いいんです!

いいタイムシフトマシン用のHDDが見つからない方には、とにかくオススメの一台ですよ!

外観や設置感など

せっかくなので、僕のHDDの設置環境をご紹介します。

f:id:skspirit0148:20170420155522j:plain

▲僕の場合、テレビの左右にスピーカーがありますので、テレビ右下のスペースにすっぽり入っている状態です。

設置場所に困ることがないのは嬉しいですね!

あと、もともと低振動ですが一応吸振ゴムを敷いています。

アクセスランプの光度は低いので、正面から見ても眩しくありません。

f:id:skspirit0148:20170420155709j:plain

▲左右にスペースがあるのなら縦置きもできるようになっています。

排熱口が上下に設置されているので、おそらく縦置きのほうが放熱効率は高いと思います。

f:id:skspirit0148:20170420160002j:plain

▲配線はとにかくシンプルで、ACアダプターとUSB3.0ケーブルだけです。

ケーブル類は付属されていますので、事前に準備する必要はありません。

Z700Xシリーズの場合、USBケーブルをテレビ本体のタイムシフトマシン用のUSB端子にそのまま挿すだけでOK!

自動認識されてセッティング画面まで飛びますので非常に簡単です。

レグザのタイムシフトマシン用のHDDの決定版といってもいいです

このように「BUFFALO HD-LL4.0U3にはタイムシフトマシン用のHDDとして必要な機能が全て詰め込まれているということが分かって頂けたと思います。

実は、僕がこのHDDに出会うまでに5種類くらいのHDDを試してきました。

使ってみると分かりますが、HDDって必ずひとつは「ウリ」にしている機能があるんです。

転送速度が速いとか、耐久性があるとか、熱に強いとか、コンパクト設計だとか、静音性があるとか…。

ですがその反面、必ずデメリットも存在するのが普通です。

でも、この「BUFFALO HD-LL4.0U3には欠点という欠点が見つからないんです。

そりゃあ耳を当てればディスクの回転音もしますが、それくらい突き詰めないと欠点が分からないのが本当に凄いところです。

HDDは消耗品なので、いつかは必ず壊れます。

ですが、僕が次に選ぶとしてもこの製品にすることは間違いないでしょう。

ガジェット好きの僕としても、それくらい信頼のおける製品だということを明記しておきます。

これからも末永く愛用していく一台となりそうです♪

オススメの通常録画用HDDの記事はこちら!


4Kテレビの関連記事

スポンサーリンク