Razerから出た超低遅延のゲーミング完全ワイヤレスイヤホン「HAMMERHEAD True Wirelwss」をがっつりレビューしてみた!

こんにちは!クロです!

60msという圧倒的な低遅延を実現したRazerの完全ワイヤレスイヤホン「Razer HAMMERHEAD True Wirelwss」が遂に日本でも発売となりました!

現在はRazer直販サイトからのみ購入可能となっていますが、今回は日本発売とほぼ同時に購入することができましたので気になる音質やゲームモードの遅延などを細かくチェックしていこうと思います。

Razer:Hammerhead True Wireless

 

超低レイテンシーを実現した世界初のゲーミング完全ワイヤレスイヤホン

「Razer HAMMERHEAD True Wirelwss」の最大の特徴として真っ先に挙げられるのが、僅か60ms(0.06秒)という超低遅延を実現したゲームモードを搭載していることです。

これは、H1チップを搭載している第二世代のAirPodsとほぼ同等の遅延で、ゲームを普通に遊ぶことのできるギリギリの許容ラインだと言われています。

ただ、このイヤホンがAirPodsとの大きく違うのはiOSの縛りがないこと。AirPodsはiPhoneなどのiOSでなければH1チップによる低遅延の恩恵を受けることが出来ませんが、「Razer HAMMERHEAD True Wirelwss」であればAndroidやPC・ゲーム機などBluetoothに対応しているデバイスであればどの製品でも効果を発揮します!

今まで完全ワイヤレスイヤホンはゲーム用には不向きと言われてきましたが、このイヤホンの登場によりその常識は覆されていくのではないでしょうか?

 

外観や付属品

では、ここから外観や付属品などを詳しく見て解説していこうと思います!

パッケージはイヤホンの部分がやや立体的に浮き出ているゴージャスな作り込みになっています。箱の側面はRazerならではの緑でテンションが上ります!HAMMERHEADの文字はマジョーラカラー。

付属品は「USB-C充電ケーブル・イヤーキャップ・取扱説明書・Razerシール・ストラップ」となっています。直販サイトから購入したので説明書は全て英語でした。

付属品を並べてみました。イヤホンにストラップが付いているのって何気に珍しいですよね。箱の内部はめっちゃ緑!

USB-C充電ケーブルはRazer専用デザイン。端子の部分が緑色に塗装されていて一体感がありますね!

ケーブルにはRazerの刻印がされていてプレミアム感があります!こういう細かなこだわりは嬉しいですね!

充電ケースは一般的なスリムサイズ。材質はポリカーボネートなので結構チープですね。パッと見は3000円前後のイヤホンみたい。一応表面にバッテリー状態を確認できるLEDランプは搭載されています。

背面には充電用のUSB-C端子が搭載されています。ただ、ケースの角の処理が甘いのか指に引っかかる感じがあり、やはりケースのチープ感は否めません…。

他のイヤホンと違うのは、左側面にストラップホールがあること。落下防止の対策としてはわりとありだと思うので他のイヤホンにも採用してほしいところですね。

ストラップを着けるとケースの小ぶりさがよく分かりますね。これくらいの大きさなら胸ポケットでも楽に入るので携帯性はかなり高いと思います。

イヤホン本体の形状はAirPodsにかなり酷似しており、パッと見は「黒いAirPods」に見えます。

オープンイヤー型なのでスピーカーの形状までそっくりだし、うどんの部分も健在なのでもう少しオリジナリティを出して欲しかったですね。

なお、ロゴの部分は感圧式ボタンになっており、押すことで選曲や再生コントロールなどの様々なアクションが可能となっています。

内側には充電用の端子が配置されています。仕様書を見る限り防水性能はないので汗などの水気が付着しないように注意が必要ですね。

 

実際の遅延はどれ程なのか?

それでは、実際に「Razer HAMMERHEAD True Wirelwss」の遅延がどれほどのものか視聴してみましょう。

このイヤホンにはゲームモードという遅延を60msまで低減させるモードが搭載されており、Razerのロゴを3回タップ後長押しすることでモード切り替えができるようになっています。

ノーマルモードとゲームモード、それぞれの遅延をスマホのリズムゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』をiPhoneとAndroidの両機でプレイしてみて検証します。

 

ノーマルモードの遅延

まずはノーマルモード時の遅延。

iPhoneとAndroid共に音声コーデックは「AAC」で接続されており、アプリで計測したところノーマルモードでのレイテンシーは約120msでした。

これは一般的なAAC対応の完全ワイヤレスイヤホンと同じで、体感でノーツのズレがかなり分かります。

この状態で音ゲーなんてまず無理です。ノーツを意識的に追いかけないとまともにプレイ出来ないので別ゲーをやっている感覚にすらなりますね。その他アクションゲームなども音ズレにイライラすると思います。

また、動画視聴でも口のズレなど気になる人は気になると思います。

ノーマルモードの遅延は、極一般的なAAC対応の完全ワイヤレスイヤホンと同じ感じです。

 

ゲームモードの遅延

続いて、ゲームモードで接続してみます。

ゲームモードにするにはRazerのロゴを3回タップ後長押しします。接続時には「ゲームモード」とガイダンス音声が流れるので非常に分かりやすいです。

肝心の遅延はというと、通常のAAC接続よりも明らかに遅延が少ないです!

