くーちゃんねる。スマホやオーディオのガジェットブログ。

イヤホンやヘッドフォン、スマホ等のガジェット機器のレビューブログ♪

スポンサーリンク

家電量販店員が教えるAmazonより安く値下げ交渉する方法

f:id:skspirit0148:20170112230210j:plain

こんばんは!くーです(๑˃̵ᴗ˂̵)

みなさんは、家電量販店で家電を買う際に、値引き交渉ってしていますか?

冷蔵庫や洗濯機などの『白物家電』から、カメラ、オーディオ、タブレットなどの『黒物家電』まで様々な電気製品があると思いますが、共通して言えるのはやっぱり「値段が高いこと!」

家電って一応は高額商品になるので、どうせなら少しでも安く手に入れたいですよね!

 

ということで、今回は私、現役家電量販店の店員がオススメする。

Amazonより安く値引き交渉する方法をお教え致します!

抑えておくポイントをしっかりご説明致しますので、少しでも安く家電を買いたい方は是非飛ばさず読んでいって下さいね。

ちなみに、交渉の技術などは一切必要ありませんのでご安心ください。

話をしているだけで、自然と値段が下がります。

 

目次

禁則事項

「Amazonに合わせてください」は絶対タブー

値下げ交渉をしてくるお客さんの8割はこれ。

スマホの画面を見せてきて「Amazonの値段が○○円なんだけど、これに合わせて」

「価格.comで最安値に合わせて」

一見すごく合理的な方法に思えますが

これ、絶対にやっちゃダメです。

 

そもそも、人件費が掛かる店舗と店を構える必要がないネットの価格に差が生じるのはもう皆さんが知っていることだと思いますが、それ以外にもこのトークには問題があります。

それは、この店舗で買うという意欲が感じられないこと。

Amazonや価格.comの値段を引き合いに出す人は、「値下げが無理なら勝手にネットで買う」という風に見られます。

もちろん、お店側もしっかりした対策マニュアルが存在するので、店員側に上手く言いくるめられて少額の値引きしか受けられないケースがほとんどです。

お店側が必要としているのは、固定客(自分の店舗のファン)です。

自分の店舗で商品を買ってくれるお客さんは、今ガッツリ値引きをしても、後々別の商品で還元してくれると考える店員さんが多いので、結果的に大幅な値引きをしてくれる可能性が高いです!

安易にAmazonなどの安さを売りにしているネット通販の名前を口にすると、その瞬間に

「このお客さんは値段しか興味ないんだな。」

と見放されてしまいますので注意しましょう。

 

つまり、店員さんに「このお客さんは、これからもここで買いものをしてくれる!」と思わせる必要があるわけですね。

広告

 

値引き交渉テクニック

店員さんを呼ぶところから値引きは始まっている

では、ここからが値引き交渉のテクニックです。

しっかり覚えておきましょうね。

まず、店員さんを呼ぶ際ですが、大型店舗の場合は各コーナーに専属の店員が配置されています。

そのコーナー付近に立っている店員さんは、ほぼ間違いなくその周囲の製品担当なので、欲しいコーナーの近くの店員さんに声を掛けましょう。

このときのポイントとしては、出来るだけ手の空いている店員さんを探すことです。

他のお客さんを接客中の店員さんや、忙しそうにしている店員さんは、他にやることがある方なので、しっかりと話しをしてくれない場合が多いです。

値引き交渉は、まずゆっくりと話しを聞いてくれそうな店員さんに声を掛けましょう。

欲しい理由を話す

いきなり「これが欲しいんですけど…」と言う前に

まず、なぜこの商品が欲しいのか簡単にお話してみましょう。

「子供の運動会があるからビデオカメラが欲しい」

「引っ越しするから冷蔵庫が欲しい」

「家の掃除機が壊れたから掃除機が欲しい」

何でもいいです。

しかも、ただ欲しい理由を言うだけでいいのです。

 

とにかく、いきなり値段をぶつけるのは止めましょう。

店員さんも人間なので、いきなり値段だけの交渉をされると、この人には特別に値引きをしてあげたいという人情に響きません。

まずは店員さんと仲良くなることを意識しましょう。

理由を話すと副産物が付いてくる

例えば、ビデオカメラを買いに来たとして、お子さんがいて運動会がもうすぐだという話をします。

すると、仲良くなった店員さんなら、

人情的に「運動会があるなら手持ち撮影は厳しいな。三脚も無いと撮影し辛いだろうな…」という思考が働きます。

こうなると、もう、店員さんはこちらの味方です。

向こうから必要な物を付けてくれる場合が多いので、貰えるものは副産物として貰っていきましょう。

最後の最後に値段交渉を切り出しましょう

しっかりお話をした店員さんは「このお客さんには絶対ウチで買って欲しい!」という心理状態になります。

私も経験がありますが、この最後の大詰めの段階が、一番アドレナリンが出て興奮している状態なので、思い切った割引にも対応してくれる場合が多いのです。

というか、付けるものも付けている状態なので店員側としても、もう後戻りできないのです(笑)

そこで最後のひと押しです。

『(Amazonで調べた値段)○○円くらいになりませんか?』

私ならこれで即OKしてました

(間違ってもAmazonの値段が~という言い方はしないようにして下さいね)

あくまでも、相場知らないけどこれくらいにならないの?というニュアンスで言ってみてください。

もし、直接この値段にならなくても、ポイント制の店舗なら、その金額を下回るほどのポイントを付けてくれる場合もあります。

とにかく、店員さんと仲良くなること

以上が、家電量販店でAmazonの値段より値下げする方法です。

この方法にテクニックというほどのものはありません。

下手に値下げのプロ感を出すことで、逆に店員側は値下げをしたくないという反発する心理が働くので、むしろ最後の最後まで値段に関してはノータッチのほうがいいでしょう。

とにかく、店員さんを味方に付けたら勝ちです。

最近はAmazonなどのネットの値段を合わせてもいいように、メーカー側がリベートを用意しているケースも多いので、値下げ自体は難しいことではありません。

ここで記載した内容も、ひとつのテクニックとして覚えておくと幸せになれると思いますよ。

 

スポンサーリンク