まだモバイルバッテリーなんて使ってるの?ケースに引っ付く卓上ワイヤレス充電器「PITAKA MagEZ Juice」で世界が変わるぞ!【レビュー】

※Sponsored by PITAKA

モバイルバッテリー?
あぁ、あのケーブルが鬱陶しいやつねw

今や一人に一台、モバイルバッテリーを持つことが当たり前。多くの人が通勤や通学用のバッグの中に潜ませているのではないでしょうか?

しかし、モバイルバッテリーの多くは「ただ携帯しているだけ」で、実際に使っても出先で一回フル充電にするかしないかという方がほとんどだと思います。

僕も外出用バッグの中に10,000mAhのモバイルバッテリーを常備していますが、実際に使ったのは移動中に動画を見ていてバッテリーが50%を切ったときに一回継ぎ足し充電をした程度。

滅多に使うことがないので、いつもはバッグの中で充電ケーブルでグチャグチャになってマリモみたいになっています。

ケーブルが絡まってぐちゃぐちゃになっている僕のモバイルバッテリー。

そもそも、最近のモバイルバッテリーって容量が多すぎるんですよね。

「5回も6回もスマホをフル充電にできます!」って謳っている製品が多いですが、ぶっちゃけ一回の外出でそんなにスマホ充電しなくないですか?

僕の経験上、旅行に行ったときですら観光するのに夢中でスマホはカメラを起動する程度。消費量は多くても観光の途中で一回フル充電にすれば軽く一日は保ってくれます。

もちろん容量が多いのは良いことですが、モバイルバッテリーというのは当然リチウムイオンバッテリーを搭載しているわけで、容量が増えれば増えるほどバッテリーも大きくなり重量が重くなります。

大容量で有名な30,000mAhのモバイルバッテリーなんて、大体600gくらいありますからね…。

これって、450ページくらいある「週刊ジャンプ」と同じ重さですよ。

常に週刊ジャンプをバッグに潜ませていると考えると…、そりゃあ肩も凝るわけだ。

そればかりか大容量のバッテリーは重い以外にもケーブルの取り回しに苦労することが多いので、使うことが億劫になることもしばしばあります。

使わないモバイルバッテリーなんて、ただの「重り」ですからね…。

 

僕から言わせてもらえば、モバイルバッテリーなんてスマホを一回フル充電にできれば十分なんですよ。

そして多くの人が重くて使わないモバイルバッテリーより、軽くて邪魔にならない軽快な製品を望んでいます!

そんな中『新スタイルのモバイルバッテリー』と今もっとも注目を集めている製品があります。

それがPITAKAから発売された、卓上充電スタンドでありながらワイヤレス予備バッテリー機能を合わせ持つ「MagEZ Juice」です!

MagEZ Juiceの特徴
  • 2in1の全く新しい予備バッテリー式のワイヤレス卓上スタンド
  • 卓上スタンドから「そのまま」外して、モバイルバッテリーとして持ち運べる
  • ワイヤレスでケーブルが不要
  • マグネット吸着で取り外しが簡単
  • 取り付け時は常に充電し続けてくれる
  • 2000mAh、スマホ1台分の予備バッテリーとして使える
  • 158g、超軽量でコンパクト

外観、付属品などをチェック

本体は簡易パッケージ。MagEZ Caseと同梱版ではおしゃれな手下げケースが付属するようになります。

開封すると「MagEZ Juice」のバッテリー部分がお目見え!

付属品は「充電卓上スタンド、革製メタルプレート、貼り付け目安台紙、電源プラグ、取扱説明書」です。

MagEZ Juice本体の表面には、防弾チョッキにも使用されている高耐久な『アラミド繊維』が贅沢に使用されています。
フレームは亜鉛合金でステンレスのような剛性と高級感を兼ね揃えています。