これは選曲画面のSE音を聴くだけで一瞬で分かりました。通常のイヤホンの半減。もしくはAirPodsと同じくらい音ズレが改善されています。

ゲームプレイ時はノーツはほんの少しだけ遅れるだけでなんとかプレイできるようになりました!

音ゲーはタイミングがシビアなのでギリギリ許容範囲といったところですが、その他のゲームであればそれほど遅延を意識することはないと思います!

デレステの場合、一応音に合わせてタップしてみても全てPERFECT判定にはなりました。ただハード以上では判定的にけっこう厳しいと思います。

あと、動画視聴に関しては全然違和感はありません。口のズレなんかも全く気になりませんし、体感では有線と変わらないように感じました。

第二世代のAirPodsを持っているなら、遅延はほぼ同じと思ってもらっていいです。この価格で同等の機能が実現できているのはかなり優秀だと思いますね!

Androidしか持っていないけど、AirPodsのような低遅延の完全ワイヤレスイヤホンが欲しいと思っていた方は、何も考えずにポチっても後悔することはまずないと思います!

Razerにしては金額もお手頃ですし、こいつは普通に『買い』ですよw

 

音質はAirPodsより低音が強化されている

みなさん気になるのが音質だと思いますが、これは予想より遥かに良い音質でした!

ここでは特徴が似ている第二世代のAirPodsを引き合いに出していますが、ぶっちゃけAirPodsよりも音はいいです。

AirPodsでは埋もれがちな低音が上手く引き出されており、オープンイヤー型とは思えないほど低音がしっかり鳴ってくれるので音楽の迫力を底上げしてくれている感じ。高音の解像感はそれほど高くありませんが、価格面とゲームモードによる低遅延を考慮すれば十分のコスパでしょう!

FPSなどの爆発音や足音をしっかり聴くためにチューニングされている印象ですね。まさにゲームに特化されたゲーミング完全ワイヤレスイヤホンという名に相応しい迫力のある音質です!

素晴らしい。いいですよ、これは

高音域 ★★★☆☆
中音域 ★★★★☆
低音域 ★★★★★

 

装着感はほぼAirPods

見た目もそのままですが、付け心地もそのままです(笑)

AirPods自体の装着感が快適なのでそこを上手く真似している感じですね。長時間の視聴もかなり快適で耳が痛くなることもありませんでした。

また、がっつりランニングをしても外れるようなこともなく、非常に軽快かつストレス無く装着することができます。

これは素直に◎です!

ただ、耳にイヤホンを装着するときに後ろのRazerボタンを押してしまい誤操作することがよくありますので、この点だけ少し気になりましたね。

 

ゲーム用のイヤホンとしては余裕で買う価値あり!

ここまで「Razer HAMMERHEAD True Wirelwss」の音質や装着感など様々な観点からレビューしてきましたが、総評としてこのイヤホンは買う価値があるのか?

結論から言うと、ワイヤレスでゲームをプレイしたい人は買う価値が十分あると思います!

 

音質については個人差があると思いますが、強いこだわりがないのであればオールラウンド卒なく熟してくれる非常に優秀なイヤホンだと思います。少しプラスチッキーでチープなところは気になりますけどね(笑)

しかし、ゲームモードによる60msの低遅延の効果は目を見張るものがありました。AACでありながら体感ではaptX-LLとほぼ同等の低遅延を実現していますからね。

現状ではaptX-LL対応の完全ワイヤレスイヤホンは3万円後半〜するので、それを考えると僅か1万円強でこれだけのスペックのイヤホンが手に入るのは相当コスパが良いと思います。

若干心配なのがバッテリー保ちでしょうか。

ゲームなんてやるときは5時間くらいぶっ続けでプレイすると思うのですが、「Razer HAMMERHEAD True Wirelwss」は連続で4時間ほどしか充電が保ちません。

再充電が速いとは言え、もう少しバッテリー保ちが良ければ完璧でしたね。

近々Amazonや他のECショップでも販売されると思いますので、そこからどれほどシェアを伸ばせるのか注目したいと思います!

 

Razer:Hammerhead True Wireless

スポンサーリンク