【レグザ用】絶対にお勧めできるタイムシフトマシン用HDDはこれだ!【Z700Xシリーズ動作確認済み】

追記:Z810Xシリーズでも問題なく使用できます。

 

こんにちは!クロです!

 

「レグザの4Kテレビで使えるタイムシフトマシン用のHDDがどれか分からない…」

そんな思いでこのページに辿り着いたあなたは本当に幸運です。

なぜなら、僕が人柱になって5種類のHDDを試してみて、最高のHDDを見つけたからです…。

 

確かに、レグザ純正で販売されているHDDを使えば間違いないでしょう。

でも、純正品のHDDって容量の割に価格がめっちゃ高いんですよね…。

その価格差は他社メーカーのHDDに比べて、なんと5倍!

さすがにそんな大金を払うのはバカらしいと思ったことでしょう…。

 

ですが、他社メーカーのHDDとなると種類が多く、一体どのメーカーのどの製品を選べばいいのか全く分からない方がほとんどだと思います。

何しろ、タイムシフトマシン用のHDDは常に稼働し続けるので、非常に高い負担に耐えられる耐久性を求められます。

安易に安いメーカーのHDDを使おうものなら、長くて数週間、短いもので数時間で壊れてしまうケースもあるのです。

 

かく言う僕も、5種類試したうちの3種類は1ヶ月持たずに壊れてしまいました…。

まぁ人柱になるって決めていたので、特に痛くはなかったですが、HDDってこんなに脆いものかと思い知らされましたね。

しかし、おかげで素晴らしい製品が見つかりました!

それが、バッファロー製のこちらのHDDです!

もう先に製品リンクを貼っておきます。絶対にこれが最強です。

実際に僕がいろいろな種類のHDDを試してみて、間違いないと感じた製品はこれだけでした。

どのHDDを選べばいいのか分からない方。HDD選びで失敗したくない方は、これ一択で問題ないと言っていいでしょう。

これから、なぜこの製品が絶対的にオススメなのか詳しくご紹介していきますね!

 

現在使用している4Kテレビ

僕がリスペクトし続ける4Kテレビ。

「REGZA 43Z700X」を購入してから早2年が経ちました。

f:id:skspirit0148:20161216023641j:plain

本当に僕のライフスタイルが180度変わった神テレビです。

未だに、これ以上の4Kテレビは存在しないと思っています。

詳しいレビューは最強の4Kテレビ!REGZA 43Z700Xを購入して約半年が経過した!をご覧ください。

 

さて、ここから本題です。

当サイトに来て頂ける方の多くは、とにかくレグザのタイムシフトマシン用のHDDを探し求めている方が大変多いのです。

なんでこんなに困っている人が多いんだろうと、僕も実際にネットを見て回ってみたんですが、

「タイムシフトマシン用に使えるHDD」を紹介しているサイトって全くと言いほど無いんですよ!

 

何故ここまでレグザ用のHDDを紹介しているサイトが少ないのかと言うと、タイムシフトマシン用のHDDには過酷な条件があり、耐久性や検証までに掛かる時間などの関係上、安易に検証することができないためです。

 

つまり、その条件こそがタイムシフトマシン用のHDDには必要不可欠となっているわけです。

 

タイムシフトマシン用HDDに絶対に必要な条件

では、その過酷な条件とは一体何なのでしょう?

長期間HDDを使っていると、タイムシフトマシン用HDDに絶対に必要である要点がしだいに見えてきます。

  • 24時間録画に耐えられる耐久性
  • 駆動音がうるさくない静音性
  • 夏場でも熱に耐えられる耐熱性

 

『耐久性,静音性,耐熱性』

これら3つの条件を満たせないHDDは、タイムシフトマシン用HDDとしては機能しないといっていいでしょう。

では、何故この3つの点が重要なのかをご説明しましょう。

 

耐久性

タイムシフトマシンは、ご存知の通り24時間常に録画し続ける機能となります。

そのため、普段使っているHDDとは比較にならない大きな負荷がタイムシフトマシン用HDDには掛かり続けます。

普通のデータ保存用のHDDだと、まずこれに耐えられないんです。

『24時間耐久性』が保証されている製品を選ぶこと。

これがタイムシフトマシン用HDDを選ぶ上で絶対条件の一つです。

 

静音性

駆動音なんて二の次と考えている方、非常に多いのではないでしょうか?

実際に使ってみると分かりますが、静音性は物凄く重要です…。

HDDって書き込む時や読み込むときに「カリカリ」って音がするじゃないですか?

あれって、その瞬間だけならそれほど気にならないだけなんですが、24時間ずっと「カリカリ」が止まらないと思うとどうですか?

気が狂いそうになりませんか?

 

実際に僕は検証の際、あのカリカリ音のうるさいHDDのせいで不眠症になりかけました…。

そのくらい常に録画しているタイムシフトマシン用HDDにとって静音性は超重要なのです!

あとファンが搭載されている製品も「ゴーゴー」うるさいので注意が必要です。

静音性に関しても絶対に妥協しないようにしましょう!