充電端子はUSB-C。
ここに付属の卓上充電スタンドを挿すことで、バッテリー自体をケーブルレスで充電できます。

表面はラバー素材で滑り止めの効果があります。
中にはマグネットが内蔵されており、付属のメタルプレートやMagEZ Caseをぴったりと吸着します。

正面にはPITAKAのロゴ。下部にはバッテリー残量インジケータが配置されています。
凹んだボタンを押すことで手動で電源のオンオフ切り替えも可能です。

バッテリーの重量は158g
他のモバイルバッテリーと比べてもかなり軽量です。

卓上の充電スタンド部分。
ここに「MagEZ Juice」を装着することで卓上ワイヤレス充電器として使えるだけでなく、バッテリー自体を充電することが可能です。

スタンド背面から直接USBケーブルが出ています。取り外しができないので断線には気を付けないといけませんね。

付属の革製メタルプレートは「MagEZ Case」を持っていない or 対応していないスマホを使う際に使用します。貼り付け用紙の上から貼る位置を決められます。

メタルプレートはレザータイプで見た目も良好。もちろんPITAKAのロゴ入りです。

充電ケーブルは不要。使い方はマグネットで貼り付けるだけ。

「MagEZ Juice」は卓上充電スタンドを「そのまま」取り外してモバイルバッテリーとして持ち運ぶことができる、新スタイルのワイヤレス充電スタンドです。

この製品は『意識することなくスマホを常に充電し続けてくれる、軽くてコンパクトな予備バッテリー』をコンセプトとして、スマホありきの生活スタイルに革命を与えるべく誕生したモバイルバッテリー界のNEWヒーロー!

容量は2000mAhと決して多くはありませんが、あえて容量を絞ることで使うことが億劫にならない軽量さとコンパクトさを両立しつつ、アラミド繊維を贅沢に使用したカーボン柄で見た目のスマートさを実現しました。

「MagEZ Juice」の使い方は、PITAKAから販売されているマグネットケースの「MagEZ Case」もしくは、付属の革製メタルプレートをスマホに貼り付けるだけ。

これにより、マグネット吸着で常にスマホに充電し続ける「予備バッテリー」として機能します。

「MagEZ Juice」はマグネットによりMagEZ Caseにぴったり吸着します。

MagEZ Caseがない場合には、スマホの背面に付属の革製メタルプレートを貼り付けて使用します。

マグネットなので取り外しが非常に楽なのも大きなメリットですね。

なお、スマホに内蔵されたQiワイヤレス充電機能を使用して充電するので、iPhone7以下の旧機種には使用できませんのでご注意を。

「MagEZ Juice」は卓上充電スタンドからモバイルバッテリーへ、変幻自在に使えるのです。

モバイルバッテリーの充電にわざわざケーブルを用意するなんてナンセンスです。そのひと手間が使うのを億劫にしていずれ使わなくなるのですからね。

その点を考慮した「MagEZ Juice」では、モバイルバッテリーへの充電も専用の卓上スタンドにスライドして差し込むだけで簡単に給電できるように設計されています。

自宅でいるときは卓上ワイヤレス充電器として。外出するときはそのままバッテリー部分を持ち上げてモバイル予備バッテリーとして使えるというわけです。

これがとにかく快適で、モバイルバッテリーを使うというよりバッテリーを増設したかのような感覚に最初は驚かれると思います。

そして気が付けばソシャゲにYouTubeにツイッターを4時間…、それでもバッテリー残量が100%を維持し続けていることに軽い感動すら覚えることでしょう!

唯一の救いなのが、これが防水じゃないことです。

もし防水機能まであったらお風呂で無限にプライムビデオを見てのぼせること間違いなしですからねw

ただ、スライド部分の滑りが若干悪いときがあるのでスマホを持ち上げる際にすっぽ抜けてしまうことがありました。

この辺はさらに改良版が出ることに期待したいところです。

「MagEZ Juice」を一度使うと、もう他のモバイルバッテリーなんて使う気すら起こらなくなりますよ…。

もはやスマホの一部になった「MagEZ Juice」

「MagEZ Juice」は、飽和状態にあるモバイルバッテリー業界に『容量ばかり多くても、使わなければ意味がない』と警鐘を鳴らした画期的な製品です。

自宅にいるときは卓上スタンド。外出時は予備バッテリーとして使えるだけでなく、既存の「MagEZ Case」との拡張性がしっかりと考えられた洗練された商品設計に、ブランドとしてブレない高級感と機能性を突き詰めた素晴らしい製品だと思います!

今の生活をさらに快適に、ひとつ上のライフスタイルを体験してみたい方は逃さずにチェックしてみることをお勧めします!

 

なお、もしまだPITAKAに触れたことがない方は「MagEZ Juice」と合わせて「MagEZ Case」もチェックしてみてください。

Qiワイヤレス充電にも対応したiPhoneX用ケース!「PITAKA アラミド素材ケース」が極薄!

「MagEZ Case」は、0.65mmの極薄設計でありながら『アラミド繊維』を使用することで高い強度と耐久性を確保している新素材のスマホケースです。

内側には「MagEZ Juice」でも使用できるメタルプレートを内蔵しているので、付属の革製メタルプレートを装着することなくスッキリとした見た目のまま充電することが可能です。

その他にもPITAKAからは「MagEZ Case」専用の車載充電ホルダーやマグネットスタンドなども多数販売されています。

商品の詳細は当ブログの「タグ:PITAKA」から是非チェックしてみてくださいませ。

 

PITAKA Amazonストア:PITAKA

スポンサーリンク