 

耐熱性

最後に耐熱性です。

冬場は特に気にしなくてもいいんですが、HDDにとって最も怖いのが夏場です。

HDDは内部に熱が篭もりやすい製品なので、耐熱性がいかに優れているのかが重要になってきます。

特に安いHDDの場合、部品のコストを抑える為に耐熱性を最初から考えていないケースも多く、夏場になると一気に故障率が高くなる製品も珍しくありません。

一概に安いからというのも、やはりタイムシフトマシン用のHDDには適さない場合が多いのです。

 

あと、先ほどの静音性でも触れましたが、熱を逃がすためのファンを搭載しているHDD。

あれも実はよくありません。

ファン内蔵のHDDは、ファンがHDDを冷却することを前提に作られた製品なので、もしファンが壊れてしまった場合には冷却性能が追いつかなくなります。

部品が多いとそれだけで故障リスクが高まりますので、HDD選びは出来るだけシンプルな設計かつ高耐久のものが望まれます。

どこかの部品に不具合が生じても、動作に問題が生じにくい製品を選ぶこともHDD選びでは非常に重要なことなのです。

 

以上の点を踏まえて絶対にオススメできるHDDはコレ!

タイムシフトマシン用のHDDには『耐久性、静音性、耐熱性』がいかに重要かということが分かって頂けたと思います。

それらを踏まえた結果、文頭でもご紹介したこちらのHDDが最もオススメという結論に至りました。

 

BUFFALO 「HD-LL4.0U3」

 

実際に僕が今も使用しているHDDです。

この製品の主な特徴はこのようになっています。

  • 24時間連続録画に対応
  • ファンレス設計
  • 工場で厳選された高品質のHDDを採用
  • 低振動設計

 

上記で紹介した3つの条件を全てクリアした最高のHDDです。

24時間連続録画による『耐久性』。

ファンレス仕様と低振動設計による『静音性』。

厳選された品質の高いHDDによる『耐熱性』。

 

僕が実際に使ったHDDの中には、容量は多いけどファンが煩い物や、ファンは無いけど本体がめちゃくちゃ熱くなる物、なぜかいきなり動かなくなった物など、メリットがあれば何かしらのデメリットがあるHDDが殆どでした。

しかし、このHDDは違いました。

今現在まで約2年間、常に24時間録画していますが今までに不具合が出たこともありませんし、ファンレス設計なので夜寝るときも非常に静かです。

それに加えて、夏場でもほんのり温かくなる程度の耐熱性を確保しており、動作が重くなるといったことも全くありませんでした。

 

値段に関しても「4TBで約17,000円」と普通のデータ用HDDと大差ないですし、メーカー保証ももちろんあります。

4TBあれば、深夜2時~6時くらいまで録画を止めておけば5日くらいは保存できますし、普段見ないchを切っておけば1週間以上の番組保存が可能です。

とにかくコスト面においても、パフォーマンス性能においても最上位モデルだと言っても過言ではありません。

失敗しないタイムシフトマシン用のHDDを探している方に、とにかくオススメの一台となっているわけです!

 

外観や設置感など

HDDのご説明に関しては以上で終わりですが、せっかくなので僕のHDDの設置環境をご紹介します。

f:id:skspirit0148:20170420155522j:plain

僕の場合、テレビの左右にスピーカーがありますので、テレビ右下のスペースにすっぽり入れました。

レグザの4Kテレビの場合、テレビのスタンドとの隙間にピッタリフィットする大きさなので、設置場所に困ることがないです。

これは嬉しい誤算でした(笑)

あと、もともと低振動ですが一応吸振ゴムを敷いています。

こうすることで、より一層振動を抑えることができます。

ちなみに吸振ゴムは100均のものを使っています。

アクセスランプは光度は低いので、正面から見ても眩しくありません。

f:id:skspirit0148:20170420155709j:plain

左右にスペースがあるのなら縦置きもできるようになっています。

排熱口が上下に設置されているので、おそらく縦置きのほうが放熱効率は高いと思います。

f:id:skspirit0148:20170420160002j:plain

配線はとにかくシンプルで、ACアダプターとUSB3.0ケーブルだけです。

ケーブル類は付属されていますので、事前に準備する必要はありません。

Z700Xシリーズの場合、USBケーブルをテレビ本体のタイムシフトマシン用のUSB端子にそのまま挿すだけでOK!

自動認識されてセッティング画面まで飛びますので、こちらも非常に快適でした!

 

レグザのタイムシフトマシン用のHDDの決定版といってもいいです

このように「BUFFALO HD-LL4.0U3にはタイムシフトマシン用のHDDとして必要な機能が全て詰め込まれています。

 

今回の検証で、様々なHDDを使ってきましたが、各HDDって必ずひとつは「売り」にしている機能があるんです。

転送速度が速いとか、耐久性があるとか、熱に強いとか、コンパクト設計だとか、静音性があるとか…。

ですがその反面、必ずデメリットも存在します。

転送速度が速いけどすぐ熱くなるとか、耐久性があるけど煩いとか。

 

しかし、この「BUFFALO HD-LL4.0U3には欠点という欠点が見つからないんです。

そりゃあ耳を当てればディスクの回転音もしますが、それくらい突き詰めないと欠点が分からないというのが本音で、本当に凄いところです。

しかし、いくら高耐久といってもHDDは消耗品なので、いつかは必ず壊れてしまいます。

ですが、僕がまたこの製品をリピートで買うと思います。

 

ガジェット好きの僕としても、それくらい信頼のおける製品だということを明記しておきます。

これからも末永く愛用していける一台となりそうです…!

 

スポンサーリンク